台風が上陸するとはどういうこと?上陸するとどうなる?再上陸!?

夏から秋にかけては、台風シーズンです。

最近は、「迷走台風」や「逆走台風」など、「なにそれ?」と思う事も
多くなりました。

ですが、よく耳にする「台風上陸」や「接近」などの台風に関する用語は、
毎年ニュースなどで聞くので分かっているつもりですよね。

しかし、改めて聞かれると説明できるでしょうか?
どんな状態のことをいうのでしょうか?

今回は、「台風の上陸」や「再上陸」について、その定義や影響などにつ
いて見ていきましょう。

スポンサードリンク

台風が上陸するとはどういうこと?

ニュースで「台風が上陸しました」などと聞きます。

目に見えない「台風」が上陸するとは、いったいどういうこと
なのでしょうか?

「台風上陸」の定義は、

『台風の中心が、北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合』

となっています。

つまり、『台風が上陸する』とは、「台風の中心」が ” 本土 ” の
海岸に到達したことを意味します。

「台風の中心」とは、「中心気圧が最も低い地点」のことです。

「台風の目」がある場合は、そこが「台風の中心」となります。

「台風の目」についてはこちらの記事をお読みください。
「台風の目とは?」という説明や、「台風の目」の中がどういう状況
 なのかなどについてご紹介しています。

『台風の目の定義とは?目の中は晴れてる!?通過するとどうなる?』


そして、” 本土 “以外の沖縄などの島には、台風が「上陸」する
ことはありません

これは、台風が陸地を通過した距離が短いので、その場合は「上陸」
とは言わないためです。

沖縄などの場合は、「通過」という言葉が使われます

そのため、台風の影響を受けやすい沖縄の「台風上陸数」は「ゼロ」
なのです。


沖縄の他、小さな島や半島を短時間で通り過ぎて海上に出る場合も
「台風通過」といいます。


ですが、「台風の接近」は、やはり、沖縄は多くなっています。

ちなみに、「台風の接近」は、台風の中心から半径300km以内
にある地点や地域が入ることです。

台風が近づくと、交通機関が乱れることも多くなります。

仕事をされている方にとっては、台風の進路はとても気に
なりますよね。

台風が上陸すると影響はあるの?

「台風が上陸するかも」と思うとドキドキしますが、上陸すると
どのような影響があるのでしょうか?

「台風」は、” 温かく湿った空気” を吸収して、勢力を
強めていきます。

南の海上には、この” 温かく湿った空気” がたっぷりあります。

このような海上を通過しながらパワーをため込んだ台風は、
接近時から雨や風が強くなります

そして、台風が上陸すると台風の中心付近は風が最も強い
ので、強風が吹きます。

台風の空気の渦は、時計回りです。

スポンサードリンク

このため、台風の進路の右側では、雨もさらに強くなり、高潮
にも注意が必要になります

ただし、「逆走台風」の場合は、台風の空気の渦が反時計回り
です。

多くの台風は、西から東方向に進みますが、「逆走台風」は、
東から西方向に進みます。

このため、通過直後から南風が強まったりします。
台風発生のニュースを聞いたら、上陸する前から災害への備えが
大切です。

接近時からの雨により、地盤がゆるみ、上陸によるさらなる大雨
で土砂災害が起こりやすくなる場合もあります。

交通機関も乱れることが多くなるので、仕事をされている方は、
台風の進路に気を付けましょう。

また、台風接近から上陸までは、強風&大雨になることが考えられます

このような時は、出来るだけ外出を控えたほうが良い状況です。

なので、家の周りの片づけなどの台風対策は早めにしておきましょう

最近は、「超大型の台風が接近」などといわれ、「超大型って、
どれくらい?」と話題になります。

それが想像したほどでないと、「そのわりには大したことなかったわ」
となることもあります。

しかし、被害が出てからでは遅いので、やはり、早めの対策をして
おく方が良いでしょう。

▼ 関連記事

『台風の備えは早めに! 一戸建てならどうすればよい?停電への備えも!』

『台風に名前が付けられるのはなぜ?付け方にはルールがある!?』

台風は上陸後はどうなる?再上陸とは

豪雨

「台風」は、” 温かく湿った空気” である海水温が上がって
蒸発した水蒸気をエネルギーとしています

台風が上陸すると、陸地を通るため、エネルギーとなる水蒸気
が少なくなります

そして、山などとの摩擦が生じるので、「台風」の勢力は、
上陸後は弱まる場合が多いです。

また、日本上空の気流の影響を受けて、通過するスピードは
速くなります

一度上陸した台風が、「再上陸」することもあります。

「台風が再上陸する」とは、本土に上陸した台風がいったん海上
を通過し、その後本土に再び上陸することです

▼ 関連記事

『台風後はゴキブリに要注意の時期です!対処方法はどうする?』

さいごに

「台風が上陸する」とは、” 本土の海岸に台風の中心が達した”
ことをいいます。

「台風」は、なかなか予想通りには来ませんが、「接近」や
「上陸する」恐れがある場合には、早めに台風対策をしておくと
安心です。

できれば、雨が降り出す前にしておきたいですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする