オクラの栽培で花咲かない原因は?失敗しないためのコツ&対処方法

「オクラの花が咲かない・・・」

家庭菜園でオクラを育てていると、このよう
な悩みを抱くことがあります。
花が咲かない原因は何なんでしょうか?

ここでは、家庭菜園でのオクラ栽培で、花が
咲かない原因についてお話していきます。

そして、失敗せずに、オクラを上手に栽培す
るコツについても触れていきます。

スポンサーリンク

  

オクラの栽培で花咲かない原因は?

オクラの栽培で花が咲かない原因は、
まず、「肥料の量が適切ではない」ということ
です。
   
実はオクラは、栽培の時の肥料の調整がとても
デリケートなのです。
肥料が多すぎても少なすぎても、花が咲かなく
なるという、厄介な一面があります。

   

つぎに考えられる原因は、
「与える水の量が多すぎる」というものです。

水を多く与えすぎると、オクラは「木ボケ」
いう現象を起こしてしまいます。
   
「木ボケ」とは、葉ばかりが茂ってしまい、
肝心な花が咲かなくなることを言います。
   
ちなみに、肥料の量が多すぎる場合も、木ボケ
を起こしやすくなるようです。

   

また、「種蒔きの時期が遅すぎる」というのも
原因のひとつとなります。
   
オクラは暖かい気候を好むので、暖かくなるま
で、種蒔きを待っている人もいるようです。
ところが、種蒔きが遅すぎると、成長が悪くな
り、花が咲きづらくなる傾向があるのです。

   

オクラ栽培で失敗しないためのコツ&対処方法

では、オクラの栽培で失敗しないためのコツ
対処方法についてお話していきます。
   

スポンサーリンク

まず、必ず気をつけたいことは、
「バランス良く肥料を与える」ということです。
   
肥料の量に気をつけることはもちろん、肥料に
含まれている栄養分にも注目してください。
   
オクラ栽培の時は、窒素成分が多い肥料は、
ほどほどにしておきましょう。
窒素成分を与えすぎると、茎の部分ばかり成長し
てしまい、花が咲きづらくなるからです。
   
その代わり、リン酸を多く含んでいる肥料を、
少し多めに与えてみてください。

オクラは、リン酸が不足すると花が咲きにくくな
るので、花が咲くのをサポートしてくれるリン酸
が不可欠です。
とくに、追肥を行う場合は、肥料でリン酸を十分
に与えるようにしてください。

   

つぎに気をつけたいことは、
「適切な時期に種蒔きを行う」ということです。
   
オクラの種蒔きは、5月初旬~6月中旬くらい
適切で、早過ぎても遅すぎてもNGです。
   

また、育苗という形にする場合は、4月中旬くら
いに始めることがオススメです。
このタイミングを逃さないようにすることも、
美しく花を咲かせるためには大切です。

   

そして、「元肥の量はほどほどにしておく」とい
うことも大切です。
   
元肥の量が多すぎると、オクラがそれを消化しき
れなくなり、花が咲きにくくなります。
なので、元肥の量は最低限にし、後はこまめに追
肥をして補いましょう。

   

また、「木ボケ」を起こしている場合は、大きく
なった葉を切り落としてみましょう
これにより、生殖成長に切り替わり、花が咲きだ
す可能性があります。

   

さいごに

オクラは、水や肥料の量、種蒔きの時期などに気
を配って栽培しましょう。
   

これらを間違えると、偏った育ち方をしてしまい、
花が咲かなくなってしまいます。
   
水や肥料の量は適量に留め、「後からこまめに足
していく」という形が理想です。
   

また、種蒔きの時期は、基本的には春先~6月ま
でで、育苗の形なら4月中旬頃と考えてください。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする