さつまいも栽培で葉が枯れる原因は?水やりはしなくて大丈夫?

さつまいもの栽培は、水やりの必要がないので
楽ちんですよね。

でも、近年の酷暑では、本当に水やりをしなく
て大丈夫なのかと心配になります。

そんな中、葉が枯れているのを発見するとます
ます心配になりますよね。

そこで、さつまいもの栽培で葉が枯れる原因や
水やりについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

さつまいも栽培で葉が枯れる原因は?

さつまいもの栽培では、植え付け時は水やりが
必要です。
でも、地植えであれば、その後は水やりをしな
くても大丈夫な場合がほとんどです。
   

それほど乾燥に強いさつまいもですが、葉が枯
れているのを発見することがあります。

これは、水やりが必要なサインなのでしょうか?
さつまいもの葉が枯れる原因を見ていきましょう。

   
◆さつまいもの葉が枯れる原因
   
● 水分不足

極端な乾燥は、根が切れたり葉が枯れる原因と
なります。

   

● 水分過多

土中の水分が多すぎると、腐ったり病害虫の発
生につながる可能性があります。

   

● 立枯病

症状としては、葉が黄色っぽくなり、しおれて
きます。
ひどくなると、立ち枯れの状態となってしまい
ます。
原因は、糸状菌というカビの一種です。

   

● つる割病

症状は、下葉がしおれ、黄色くなり、葉が落ち
ます。
原因は、土中の糸状菌が根に侵入することで発
生します。

   

● 害虫(センチュウ)

根に寄生する害虫で、根腐れや葉が枯れる原因
となります。
初期では、葉の色が悪くなり、しおれてきます。

スポンサーリンク

   
さつまいもの葉が枯れる原因は上記のようなこ
とが考えられます。
病害虫による場合は、薬剤に頼る必要がありま
す。
ですが、水に関する場合は、土中の水分調整で
改善することもあります。

   

さつまいも栽培で水やりしなくて大丈夫?

さつまいもは、乾燥に相当強いので、定植以降
は水やりをしなくていいとされています。

ですが、近年の酷暑においては、水やりをする
必要も出てくるでしょう。
   

その目安となるのが、土の乾燥具合です。

極度の乾燥状態であれば、水やりが必要です。
その状態とは、地面がひび割れているなどです。
土を少し掘ってみて、完全に乾燥している場合
も水を与えた方がいいでしょう。
   
また、1週間に1回でも雨が降れば問題ありま
せんが、2~3週間雨が全く降らない場合は、
水やりが必要になるでしょう。
その際は、土の状態を確認してから判断してく
ださい。
   

水やりをする場合ですが、夕方など涼しい時間
帯にたっぷり与えましょう。
水が熱水になっていないかを確認してから与え
てくださいね。
そして、一度与えたら、その後しばらくは水や
りを控えます。

   

さいごに

さつまいもの栽培では、定植後は水やりは不要
です。

ですが、葉が枯れてくると心配になりますよね。

葉が枯れる原因が水不足なら、水やりをしまし
ょう。

近年の酷暑などで、このように水やりが必要な
場合があります。

土の状態などを観察して、極度の乾燥状態なら、
水を与えてくださいね。

ただし、水の与えすぎは禁物なので、頻度には
気を付けましょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする