台風の目の定義とは?目の中は晴れてる!?通過するとどうなる?

子供の頃はちょっとワクワクだった「台風」ですが、大人になると心配が
増えるばかりですよね。

そんな「台風」は、通勤・通学に影響が出ることがあるので、その状況に
は敏感になります。

中でも、「台風」の勢力は気がかりですよね。
その勢力を判断する目安のひとつが、「台風の目」です。

   
そこで、今回は、「台風の目」について見ていきましょう。
   

「台風の目」とは何なのか?

そして、「台風の目」の中の状況や通過後についてお話していきます。

スポンサードリンク

  

台風の目の定義とは?

「台風」は、熱帯低気圧が発達したものですよね。
   
そして、「台風の発達」とは、海上で水蒸気を蓄えながら、大きくなって
いくことです。
   
その「台風の大きさ」は、風速15m/s以上の強風が吹くおそれがある範
囲を、台風の中心からの半径で表して定義されます。

「台風の強さ」は、最大風速によって区分されます。
   
なので、大型で強い台風ほど、雨風が強く、災害も起こりやすくなります。

   

このような強い台風を気象画像で見てみると、中心が黒くなっており、その
まわりに雲の渦ができています
   
この中心部分が、「台風の目」です

   

では、「台風の目」について詳しく見ていきましょう。
   
まず、「台風の目」を国語辞典で調べてみると、

「台風の中心部分で、風が弱く、雲が切れた区域」とあります。

   
台風が発達すると、雲の渦ができていきます。
   
そして、渦の中心に遠心力がかかるようになると、周りから空気が吹き込む
力と、遠心力がつり合うようになります。
   
すると、中心へ吹き込む空気が中に入れず、らせん状に上昇して、中心と周
辺との境界に積乱雲の壁ができます。
   
これにより、中心には空気が吹き込めず、雲のない状態となるのです。

   
このようにして「台風の目」ができていきます。

   

「台風の目」ができるには、中心へ吹き込む風が強くないといけません。
なので、「台風の目」があると、その台風は勢力が強いといえます。

「台風の目」は、勢力が強いほど、小さくてはっきりとしています。

   

スポンサードリンク

台風の目の中は晴れてる?

「台風の目の中は晴れている」という話を聞いたことがあるでしょうか?
   
実際はどうなのか気になりますよね。

   

大型で強い台風が通過しているにもかかわらず、雨風が急に弱まることが
あります。
   
これは、「台風の目」に入っている状態です。

   
前章で、「台風の目」は、”中心には空気が吹き込めず、雲のない状態となる
とお話ししました。
   
なので、「台風の目」の中では雨風は弱まります
しかも、雨風が完全に止み、晴れることもあるのです

   

では、どのくらいの時間、「台風の目」の中にいるのでしょうか?
   
これは、台風の大きさや速度によるので、はっきりとした数字では示せません。

   
「台風の目」の大きさは、一般的には20Km~200Kmといわれています。
   
これまでの台風で「台風の目」の中にいる時間は、数分~1時間程度でした。

「台風の目」がはっきりとしている大きな台風が、「台風の目」の端から端ま
で通過すると、1時間近く晴れることもあるということになります。

   

台風の目が通過するとどうなる?

「台風の目」の中では、雨風が弱まり、晴れていることもありますが、通過した
らどうなるのでしょうか?
   

「台風の目」は、雲がない部分となりますが、その周囲は厚い雲で覆われています。
風も強く吹いています。
   
よって、「台風の目」が通過した後は、また雨風が強くなります
それも、急激に強くなる場合もあります

   

「台風の目」の中に入り雨風が止んで晴れると、「台風の影響はもう大丈夫」と
勘違いしてしまうこともあるかもしれません。
   
ですが、まさに「台風」が通過中なので、その後も雨風に気を付けなければいけま
せん。

「台風」の進路などの状況に気を付け、油断しないようにしてください。

   

さいごに

「台風の目」とは、強い台風の中心で、雲が切れている部分です。

「台風の目」の中では、雲がないため、雨風が弱まります。
晴れていることもあります。

ですが、「台風の目」の周辺は雨風の強い状態です。
通過後は、急激に雨風が強くなったりします。

なので、くれぐれも油断しないようにしましょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする