干し芋の白い粉は何?カビとの見分け方と美味しい作り方&保存方法!

「干し芋」は、さつまいもを美味しく保存できて、今では極上スイーツともいわれていますね。
テレビ『マツコの知らない世界』などでも取り上げられて、人気が高まっています。

そんな「干し芋」は、自宅で簡単に作れます。
収穫したさつまいもがたくさんある場合など、「干し芋」を作ってみてはいかがでしょうか♪

「干し芋」についている白い粉の正体や、カビとの見分け方、そして、作り方&保存方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

干し芋の白い粉は何?

「干し芋」の名産地といえば「茨城県」で、全国の9割を生産しています。
茨城県では、毎年1月には「ほしいも品評会」という人気のイベントが開催されています。
   

そんな話題の「干し芋」ですが、白い粉がついているものが多いですよね。
あの白い粉って何なんでしょうか?
   
まずは、「干し芋」の” 白い粉” について見ていきましょう。

   
あの” 白い粉” の正体は、さつまいもの『糖分』です。

   
「干し芋」は、蒸かしたさつまいもを天日で干して作ります。
天日で干しているうちに、さつまいもの糖分が表面に浮き出てきます。
この糖分が結晶化したのが、あの白い粉なのです。
   

長く干すほど、糖分が浮き出てくるので、白くなっていきます。
それだけ、糖分が凝縮されていくので、白いものほど甘くなります。
   

最近は、半生タイプも人気がありますが、半生タイプは、干す時間が短いので、あまり白くなりません。
   

しっかり白くなったものと、そうでないものだと、甘さや食感に違いがあります。
   

しっかり白くなったものは、干す時間が長いので、それだけ乾燥しています。
甘みは強いですが、食感は、歯ごたえがあり、硬めです。
   

あまり白くなっていないものは、甘みはやや控えめです。
ですが、やわらかい食感で食べやすいです。

   

しっかり干した真っ白で硬いものは、歯が折れそうになることがありますが、食べやすくする方法があるのです!
その方法とは、「温める」です。
トースターでちょっとだけ温めると、やわらかくなり、食べやすくなりますよ。

   

干し芋の白い粉とカビの見分け方は?

「干し芋」の” 白い粉” ですが、『糖分』ではない場合もあります。

   
「干し芋」は、保存食なので、カビが生えにくい食品です。
ですが、カビが生えることもあるのです。

   

では、食べても大丈夫な「白い粉」と、食べてはいけない「カビ」はどう違うのでしょうか?
   

『糖分』と「カビ」の見分け方は、次の通りです。
   

さらさらしている感じなら、「糖分の白い粉」 → 食べても大丈夫!
   

胞子状ブツブツしているのは、「カビ」 → 残念ながら食べれません

 
   
また、「糖分の白い粉」は、表面だけにつくものなので、取り除いて確かめるのも有効な手段です。
もし、白い粉を取り除いて、「干し芋」の中も白くなっているなら、それは「カビ」が発生しています。

   
「カビ」には、「糖分の白い粉」と間違えやすい「白カビ」の他にも、「青カビ」「赤カビ」「茶カビ」があり、いずれも食べれません。

   

美味しい干し芋の作り方

「さつまいも」は、栄養豊富な食材です。
この「さつまいも」、干すと、成分が凝縮され、カルシウムや鉄などの不足しがちな栄養素が増します。
自然素材なので、お子さんのおやつにもぴったりで、長期保存も可能です。
   

スポンサーリンク

でも、「干し芋」は、購入すると結構いい値段がしますよね。
そこで、自家製の「干し芋」です。
「干し芋」って、ご家庭で案外簡単に作れるのです。
   

なので、ご家庭に大量のさつまいもがある場合は、自家製の「干し芋」を作ってみてはいかがでしょうか。

   

では、美味しい「干し芋」の作り方&ポイントをご紹介します。

   

<<干し芋の作り方>>
   
(1)美味しいさつまいもを用意します。

皮の色が鮮やかで、表面がつるっとしているものが美味しいものです。
さつまいもは、収穫後すぐよりも、しばらく保管することで、甘みが増し
て美味しくなります。
スーパーで購入したものなら1~2週間、収穫したものなら2か月くらい
保管したもので作るとより美味しい「干し芋」を作れます。

   

(2)皮をきれいに洗って、蒸かします。

甘みを十分に引き出すには、じっくり時間をかけて蒸すことがポイントと
なります。
蒸し器で蒸す場合は、1時間程度蒸し、20分以上蒸らします。

しかし、忙しい方には、炊飯器を使って蒸す方法がおすすめです。

炊飯器に、洗ったさつまいもと、水を1~2カップ入れます。
炊飯スイッチを押して普通に炊きます。
竹串を刺してみて、まだ固い場合は、再度炊飯スイッチを押して、
5分おきに様子を見てください。

   

(3)蒸した芋の皮をむいて、冷まします。

   

(4)完全に冷めたら、1.5cm位の厚さにスライスします。

   

(5)天日に干します。

干し野菜専用のネットなどに並べて、天気の良い日に干します。
2日~1週間干します。
干し加減は、お好みで調整してください。

   

スライスしたものを1週間干すと、しっかり乾燥させることができ、白くて硬い「干し芋」が出来上がります!

しっかり乾燥させた方が、水分がそれだけ飛んでいるので、日持ちが良くなります。
いろいろな干し加減で、食べ比べをしてみても良いかもしれません。

   

栄養が凝縮されている「干し芋」ですが、カロリーが高いので、食べ過ぎには注意してくださいね。

干し芋の保存方法は?

完成した「干し芋」は、どのように保存すれば良いのでしょうか?
冷蔵庫&冷凍庫で保存する方法をご紹介します。

   

冷蔵保存の方法
   
乾燥を防ぐため、干し芋をラップに包むか、ビニール袋などに入れて、冷蔵庫で保存します。
これで、3か月程度保存出来ます。

   

冷凍で保存する方法
   
たくさんある場合は、冷凍しておくと長期保存が出来て安心です。
   
1枚または数枚ずつラップに包み、ジップロックなどのフリーザーバッグに入れて、冷凍庫で保存します。
冷凍では、6か月程度保存できます。
   
食べる時は、自然解凍でもOKですが、オーブントースターで少し加熱すると美味しくいただけます。

   

冷蔵庫や冷凍庫で保存した「干し芋」は、軽くあぶったり、トースターやフライパンで少し焼くのがおすすめです。
やわらかくなり、より美味しくいただけますよ。

   

さいごに

さつまいもは、栄養豊富な食材です。
このさつまいもを干すことで、成分が凝縮され、カルシウムや鉄などの不足しがちな栄養素が増します。
なので、「干し芋」にして長期保存するのがおすすめです。
作り方も簡単!
   

でも、「干し芋」の白い粉って、何なのか気になりますよね。
あの白い粉は、「さつまいも」の糖分です。
ただ、カビが発生する場合もあるので、保存にはご注意ください。
   

「干し芋」は、栄養価が高いので、お子さんのおやつにぴったりです。
自然の素材で体に優しく、歯ごたえもあるので、噛む力を鍛えるにも良さそうですね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする