もやしの種類と違いは?栄養あるんだ!?上手に保存するには水で?

まだまだ野菜が高いですよね。

野菜が高いのは、主婦にとっては悩みのたねです。

「どうやって、食費を抑えつつ、野菜を摂ろうか・・・」なんて毎日考えて

しまいますよね。

そこで、食卓に頻繁に登場するようになるのが「もやし」です!

「もやし」なら安いし、美味しいので、主婦に人気の食材ですよね。

ダイエットにも向いているので、体重が気になる方もよく買われるのではない

でしょうか。

そんな、主婦の味方である「もやし」ですが、どんな種類があって、栄養がどう

なのか、気になったことはありませんか?

また、「もやし」の上手な保存方法ってどうすればよいのでしょう。

今回は、「もやし」の種類や栄養と、上手な保存方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

もやしの種類と違いは?栄養はある?

普段「もやし」を購入するとき、どう選びますか?

もちろん、” 値段 ” も重要ですよね。

あとは、” 太さ ” でしょうか。

このように、” 種類 ”は、あまり考えずに購入されることが多いのではないで

しょうか。

でも、” 種類 ” によって、特徴があるんですよ。

   

では、さっそく、「もやし」の種類を見ていきましょう。

   
現在、日本で主に生産されているのは、「緑豆」「ブラックマッペ」「大豆」を

種子とする3種類の「もやし」です。

つまり、発芽させる「豆」によって、種類が違うのです。

それぞれに特徴があり、お料理などによって使い分けされています。

   

緑豆もやし(グリーンマッペ)

種子の生産地 : 中国、ミャンマーなど

< 特 徴 >

・ 国内生産で約9割を占めており、最もポピュラーなもやしです。

・ やや太めで、みずみずしく、くせがないので、食べやすいです。

・ 茎がしっかりとしているので、シャキシャキとした食感です。

オススメ調理法 : 炒め物、鍋、ラーメンなど

   

ブラックマッペ

種子の生産地 : ミャンマー、タイなど

< 特 徴 >

・ やや細めで、ほのかな甘みがあるもやしです。

・ 細めでも、食感はしっかりしています。

・細長いひげ根部分は、独特の香りと味がします。

オススメ調理法 : ラーメン、焼きそば、お好み焼き、おひたしなど

   

大豆もやし

種子の生産地 : アメリカ、カナダ、中国など

< 特 徴 >

・ 大豆を発芽させたもので、豆がついたまま食べることが多いです。

・ 茎部分は、太めで、長いもやしです。 

・豆は、硬くて、歯ごたえがしっかりしています。

・独特の味と食感があり、大豆特有の旨みを持っています。

・他のもやしと比べて、タンパク質が多いのも特徴の1つです。

オススメ調理法 : 炒め物、ナムル、ビビンバ、スープなど

   

このように、「もやし」を種類に分けると、3種類となります。

どれも違いがあり、好みが分かれるかもしれませんね。

料理によっては、「う~ん、微妙だなぁ」となる場合もあるでしょう。

そんな時は、違う種類の「もやし」で試してみましょう。

「こっちのもやしの方が合う!」と好みにばっちり合うと、もやし料理が

もっと好きになるでしょう♪

もやしの種類によって栄養が違うの?

「もやし」は、栄養価が高いとされる ” 発芽野菜 ”の代表格です。

ですが、あの見た目からは、栄養が詰まっているなんて想像できませんよね。

といことで、「もやし」の栄養について見ていきましょう。

「もやし」は、見た目通り、その成分のほとんどが「水分」です。

ですが、『タンパク質』『ビタミン類』『食物繊維』『アミノ酸』などの栄養を、

バランスよく含んでいます。

   

詳しく見ていくと、つぎのとおりです。

・『植物性タンパク質』

・『ビタミンC』

・『葉酸』

・『食物繊維』

・『アスパラギン酸』

・『カルシウム』

・『カリウム』など

「もやし」は、このような栄養を含有しています。

そのなかでも、特徴的なのが、『アスパラギン酸』です。

『アスパラギン酸』は、『タンパク質』の合成やエネルギー代謝に関わる

栄養素です。

ほかにも、アンモニアを体外に排出して、中枢神経を守る働きをします。

この『アスパラギン酸』が不足すると、疲れやすかったり、抵抗力が弱まった

りします。

スポンサードリンク

「もやし」に含まれるそのほかの栄養は、「風邪予防」「免疫力の向上」

「便秘解消」「疲労回復」などに役立ちます。

   

このように、栄養豊富な「もやし」ですが、「カロリー」も気になりますよね。

大丈夫です!

見た目通り、「低カロリー」です!

しかも、消化が悪い「豆」とは違い、発芽しているので、消化もよくなっています。

なので、毎日の食卓にどんどん取り入れていきたい食材ですよね。

   

ところで、「もやし」には3種類ありましたよね。

種類によって、栄養も異なるのでしょうか?

3種類の「もやし」に含まれている栄養は、ほぼ同じです。

ですが、種類によって、含有量が異なります。

「緑豆もやし」は、『葉酸』や『ビタミンC』を多く含んでいます。

「ブラックマッペ」は、『ビタミンC』を一番多く含有しています。

そして、「大豆もやし」は、『カリウム』や『食物繊維』をとても

多く含有しています。

その量は、ほかの種類の「もやし」の2倍ともいわれます。

また、骨粗しょう症の予防にも役立つ『ビタミンK』も、一番多く

含んでいます。

   

どの種類の「もやし」も、『ビタミンC』を含んでいますが、

『ビタミンC』は、水に流出しやすいのが難点です。

なので、調理は、素早く茹でたり、蒸したりするのがおススメです。

茹でる際は、茹で時間を「10秒程度」とすると、栄養の損失を抑えることが

できます。

熱に弱い栄養も多いので、あまり長く加熱しないのが、栄養を守るポイントです。

もやしの保存は水で?

「もやし」って、傷みやすいですよね。

冷蔵庫に入れていても、「しなっ~」となったり、ちょっと臭いが気になったり

します。

どうにか上手に保存する方法はないのでしょうか?

実は、「もやし」は、水に浸けておくと長期保存ができるのです。

   
では、「水での保存方法」をご紹介します。

   
水に浸けて保存する方法

(1)タッパーなどの保存容器に、「もやし」を入れます。

(2)ここに、「もやし」が浸かるぐらいの水を入れます。

(3)これを冷蔵庫に入れるだけでOKです!

水は、2日に1回は変えるようにしましょう。

これで、10日間程度は保存ができます!

変色などもなく、白いままシャキシャキの状態を保てますよ♪

   

ただし、水に浸けておくのは、栄養の損失が大きくなります。

そこで、「袋のまま保存する方法」をご紹介します。

   
袋のまま保存する方法

(1)まず、開封前の「もやし」の袋に、爪楊枝などで1~3箇所穴を開けます。

(2)これを冷蔵庫で保存します。

開封してしまった「もやし」は、袋からできるだけ空気を抜いた状態で保存して

あげましょう。


このように、普通に冷蔵庫に入れるだけではなくて、ひと手間加えてあげる事で

美味しく保存することがができます。

   

さらに、「もやし」を少しでも長く日持ちさせたいなら、「冷凍保存」です。

   
冷凍保存する方法

袋の中の空気を抜いて、できるだけ平らにした状態で冷凍庫に入れるだけです。

これで、1~2週間くらいは、美味しく食べられます。

冷凍保存した「もやし」ですが、解凍した状態で使うとべたついて、美味しく

ありません。

調理する場合は、”冷凍のまま”で炒めるなどして使いましょう。

解凍する必要がある場合は、凍った状態の「もやし」にお湯をかけて使ってください。

面倒なら、鍋でさっと茹でてしまう方が簡単でしょう。

   

さいごに、「もやし」を購入する際の選び方をご紹介しておきます。

● 茎が白くて、はりがあって、しっかりしているもの

● ひげ根が変色していないもの

このような「もやし」を選んでくださいね。

さいごに

「もやし」って、実は、3種類あるのです。

それぞれ味にも特徴があり、食感にも違いがあります。

今まで、いろんな「もやし」の料理を作ってこられたでしょうが、使う「もやし」

の種類を変えるだけで、また違った味を発見できるかもしれません♪

また、保存方法も3種類ほどご紹介しました。

水での保存や袋に穴をあける方法など…

「もやし」を日持ちさせ、美味しく食べられるようにするのは一手間加えるだけ!

さっそく、明日からでも試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする