大根を煮物にすると苦い原因は?苦味を消す方法と美味しい料理!

おでんに欠かせない「大根」。
煮物にすると美味しいですよね。

ところが、いつものように煮ても苦い時がありませんか?

苦い大根は、家族にも不人気ですよね。
とくに子供は食べてくれません。

このような大根の苦味は何が原因なのでしょうか?

今回は、「大根」の苦味の原因と苦味を消す方法をご紹介していきます。
美味しく食べる料理方法も見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

大根を煮物にすると苦い原因は?

「大根」を煮ても、苦いと家族に食べてもらえなくて悲しくなってしまい
ますよね。

「大根」が苦いのはなぜなのでしょうか?

   

「大根」が ” 苦い” 原因を挙げてみましょう。

★ 旬でない
★ アク
★ 使用する部位が料理に適していない
★ 皮を薄く剥いている

   

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。
   

★ 旬でない

「大根」は、秋以降に旬を迎えます
寒い時期の大根の煮物は絶品ですよね。

これは、寒さにさらされることで、「大根」の甘みが増します
栄養分も増え、みずみずしくなります。

なので、寒い時期の「大根」は、甘みがあってジューシーな煮物に仕上がるの
です。

一方、春~夏の「大根」は、糖度が上がっていないので、苦味&辛味が強いの
です。

   
★ アク

大根おろしにすると、辛味が強いですよね。
この辛味は、『イソチオシアネート』という成分によるもので、苦味の原因で
もあります。
この成分は、大根おろしのように、すりおろしたりした際に発生します。

煮物で感じる苦味には、むしろ『ポリフェノール』が強く関係しているといえ
ます。
『ポリフェノール』は、抗酸化作用で有名ですが、苦味・渋み・えぐみの原因
となる「アク」の成分なのです。

   
★ 使用する部位が料理に適していない

「大根」は、部位によって味や食感が異なります。
葉がついている” 首部分” が、一番甘みがあります。
そして、” 真ん中部分” は、甘みもあり、軟らかいです。
” 下の部分” は、辛味成分『イソチオシアネート』を多く含むので、辛味が
あります。

よって、煮物には、甘くて柔らかい” 真ん中部分” が一番適しています
スーパーなどでは、上下で二等分したものが売られていますよね。
煮物に使うなら、上の方を購入しましょう。

   
★ 皮を薄く剥いている

皮部分には、『ポリフェノール』が多く含まれています。
この『ポリフェノール』が、苦味の原因となります。
また、『イソチオシアネート』も多く含まれています。
さらに、皮部分は、硬い筋が密集しています。
このため、味が浸みこみにくくなり、苦味が目立ってしまいます。

スポンサードリンク

   

以上が、「大根」の苦味の原因です。
秋~冬の「大根」は、旬を迎え、甘みが増します。
ですが、春~夏の「大根」は、苦味や辛味が強いので、煮物には不向きといえ
ます。

   

大根の苦味を消す方法と美味しい料理方法は?

春~夏の「大根」は、煮物には不向き!?
ということは、大根の煮物は、寒くなるまで待たないといけないのでしょうか?
   

そんなことはありません。
下茹でをして「アク抜き」をすれば、苦味を軽減することができます
「アク」の成分は、水溶性です。
なので、下茹ですることで、「アク」を除去できます。
   

「大根」の場合は、” 米のとぎ汁” で下茹でするのが一般的です。
” 米のとぎ汁” で茹でることで、「アク抜き」ができる上に、「大根」を白く
仕上げることができるのです。

   
” 米のとぎ汁” を使った下茹での方法をご紹介します。

(1)大根をよく洗い、皮を厚めに剥きます。

(2)食べやすくカットし、鍋に入れます。

(3)そこに米のとぎ汁を注ぎます。

(4)鍋をやや強火にかけ、沸騰したら火を弱めます。

(5)大根が半透明になったら、火を止めます。

(6)大根を水でよく洗い、下茹では完了です。

   
下茹でした「大根」は、お好みの味付けで煮てください。

   

また、煮るほかにも、美味しい食べ方があります。

   
● 大根ステーキ風にソテー

下茹でした大根を、バターで両面をソテーします。
ガーリック醤油味や甘辛く味付けすると美味しいですよ。

   
● ひき肉炒め

下茹でした大根を、ひき肉と炒めて、味付けします。
スパイシーな味付けもいいですが、中華風の味付けも合います。
味付けに合わせて、使うひき肉を選ぶと良いでしょう。
スパイシ―な味付けには、牛ミンチまたは合いびきミンチ。
中華風には豚ミンチが合います。

   
下茹でする前なら、細く切って、お味噌汁に入れれば、苦味も気にならず、
簡単に大根を使えます。
市販のすき焼きのタレで炒めにしても美味しいですよ。

   

さいごに

美味しそうに出来上がった「大根」の煮物が苦いと残念な気持ちになります。
旬の時期ではない「大根」は、下茹でをして「アク抜き」をすることで苦味
を軽減させられます。
ひと手間かかりますが、せっかくなら家族に美味しく食べてもらいたいです
よね。
下茹でには、” 米のとぎ汁” を使うのが一般的です。
うっかり” 米のとぎ汁” を捨ててしまった場合は、お米でも大丈夫です。
大さじ1杯程度のお米を入れて「大根」を煮てください。

下茹でした「大根」で、美味しい煮物などを作ってくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする