大根の冷蔵庫保存でしなしなになるのはなぜ?上手な保存方法と期間

大根を冷蔵庫に入れておくと、いつの間にかし
なしなになっていますよね。

実は、大根がしなしなになるのは、保存方法が
間違っていたからなのです。

ここでは、大根をしなしなさせないための、適
切な保存方法についてご紹介します。
また、大根の味を落とさずに、長期保存する方
法についても触れていきます。

スポンサーリンク

  

大根の冷蔵庫保存でしなしなになるのはなぜ?上手な保存方法

冷蔵庫に入れておいた大根がしなしなになる原
は、「水分の蒸発」です。

大根を長い間冷蔵庫に入れたままにしておくと、
自然に水分が抜けてしまうのです。
その結果、大根にハリがなくなり、しなしなし
た状態になってしまうのです。
   

しなしなになってしまっても、多少味が落ちる
だけで、その大根が食べられなくなるわけでは
ありません。
   
でも、できればしなしなにせず、みずみずしい
状態で保存しておきたいですよね。
   
大根をしなしなにさせないためには、大根の白
い部分から水分を蒸発させないようにしなくて
はなりません。
   
そのためにオススメしたい方法は、
まずは「大根の白い部分と葉を切り分ける」
いうものです。

白い部分と葉がつながったままだと、水分がど
んどん葉に奪われてしまうのです。
その結果、大根がしなしなになってしまいます。
なので、予め、白い部分と葉を切り分けてしま
うことで、それを防ぐことができます。
   
そして、白い部分と葉を切り分けた後は、大根
新聞紙にくるみ、立てた状態で保存しましょう。
寝かせてしまうと、大根は、縦方向に立ち上が
ろうとして、エネルギーを消費してしまいます。
その時に、水分もエネルギーと一緒に同時消費
するので、蒸発してしまうのです。

スポンサーリンク

   

大根の保存期間は?長期保存する方法

大根は、冷蔵庫に入れて保存すれば、大体1~
2週間くらいは日持ちします。
   
また、冷凍庫で保存すれば1ヶ月程度は日持ち
します。
ですが、この保存方法は正直オススメできません。
長期間冷凍庫に入れておくと、霜が蓄積して、
びちゃびちゃになるからです。
   
なので、この点から考えると、基本的には冷蔵
庫に入れて保存した方が良いでしょう。

   

でも、「できればもう少し長持ちさせたい」と
いう場合もあるでしょう。

この場合、「干して切り干し大根にする」と長
期保存できます。
切り干し大根にして保存すれば、大体1ヶ月
らいは日持ちするので便利ですよ。

切り干し大根の作り方は簡単です。
大根を千切りにし、ざるなどの上に置いて5日
~1週間くらい乾かすだけです。

大根を干してしまえば、長期保存できる上に、
栄養価も高まりますよ。

   

さいごに

冷蔵庫に入れた大根がしなしなになるのは、冷
蔵保存している間に、水分が蒸発してしまうか
らです。
そうならないようにするには、白い部分と葉を
切り離し、立てた状態で冷蔵保存しましょう。
このように大根を冷蔵保存すれば、1~2週間
くらい日持ちさせることが可能です。

もっと長持ちさせたい場合は、乾燥させて切り
干し大根にすると、1ヶ月くらい日持ちしますよ。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする