玉ねぎ収穫後の保存 皮は剥く?上手な干し方で長期保存する方法

家庭菜園で収穫した玉ねぎは、正しく保存する
ことで、長期間保存することができます。

玉ねぎを長期保存するには、玉ねぎを干すので
すが、これに関してもポイントがあります。

「収穫後の乾燥は必要?」とか「皮は剥いて干
すのか?」などのお悩みもでてきますよね。

ここでは、家庭菜園で収穫した玉ねぎを、でき
るだけ長期間保存するための上手な干し方につ
いてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

玉ねぎ収穫後の保存~皮は剥く?

玉ねぎは、品種により保存期間が異なります
大きく分類すると、「白玉ねぎ」「赤玉ねぎ」
「黄玉ねぎ」となります。

一般的によく見かけるのが、茶色い皮の「黄玉
ねぎ」です。
3種類のなかでは、この「黄玉ねぎ」が、最も
長期保存に向いています。
   
ここでは、「黄玉ねぎ」の保存についてお話し
ていきます。

「白玉ねぎ」「赤玉ねぎ」も、基本的には保
存方法は同じです。
ただし、「黄玉ねぎ」のように長期保存はでき
ませんので、ご注意ください。

   

では、収穫後の玉ねぎの保存について見ていき
ましょう。

   

収穫した玉ねぎを長期保存するためには、
家庭菜園内で2~3日くらい干して乾燥させる
のがポイントです。
これが、第一段階です。
   

このようにすることで、玉ねぎの表面が乾燥し、
必要のない水分が蒸発していくのです。
水分が多すぎると、玉ねぎは傷みやすくなりま
す。
なので、収穫後は必ず干して乾燥させてくださ
いね。
2~3日経って、玉ねぎの首の部分がカラカラ
に乾いていたら乾燥完了です。

   

さて、菜園内で乾燥させた後、さらにもう一度
干します
これが第二段階です。
   

この時1つ疑問が出てきます。
それは、「玉ねぎの皮は剥いてから干した方が
良いのかどうか」というものです。
   
玉ねぎを干す際は、皮は剥かずに乾燥させる
という形が正解です。
実は、玉ねぎの皮は、玉ねぎの内部を紫外線か
ら守ってくれるのです。
玉ねぎは、紫外線や直射日光に当たると、傷み
やすくなってしまいます。
これを防いでくれるのが、表面の茶色い皮なの
で、玉ねぎにとっては大事なものなのです。

   

ただし、皮は剥きませんが、根の部分だけは
切り落としてから干してくださいね。
根を切り落として干すことで、玉ねぎが乾燥し
やすくなり、傷みにくくなりますよ。

スポンサーリンク

   

そして、葉の部分は、根元からでなく、
15cmくらい残して切り落とします
   
これによって、萌芽葉(ほうがよう)が出にく
くなり、より保存しやすくなります。
この萌芽葉(ほうがよう)は、玉ねぎの新しい
芽なのですが、これができると、養分がこちら
の芽に移り、成長すると、玉ねぎがしぼんでしまいます。

   

玉ねぎの保存~上手な干し方で長期保存する方法

さて、根を切り落として玉ねぎを干す時、長期
保存のためのポイントがいくつかあります。
   

玉ねぎを干す場合は、湿気の多い場所は避け
風通しの良い日陰に干しましょう。
   

また、先ほども少し触れましたが、
直射日光が当たる場所は避けてください。
室内に玉ねぎを干すのであれば、玄関先などが
良いかもしれませんね。

   

玉ねぎを下に置いて干すのであれば、1個ずつ
新聞紙にくるんで干すのがオススメです。
1個ずつくるむことで、玉ねぎを保護すること
ができ、ダメージを防ぐことができます。

   

一方、高い所に吊るして干すのも、乾燥しやす
くなるのでオススメの方法です。
この場合、玉ねぎの皮が剥けて散らばりやすく
なるので、むき出しの状態にするのはNGです。
こんな時は、便利グッズとして、ストッキング
やネットなどを活用しましょう。
玉ねぎを2~3個ずつストッキングやネットの
中に入れ、紐で縛って軒先などに吊るします
こうすることで、皮が散らばる心配をせずに、
玉ねぎを干しておくことができますよ。

   

このように干して保存することで、玉ねぎを
3~6ヶ月くらい保存することが可能になります。

   

「白玉ねぎ」「赤玉ねぎ」も、吊るして干す
などで乾燥させて保存します。
ですが、「黄玉ねぎ」よりも水分が多いため、
長期保存はできません。
また、これらは、気温が高くなると芽が出やす
くなるので、できるだけ涼しくて風通しのよい
ところで保管してください。
そして、早めに消費しましょう。

   

さいごに

玉ねぎを長期保存するには、まずは、家庭菜園
内で2~3日乾燥させておきます。
   
そして、さらに室内や軒先で干して保存します
が、この時、玉ねぎの皮は剥きません。
玉ねぎの内部を紫外線から守るために、表面の
茶色い皮が必要だからです。
   
軒先に干す場合は、ストッキングやネットの中
に入れると、皮が散らかりにくくなります。
   
玉ねぎは、上手に干すことで、3~6か月もの
長期保存が可能になりますよ。
   
ただし、「白玉ねぎ」や「赤玉ねぎ」は、「黄
玉ねぎ」のような長期保存は難しいです。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする