ミニトマト栽培で皮が固い原因|水やりと肥料や柔らかい皮に育てるコツ

家庭菜園で育てたミニトマトは、皮が固いとい
うケースが多いですよね。

なぜ、皮が固くなってしまうのでしょうか?

また、柔らかい皮に育てることはできるのでし
ょうか?

ここでは、家庭菜園で育てたミニトマトの皮が
固くなってしまう原因についてお話します。

また、水やりや肥料など、柔らかい皮のミニト
マトを育てるためのコツについても触れていき
ます。

スポンサーリンク

ミニトマト栽培で皮が固い原因はなに?

ミニトマトは、育てやすく家庭菜園でも人気で
す。
ですが、皮が固いのが気になってしまいますよ
ね。
私も、家でミニトマトを何度か育ててみました
が、皮が固くなるケースがよくありました。

このようにミニトマトの皮が固くなるのはなぜ
なのでしょうか?
原因をみていきましょう。

実は、家庭菜園用のミニトマトは、スーパーな
どで販売されているミニトマトよりも皮が固い
品種なのです。

これは、家庭でも実が割れることなく育てやす
くしてあるためです。

そのため、家庭菜園でミニトマトを育てると、
どうしても皮が固くなってしまうのです。

ただ、品種によっては、いくらか皮が柔らかく
育つものもあります。

比較的皮が柔らかく仕上がる品種には、「サン
チェリーエキストラ」「キャロルク」「ココ」
「ピンキー」などがあります。

また、皮の色が、赤ではなく、オレンジ・黄色
のミニトマトも、比較的皮が柔らかい傾向があ
ります。

さらに、湿気が多すぎる環境で育てると、ミニ
トマトの皮が固くなりやすい傾向があります。

水の与えすぎはもちろん良くないのですが、栽
培する環境もかなり大きく関係します。

とくに、畑で栽培をしている場合は、雨が降る
と、ミニトマトへの水分が多くなってしまいま
す。
なので、小さなビニールハウスなどを作って
除けをして、水分調整をする必要があります。

スポンサーリンク

ミニトマト栽培での水やりと肥料は?柔らかい皮に育てるコツ

ミニトマト栽培で、柔らかい皮の実に育てる
めには、水やりをする時にコツがあります。

先ほどもお話したように、ミニトマトは雨に当
たり過ぎると、皮が固くなります。

そのため、雨除けをする必要があります。
さらに、水やりの量を常に一定にするようにし
てください。

与える水の量ですが、「土が十分に湿るくらい
の量」と考えてください。

まずは、土が乾燥していたら水をたっぷり与え
ます。
そこから土が乾燥するまでの間は、水を与えな
いようにしましょう。

ちなみに、水が少なすぎる場合も、ミニトマト
の皮が固くなってしまいます。

この場合は、ミニトマトの実が、内側の水分を
逃すまいと必死になり、皮を厚くして水分を保
護しようとするためです。

また、柔らかい皮のミニトマトを栽培するには、
肥料の与え方も大切です。
最初に肥料を与える時は、あまり多く与えすぎ
ないことがポイントになります。

そして、追肥の時には肥料をたっぷり与え、肥
料が切れないように、こまめに与えてください。

つまり、「最初の肥料よりも、追肥をメインに
する」という育て方が、柔らかい皮のミニトマ
トにしてくれるのです。

▼ 関連記事
たくさん収穫できたミニトマトを長期保存する方法はこちらをどうぞ。
固い皮も気になりませんよ。

『ソルトマトって何?野菜を塩漬けする効果とミニトマトでの作り方』

さいごに

基本的に、家庭菜園で栽培することを目的にし
たミニトマトの品種は、皮が固いです。

皮が柔らかい品種もいくつかあります。
ですが、それでも、市販のミニトマトよりは固
くなりがちと考えてください。

少しでも皮を柔らかくするためには、水と肥料
の与え方を工夫することがポイントです。

栽培段階の状況により、与える水と肥料の量が
変わることを覚えておいてくださいね。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする