たけのこのあく抜き 大きい場合はどうする?茹でる方法と保存方法

春に食べたい食材といえば「たけのこ」ではないでしょうか。
たけのこご飯や、煮物など、美味しいですよね。

そんな「たけのこ」ですが、”あく”が強い食材でもあります。
なので、食べるにはあく抜きをする必要があります。

でも、大きくて立派な「たけのこ」は、鍋に入りませんよね。
このように大きな「たけのこ」の場合、あく抜きはどうすれば
よいのでしょうか?

今回は、大きすぎる「たけのこ」のあく抜き方法と、あく抜き
した後の保存方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

たけのこのあく抜きで大きい場合は?

「たけのこ」のあく抜きは、大きめの鍋で皮つきのまま茹でる
方法が一般的です。
   

ですが、「たけのこ」が大きい場合は、お手持ちの鍋に入らない
ですよね。
すぐに茹でることが出来るのなら、何度かに分けて茹でればよい
のですが、「たけのこ」の場合、1時間程茹でないといけません。
これを何度もなんて面倒です。

   

では、大きい「たけのこ」はどのようにあく抜きすればよいので
しょうか?
   

「たけのこ」が大きい場合皮を剥いて、穂先を切り落とします。
そして、縦半分にカットし、横にもカットします。
鍋に入るサイズにカットして大丈夫ですが、茹で具合を均一にす
るために、大きさを揃えましょう
   

このように準備が出来たら、お手持ちの鍋の中で一番大きいもの
を用意します。
中華鍋でもよいでしょう。

   

たけのこのあく抜き方法

大きい「たけのこ」を茹でやすいサイズにカットしたら、あく抜
きします。

ここでは、簡単なあく抜き方法をご紹介します。

   

たけのこの「あく抜き方法」
   
(1)大きめの鍋にカットしたたけのこを入れ、かぶるくらいまで
  水を入れます。
   
(2)用意した鍋に(2)のたけのこを入れ、かぶるくらいの水を
  入れます。米ぬか一握り程度と鷹の爪2本も入れます。
   
(3)火にかけ、ぐらぐらと煮立ってから、約30~1時間茹で
  ます。
   
(4)竹串がすーっと通れば、火を止めます。
   
(5)そのままで冷まします。(半日~一晩)
   

スポンサーリンク

(6)鍋からたけのこを取り出して、きれいに洗います。

   

▼ たけのこのえぐみが気になる場合は、こちらの記事をどうぞ。
  米ぬかがない場合は、お米や重曹でもあく抜きできます。
『たけのこのえぐみを残さないアクの取り方!えぐみがとれない?保存法』

   

たけのこのあく抜き後の保存方法は?

大きい「たけのこ」を上手にあく抜きした後は、料理していただ
きましょう。

でも、たくさんの「たけのこ」を一度に食べることは出来ません
よね。

そんな場合は、上手に保存して、美味しく食べきりましょう。

   

「あく抜き」した「たけのこ」は、水に浸けて保存します。
   

その保存方法を見ていきましょう。
   

(1)まず、大きめの保存容器(タッパーなど)を用意します。
   
(2)たけのこを保存容器に入れ、水を入れて冷蔵庫で保存します。
   
(3)水を毎日替えます。これで約1週間保存出来ます。

大きめの保存容器がなければ、大きなフリーザーバッグでも大丈夫
です。
ただし、この場合は水が漏れないように、立てて保存できるように
しましょう。

   

▼ たけのこをさらに長期保存したい場合は、こちらの記事をどうぞ。

『たけのこのえぐみを残さないアクの取り方!えぐみがとれない?保存法』

   

さいごに

春の美味しい味覚といえば、「たけのこ」ですよね。

でも、大きい「たけのこ」は、どうやってあく抜きすればよいのか
困ります。

大きい場合は、皮を剥いてカットしてからあく抜きしましょう。

「たけのこ」のあく抜きは、一般的には、皮付きのまますることが
多いです。

ですが、皮を剥いてカットしてあく抜きしても、美味しくいただけ
ますよ。

そして、あく抜き後は上手に保存して食べきりましょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする