ラナンキュラスの球根は芽出し必要?植える時期と植え方や水やり

ラナンキュラスの花は、種・苗・球根のどれか
らでも育てることができます。

ですが、球根から育てる場合、「芽出し」など
少し難易度が上がります。

ここでは、ラナンキュラスの球根を植える前に
は必ず知っておきたい植える時期と植え方など
の基礎知識をご紹介していきます。

また、植えた後の育て方や、花の栽培には不可
欠な水やりのポイントについても触れていきます。

スポンサーリンク

  

ラナンキュラスの球根は芽出し必要?植える時期

ラナンキュラスを球根から育てる場合、初心者
向けである苗栽培に比べて、少し難易度が上が
ります。
   

球根を植えつける前には、「芽出し」のひと手
間が必要になってきます。

「芽出し」は、絶対にやらなければいけないと
いうわけではありません。
ですが、芽出しを行っておくことで、球根が腐
りにくくなるのです。
なので、ラナンキュラスの球根を植えた経験が
ある人の大半は、この芽出しを必ず行うようです。
   

「芽出し」の方法は、無菌の培土に水分を含ま
せて、それを容器に入れます。
その容器の中に球根を埋め込んで、密封した状
態で冷蔵庫に2~3週間くらい入れておくだけ
でOKです。
   

「芽出し」を行った後は、腐敗した球根があれ
ば処分します。
そして、いよいよ球根の植え付けをします。
   

ラナンキュラスの球根を植える時期は、
9~12月です。 
なかでも、10月頃の時期が適しています。
時期が多少遅くなるのは大丈夫ですが、残暑で
暑い時期は植え付けに向きません。
ラナンキュラスは基本的に、秋植えの球根なの
で、暑さが和らいでから植え付けします。

   

スポンサーリンク

ラナンキュラスの球根の植え方は?

ラナンキュラスの球根を植える際は、日当たり
と風通しの良い場所に植えてください。

日陰や多湿の場所に植えると、害虫が発生した
り、腐りやすくなったりします。

強い直射日光はNGですが、基本的に、ラナン
キュラスは、日当たりの良い場所が大好きです。
そのため、雨が続くなど多湿な時期は、湿気か
ら守るために、一時的に室内に入れてあげてく
ださい。
   

ラナンキュラス栽培に使うは、弱アルカリ性
のものを使うと、水はけが良くて、よく育ちま
すよ。
   

植え方としては、球根1個につき、深さ2cmく
らいの穴を掘ってその中に入れる形で植えます。

   

では、植え付け後の水やりについて見ていきま
しょう。
   
基本的に、水はけを良くしておくことが大切で
すが、水やりはコンスタントに行ってください。
土の表面が乾いてきたら水をやります。
土が乾く前は水やりをする必要はありません。
ラナンキュラスは湿気の多い環境が苦手なので、
土が乾く前に水を与えると腐ってしまうのです。
   
そして、葉が黄色くなり始めたら、水やりの頻
度を少しずつ減らしていきましょう。
最終的に、全部の葉が黄色くなってしまったら、
水やりを完全にストップします。
この時期に入ると、土を完全に乾いた状態にす
る必要があります。

   

さいごに

ラナンキュラスをスムーズに育てるためには、
植え付ける前に、芽出しを行ってください。

植え付けの時期は10月がベストです。
できるだけ日当たりと風通しの良い環境で育て
ましょう。

水やりは必要ですが、多湿が苦手な植物なので、
土の表面が乾いたタイミングで行います。

そして、葉が黄色くなったことを確認したら、
水やりの頻度を徐々に減らしてきましょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする