お盆のお膳はいつからいつまで供える?いつ下げる?並べ方と料理献立

お盆にはご先祖様をお迎えする準備をしますね。
そのひとつとして、お膳をお供えするでしょう。
このお膳、いつからいつまで供えるものなので
しょうか?
また、いつ下げれば良いのでしょう。

そして、お膳の並べ方も合っているのか不安に
なりませんか?

そこで、お盆にお供えするお膳について、期間
やタイミング、並べ方、料理の献立についてご
紹介していきます。

スポンサーリンク

  

お盆のお膳はいつからいつまで供える?

まずは、お盆にお膳をお供えする期間は、
一般的には8月13日~8月16日となります。
   
この期間中、毎日3食お膳をお供えします。
   
ただ、回数は、ご家庭によって異なるようです。
1日1食だけお供えするというご家庭もありま
すし、1日2食というところもあるようです。

また、お盆の期間中に1回だけお膳をお供えす
るというご家庭もあるなど、様々です。
これは、代々の伝わるやり方に従ってお供えし
ているご家庭もあれば、地域の風習でお供えし
ているご家庭もあるためです。

お盆の期間中に1回だけという場合は、親戚が
集まる日にお膳をお供えすることが多いようです。

   

お盆のお膳はいつ下げる?

お盆のお膳はどのタイミングでお供えするもの
なのでしょうか?
   

これは、私たちがご飯を頂く前にはお供えしま
しょう。
1日3食お膳をお供えする場合は、朝・昼・夜
の食事前ということになりますね。

   
では、お膳を下げるのはいつなのでしょうか?
   
毎日3食お膳をお供えする場合ですと、お供え
の準備をする時で良いでしょう。
つまり、昼・夜のお膳をお供えする前ですね。

でも、夜のお膳をお供えしたまま翌朝まで置い
ておくのは良くないですよね。
なので、夜は、早めに下げてしまっても良いで
しょう。

ただし、昼・夜に関しても、夏の暑い時期なの
で、早めに下げるご家庭も多いようです。
とくに、近年は酷暑が続きます。
お供えした食べ物が傷まないうちに早めに下げ
るのがいいでしょう。

   

お盆のお膳の並べ方と料理献立は?

さて、お盆にお膳をお供えする際には、どのよ
うな料理にしたら良いのでしょうか?
   

スポンサーリンク

基本的には、肉や魚を使わない「精進料理」
『一汁五菜』でお供えします。
   

(1)白米

「親椀」に、ご飯を丸くよそいます。

   

(2)お吸い物、味噌汁
 
「汁椀」に、お吸い物などを入れます。
具材は、ネギやワカメなど普段と同じもので大
丈夫です。

   

(3)お漬物

「腰高」に、たくあんやきゅうりの浅漬けなど
を「2切れ」用意します。

   

(4)煮物

「平椀」に、煮物を盛り付けますが、地域によ
って、具材が決まっているところもあるようで
す。
一般的には、高野豆腐やこんにゃく、しいたけ
などの煮物となります。

   

(5)酢の物や和え物

「つぼ椀」に、酢の物や和え物を小さな山型に
こんもり盛ります。

   
料理が準備出来たら、仏膳に並べます。

この時の並べ方は、

左手前:親碗(ご飯)

右手前:汁椀(汁物)

真ん中:腰高(漬物)

左奥:平椀(煮物)

右奥:つぼ椀(酢の物など)

   
この時の並べ方は、宗派によって異なる場合が
あります。
ご家庭の宗派を確認して並べましょう。
来年忘れないように、写真を撮っておくといい
ですね。

そして、お箸を添えて供えます。
この時、お箸は、仏壇からみて手前になるよう
に置きます。

   
▼ 関連記事
『お盆の提灯はいつから?飾り方と片付け方そして仕舞い方も!』

   

さいごに

お盆のお膳を準備するのは大変ですよね。

ご家庭によって決まり事がある場合もあります
が、献立に関しては、普段食べているものでも
良さそうです。
普段作り慣れていないものなら気が張りますが、
普段から作っているものなら気が楽になりますね。

気持ちを込めてお供えしたお膳に、ご先祖様も
喜んでくださるでしょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする