車のIRカットガラスの効果|IRカットフィルムも暑さ対策に効果ある?

最近は1年中紫外線対策が気になりますね。
車でも同じです。
そして、気温が上がってくると、車の窓ガラスからの暑さが気になります。
とくに子供を車に乗せる際は、「暑さ」と「紫外線」が心配ですよね。

車の暑さ対策としては、「IRカットガラス」や「IRカットフィルム」などがあります。
でも、このようなIRカットのアイテムは効果あるのでしょうか?

そこで、車の「IRカットガラス」の効果や暑さ対策についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

車のIRカットガラスにはどんな効果がある?

「IRカットガラス」と言われても、どのような効果があるのかピンと来ないですよね。
まずは、「IRカットガラス」について説明していきます。

   

「IRカットガラス」とは、「赤外線をカットしてくれるガラス」です!

赤外線カットで得られる効果は、「断熱・遮熱」です。

熱を完全に遮断できるわけではありませんが、赤外線カットで、車内の暑さを和らげてくれるのです。
このように快適な空間にしてくれるガラスなので、エアコンにかかる負荷も軽減できます。


また、車のエアコン使用時は、車内の狭い空間では、すぐに湿度が下がります。
そして、乾燥してしまいますよね。
しかも、空気口と人の距離が近いので、肌がカサカサになってしまいます。

   
このような場合にも、「IRカットガラス」の断熱&遮熱効果が役立ちます。
断熱&遮熱効果により、エアコンを使用しなくても、ある程度は涼しいです。
なので、お肌がカサカサにならずに済みます!

このように、「IRカットガラス」であれば、「暑さ」に関しては快適になる効果があります。

   

では、もうひとつ気になる「紫外線」についてはどうなのでしょうか?

4月~9月にかけて「紫外線」が増えます。
そして、運転中はあらゆる方向から「紫外線」が入ってきます。
これは、子供にとってもよくありません。
   

「IRカットガラス」は、なんと紫外線もカットしてくれるのです。
それも、「紫外線」を99%カットしてくれると言われています。

   

車の窓ガラスにIRカットフィルムでも効果ある?

初めから車の窓ガラスが、「IRカットガラス」ならいいのですが、違う場合はどうすれば良いのでしょうか?
   

ガラスを入れ替えたりするのは、なかなか経済的にも難しいですよね。
そんな時に役立つのが、「IRカットフィルム」です。
   

では、「IRカットフィルム」は、どれほどの効果があるのでしょうか?
   

スポンサーリンク

市販されている「IRカットフィルム」は、紫外線を約90%カットしてくれます!
なかには、ガラスと変わらない99%カットしてくれるフィルムもあるようです。

「IRカットフィルム」を貼っていない車でも、約60~70%の紫外線をカットできているようです。
ですが、このフィルムを貼ることによって、紫外線カット率は断然上がります。

   

「IRカットフィルム」での「暑さ」に関してですが、エアコンを「強」にしなくても、「弱」
で充分涼しくなるようです。

我が家の車も、後部席側だけに暗めのIRカットフィルムを貼っています。
このため、運転席よりも、後部座席の方が涼しいです。
日焼けや熱気なども感じませんので、子供も暑がりません。
ただし、直射日光が長時間当たる状況ではあまり効果を実感できないでしょう。
   

そんな「IRカットフィルム」ですが、貼る場合の注意点をご紹介しておきます。

まず、ディーラーなどのプロの方に貼ってもらうとなると、やはり費用が高くなってしまいます。
ですが、綺麗に仕上がるので、自信がない方はプロにお任せしましょう。

   
もちろん、自分でフィルムを貼ることもできます。
フィルムは、カー用品店にたくさん用意されています。

目的に合わせて選ぶと良いのですが、自分で貼る場合には注意すべきことがあります。

それは、”薄いフィルムを選ばない”ということです。
フィルムが薄いと、空気を抜く時や貼り直しする時に、破れてしまうことが多いようです。
できるだけ厚みのあるフィルムを選ぶようにしましょう!

さらには、カットされているフィルムを買うのがお勧めです。

貼り方は、YouTubeでの動画を参考にされると良いでしょう。

   

ちなみに、フロントガラス・運転席&助手席の窓ガラスには、「可視透過率」の規定があるので要注意です。
「可視透過率70%未満」のフィルムを貼ると、不正改造とみなされて罰則を科されます。

フロントガラス・運転席&助手席の窓ガラスに貼る場合は、フィルムを選ぶ際に店員さんなどに相談に乗ってもらうのがいいでしょう。

   

さいごに

暑くなる季節は、車での「暑さ対策」が必要になってきます。
とくに小さな子供には、車内での暑さは、耐え難いものです。
そして、紫外線も予防しなければいけません。

どちらにも効果があるのが、「IRカット」の商品です。

「IRカットガラス」なら安心ですが、「IRカットフィルム」でも効果があります。
「IRカットフィルム」ならお手軽に購入できるので、検討してみてはいかがでしょうか。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする