おせち【数の子】の残りの賞味期限は?アレンジと長期保存方法

おせちの定番である「数の子」は、大量に入っ
ているものが売られていることが多いですよね。

おせちで食べきれない数の子は、どのくらい日
持ちするのでしょうか?

また、おせちで残った数の子を美味しく食べる
にはどうすればよいのでしょうか?

そこで、おせちの数の子の賞味期限と残りのア
レンジについてご紹介していきます。
長期保存する方法についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

おせち【数の子】の残り 賞味期限は?

おせちの数の子は、塩漬けしたものを塩抜きして
味付けします。

塩抜きしているので、日持ちがしません。
   

おせち用に味付けした数の子は、
賞味期限1週間程度となります。

保存する際は、必ず冷蔵庫に入れてくださいね。

   

一方、塩抜きをする前の数の子は日持ちします。
塩漬けしてあるので、2~3ヶ月保存できます。

なので、おせち用には食べる分だけの数の子を塩
抜きするといいですね。

   

おせちの残り【数の子】アレンジ&長期保存方法

おせちで食べる分だけの数の子を塩抜きして味付けしても
残る場合があります。

また、何度も塩抜きするのが面倒で多めに塩抜きしておく
場合もあるでしょう。

   

このような塩抜きした数の子は、冷蔵庫で1週間程度しか
日持ちしないので、アレンジして美味しく食べましょう。
   

数の子のアレンジ料理としては、

◆松前漬け
◆和風パスタ
◆和え物

などがあります。

   
◆松前漬け

スーパーなどで簡単に松前漬けを作れるものが売られて
います。
400円程度で購入できます。

おせち 数の子 残り 残り リメイク アレンジ

おせち 数の子 残り 残り リメイク アレンジ

スポンサーリンク

この松前漬けセットと残った数の子を混ぜるだけで、
美味しい松前漬けが作れます。

手作りの松前漬けは、冷蔵庫で保存し、10日以内に食べましょう。
冷凍すると、2~3ヶ月保存可能です。

   

◆和風パスタ

茹でた麺に、残った数の子・麺つゆを加えて和えるだけで
美味しい和風パスタができます。

数の子は、火を加えると食感が悪くなるので、茹でた麺と
和えるようにするのが美味しく作るポイントです。

具材に、シラスや水菜などを入れても美味しいですよ。

   

◆和え物

ほうれん草や白菜などをさっと下茹でして、残った数の子を
加えて和えます。

千切りした白菜と塩昆布を和えたものに、数の子を加えても
美味しいですよ。

   

では、数の子の長期保存方法について見ていきましょう。
   

一番おすすめの保存方法は、「塩漬けのまま保存」です。

これだと、2~3ヶ月保存できます。

そして、食感が悪くなることもありません。

ただし、塩辛さが増す気がします。
そのため、塩抜きする際は、おせちよりもしっかりめに塩抜き
したほうがよいかもしれません。

   

また、塩抜きした数の子は、冷凍保存すると3ヶ月程度保存で
きます。

ですが、冷凍保存した数の子は、保存期間が長くなるほど食感
が悪くなってしまいます。

美味しく保存するには、塩抜き後に味付けして、その汁に浸け
た状態で冷凍しましょう。

このようにすることで、食感よく食べることができます。

   

◆数の子の賞味期限 まとめ
   
<おせち用に味付けした数の子>

冷蔵庫で1週間程度

   

<塩漬けの数の子>

冷蔵庫で2~3ヶ月

   

<塩抜きした数の子>

冷蔵庫で1週間程度

冷凍庫で2~3ヶ月

   

<手づくり松前漬け>

冷蔵庫で10日程度

冷凍庫で2~3ヶ月

   

さいごに

おせちの数の子は、塩抜きする日持ちがしません。

なので、残ったおせちの数の子は、アレンジ料理で早めに食べましょう。
また、冷凍すると長期保存できます。
ただし、食感が悪くなってしまいます。

美味しく長期保存するには、塩漬けまま冷蔵保存しておきましょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする