冷感敷きパッドは蒸れる?!効果とデメリット|夏はリネンがおすすめ?

猛暑の夜は寝苦しいので、冷感敷きパッドが欲
しくなります。
でも、冷感敷きパッドで本当に快眠できるので
しょうか?
「冷感敷きパッドは蒸れるから好きではない」
という声も聞きます。

そこで、冷感敷きパッドの仕組みや効果・蒸れ
てしまう原因をご紹介していきます。

また、夏にぜひ有効活用したいおすすめの寝具
の素材についてもお話していきます。

スポンサーリンク

  

冷感敷きパッドは蒸れる?!効果とデメリット

冷感敷きパッドは、夏に人気ですよね。
ですが、「冷感敷きパッドは蒸れる」という声
を聞くこともあります。
   

冷感敷きパッドが蒸れる原因は、
「使われている素材の通気性・吸湿性・発散性
が悪い」ことにあります。
   
ポリエステル・ナイロン・ポリエチレンなどの
素材は、通気性・吸湿性・発散性が良くない素
材です。
   
このような冷感敷きパッドを使うと、素材の性
質上、どうしても蒸れやすくなってしまいます。

   

では、冷感敷きパッドは本当にひんやりするの
でしょうか?
   

最近人気の冷感敷きパッドは、ひんやりする特
殊繊維を使って作られています。

このタイプの冷感敷きパッドは、「気温が低い
場所に置いておくことで、ひんやり感が出てく
る」という仕組みです。

なので、寝る前に寝室を冷房で冷やし、冷感敷
きパッドも一緒に冷やしておけば、快適に寝ら
れますね。
   

逆に言うと、暑すぎる場所にこの冷感敷きパッ
ドを置いておいた場合、さほど涼しさを感じな
いというデメリットがあります。

   

また、主流ではありませんが、内部に冷感ジェ
ルパッドを内蔵している冷感敷きパッドもあり
ます。

これは、ジェルの冷たさが体に接触して体温を
下げるという、単純な形でひんやり感を生み出
します。

ただ、時間が経つとひんやり感がなくなります。
そのため、1時間もしないうちにぬるくなると
いうデメリットがあります。

スポンサーリンク

   

冷感敷きパッドよりリネンがおすすめ?

もし冷感敷きパッドを使うのであれば、綿など
の自然素材、もしくはレーヨン素材がおすすめ
です。

これらの素材であれば、通気性・吸湿性が良い
ため、蒸れることは少ないでしょう。

   

また、冷感敷きパッドに限らず、綿素材の寝具
は、夏の寝苦しい時期にとてもいいですよ。
蒸れないことももちろんですが、汗をよく吸っ
てくれて、吸った汗をすぐ蒸発させることがで
きるからです。

   
このように、夏に使う寝具の素材は、通気性・
吸湿性が優れているものが良いのです。

   

さらに、夏の時期は、リネン(麻)素材の寝具も、
おすすめしたい素材の1つです。

リネンというと、分厚くてゴワゴワした質感を
思い出すため、敬遠する人も多いですよね。

でも、リネンは、綿に負けず劣らずの通気性・
吸湿性を誇り、吸った汗の発散性も優れています。

また、綿以上に丈夫なので、何度洗濯してもほ
つれることなく長持ちするのが魅力です。
夏は汗などで寝具が汚れやすいですから、どう
しても洗濯の回数が増えてしまいますよね。
そんなこまめな洗濯にも、リネン素材は十分に
耐えることができる素材ですよ。

   

さいごに

冷感敷きパッドは、繊維の素材で冷感を出すタ
イプと、ジェルで冷感を出すタイプがあります。

ただし、ひんやりする素材の特徴として、通気
性などが悪いので、蒸れやすくなります。
   
夏に使いたい寝具の素材としては、蒸れにくい
ものがよいです。

通気性・吸湿性・発散性の良い綿やレーヨンは、
蒸れにくい素材です。

逆に、ポリエルテル・ナイロン・ポリエチレン
は蒸れやすいので、本来、夏には不向きです。

また、冷感敷きパッドのほか、夏は綿やリネン
素材の寝具を使うと、快適に寝ることができま
すよ。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする