じゃがいもがカビ臭いのはなぜ?食べれる?上手な選び方と保存方法

「買ったじゃがいもを出してみたら、カビ臭かった・・・」

そんな経験はありませんか?

見たところ傷んでいる様子がなくても、カビ臭いと、食べるのをちょっとためらいます

よね。

また、このようなカビ臭い「じゃがいも」は、食べてしまっても大丈夫なのでしょうか?

今回は、「じゃがいも」のカビ臭さの原因や食べれるのかについてご紹介していきます。

「じゃがいも」を上手に保存する方法なども併せてお話していきます。

スポンサードリンク

  

じゃがいもがカビ臭いのはなぜ?

購入後に「じゃがいも」の袋を開けた時など、カビ臭いことがあります。
   

「じゃがいも」のカビ臭さは、明らかにカビが生えている場合を除くと、” 土の臭い”

原因と言われています。
   

この場合、「じゃがいも」が傷んでいるわけではないので、調理に使っても大丈夫です。

でも、カビ臭さに加え、緑色に変色している箇所があったら、使うのを控えてください。

   

つぎに、イヤな臭いが気にならない、美味しい「じゃがいも」を選ぶためのポイント

見ていきましょう。
   

まず、「じゃがいも」の表面に傷がないか確認して、キレイなものを選びましょう。

そして、形がふっくらしていて、持った時に重みが感じられるものが良いです。

このような「じゃがいも」は、健やかに育っているので、安心して美味しくいただけます。

   

では、買った「じゃがいも」は、どのような形で保存したら良いのでしょうか?
   

「じゃがいも」は、高温多湿を嫌うので、風通しの良い日陰に保存しましょう。

この時、「じゃがいも」を1個ずつ、新聞紙で軽く包むことをオススメします。

1個ずつ包むのが面倒な場合は、4~5個ずつ一緒に包んでも大丈夫です。

また、箱の中に入れて保存する場合は、箱の底に新聞紙を敷きつめましょう。

スポンサードリンク

こうすることで、「じゃがいも」を湿気から守り、長持ちさせることができます。

暑い時期なら1週間程度ですが、寒い時期なら数ヶ月保存できます。

   

じゃがいもでカビ臭いのは食べれる?

さて、調理後の「じゃがいも」がカビ臭かった場合は、食べても大丈夫なのでしょうか?
   

調理後の「じゃがいも」の臭みの正体は、” アク ”” えぐみ ” だと言われています。

なので、ちょっと不快感を感じるかもしれませんが、食べても健康に問題はありません

   

でも、できればそのカビ臭さ(=アク)を取り除きながら調理したいですよね。
   
「じゃがいも」のアクを取るためには、「じゃがいも」を切った後、10分くらい水に

さらします。

調理前のこのひと手間で、アクは抜けていくので、カビ臭さも消えてしまいますよ。

手に取った時点でカビ臭い場合は、皮を少し厚めに剥くと、臭いが気にならなくなります。

   

さて、最後に、腐った「じゃがいも」にはどんな特徴があるのかを知っておきましょう。

まず、黒っぽい変色・茶色っぽい変色が見られ、茶色い汁が出ることもあります。

そして、カビ臭さとは違い、「明らかに腐ったような異臭」がします。

また、カビが生えていることが一目見てわかるという場合も、傷んでいます。

ちなみに、柔らかくなって、少しぷよぷよしているものは大丈夫です。

これは、保存によって水分が抜けただけなので、腐っているわけではありません。

   

さいごに

「じゃがいも」の” カビ臭さの正体 ” は、「土」「アクやえぐみ」なので、決して傷んで

いるわけではありません。

アクやえぐみに関しては、調理前に水にさらすことで消えていきます。

また、傷んだ「じゃがいも」は、見た目に異常があり、不快な異臭がするので、すぐに

わかります。

なので、美味しい「じゃがいも」の選び方&保存方法を知っておいてくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする