ハワイの海で日焼け止めが禁止!?おすすめは?子供用は必要?

紫外線が強い『ハワイ』の海では、「日焼け止め」が欠かせませんよね。

ところが、ハワイでは「日焼け止め禁止」に関する議論がされています。

そして、場所によっては、「日焼け止め禁止」というエリアもあるのです。

ハワイでの「日焼け止め禁止」はなぜなのでしょうか?

ここでは、『ハワイ』での「日焼け止め」について、知っておきたい知識

をまとめました。

スポンサードリンク

  

ハワイの海で日焼け止めが禁止!?

実はハワイ州では、医師の処方箋がない「日焼け止めの販売」を禁止する法案が

可決されました。(2018年5月)

この法案が正式採用されて施行されるのは、2021年1月からの予定です。

施行後は、ハワイ州では、ドラッグストアなどでの日焼け止めが販売できなくなります。

   

なぜ禁止されるのかというと、ハワイの海での ” サンゴ礁を保護する ” ためです。

日焼け止めに配合されているオキシベンゾンとオクチノキサートが、サンゴ礁に有害と

されています。

現在ドラッグストアなどで販売されている日焼け止めは、これらの成分を含むものが多い

です。

   

ただ、今のところ、禁止されているのは「販売」のみで、「使用」については触れられ

ていません。

そのため、観光地と呼ばれる場所のビーチでは、持って行った日焼け止めを使っても

大丈夫です

ただし、マウイなど、自然を大切にしているエリアでは、日焼け止めを全面禁止している

場合もあります。

そのため、知らずに使ってしまうと、厳しい対応をされてしまうこともあります。

   

ハワイでの日焼け止めでおすすめは?

ハワイで日焼け止めを使う場合は、日本のではなく、現地で購入したものがおすすめです。
   

ハワイは、日本の6倍くらい、紫外線が強いと言われています。

なので、日本の日焼け止めでは、どうしても防ぎきれないのです。

   

ハワイで日焼け止めを買う際は、SPF値が「50~100」くらいのものを選んでくだ

さい。

そして、日焼け止めを2種類揃え、パーツごとに使い分けるのがおすすめです。

顔など皮膚が薄い部位には、「SPF50」くらいの弱いものを使ってください。

また、は顔よりも皮膚が厚いので、「SPF70~100」くらいのものを使うと良い

でしょう。

スポンサードリンク

特に、ノースリーブで海辺を歩く場合は、「SPF100」くらいのものがおすすめです。
   

さらに、ハワイでは、日焼け止めを1回塗っただけで安心してはいけません。

汗ですぐに日焼け止めが流れてしまうので、数時間おきに塗り直しましょう

   

ハワイでの日焼け止めで子供用は必要?

さて、ハワイは紫外線が強いとはいえ、子供は大人よりも肌がデリケートですよね。

でも、日焼け止めを塗らないまま、ハワイの炎天下を歩かせることは危険です。
   

では、ハワイでは、子供の日焼け止めをどうしたら良いのでしょうか?
   

まず、大人と同じ「SPF50」以上のものは避け、「SPF30」くらいの日焼け止めを

使いましょう。

   

そして、日焼け止めの成分として、「紫外線吸収剤」ではなく、「紫外線散乱剤」を使って

いるタイプを選んでください。

「紫外線乱散剤」を使った日焼け止めは、紫外線が肌に到達する前に反射させてしまう効果

が期待できます。

そのため、子供のデリケートな肌への負担が少なくて済むのです。

   

ちなみに、ハワイには、このような子供向けの日焼け止めがあまり売られていないようです。

そのため、子供用の日焼け止めだけは、日本のものを買って持って行った方が良いでしょう

   
ハワイ 日焼け止め 禁止 おすすめ 子供用

   

さいごに

ハワイでは、サンゴ礁保護のため、日焼け止めの販売を禁止しているエリアがあります。

でも、日焼け止めの使用に関しては許可されているので、使っても問題ありません。

ハワイの紫外線は日本の6倍もあるので、現地で売っている強い日焼け止めを買いましょう。

また、日焼け止めを2種類買って、顔・体と使い分けることをおすすめします。

子供の場合は、肌が弱いので、日本製のマイルドな日焼け止めを使う方が良いです。

紫外線対策を万全にして、ハワイでの時間を楽しんでくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする