虫の死骸の車へのこびりつきは洗車機で落ちる?簡単に落とす対策は?

夏に増える車の虫汚れ。
とくに、お盆の帰省などで高速道路を長距離
走行する場合は後が怖い・・・。

車へのダメージが気になるけど、義実家だと
思うように洗車できないかもしれませんよね。

そんな場合は、どうすればよいのでしょうか?

今回は、車のフロントにつく虫汚れの洗車や
予防についてご紹介します。

スポンサーリンク

車の虫汚れは洗車機で落ちる?

車を運転していると、虫の汚れはどうしても
ついてしまいますよね。

とくに、夏場は虫が増えるので要注意です。

高速道路を走行すると、車に虫の死骸がたく
さんつきます。
夜間に走ろうものなら、車のフロント周辺は、
虫の死骸がびっしり・・・。
これは、夜間に高速道路を長時間走る場合、
スピードとライトの明るさで虫がぶつかりや
すくなるためです。

かといって、高速道路ではゆっくりのスピー
ドでは走行できないですよね。

なので、ついた虫の死骸を落とすしかありま
せん。

そこで、走行後についてしまった虫の死骸な
どの虫汚れの落とし方を見ていきましょう。

まずは、洗車機で虫汚れは落ちるのでしょうか?

汚れがついてすぐに洗車機にかければ、かな
り落とせることができるでしょう。

ですが、時間が経つと落ちにくくなるので、
洗車機では落としきれないでしょう。

この場合は、虫汚れをある程度落としてから
洗車機にかけるなどしましょう。

また、すぐに洗車できない状況なら、応急的
に虫汚れを取っておくのがおすすめです。

外出先でも手軽に使えるアイテムを常備して
おくと、ストレスを軽減できるのではないで
しょうか。

そんなアイテムとしては、拭き取りシート
洗い流しが不要な虫取りクリーナーが便利で
す。

◆「フクピカ 虫・フン取りシート 強化タイプ」
(ソフト99 価格:300円前後)

シートを取り出して拭くだけという手軽さが
人気です。
1枚で広範囲の汚れを拭き取れる大きめサイ
ズです。

だたし、こびりついた虫汚れは落ちにくいよ
うです。

また、拭いた後に拭きムラが残ってしまうこ
ともあります。
この場合は、タオル等で拭き取りましょう。

◆「プロクリーン 虫取りクリーナー」
(呉工業 価格:500円前後)

酵素で虫汚れのタンパク質を分解して除去し
やすくします。
クリーナーを吹きかけて、しばらく時間を置
いてから拭き取るだけでOKです。

アルカリ性ではないので、使用後の洗い流し
が不要なのが嬉しいですね。

虫の死骸による汚れは、すぐに洗車すれば落
ちやすいのですが、放置してしまったら、な
かなか綺麗に落とせなくなります。

なので、このように手軽に使えるアイテムは
便利ですね。

▼ 車に虫が寄ってくる原因や要因は?

『車についた虫の汚れを放置はNG!?虫がつくのはなぜ?虫汚れの防止策』

車のフロントについた虫汚れを簡単に落とす対策は?

つづいて、洗車で簡単に虫汚れを落とす方法
を見ていきましょう。

虫汚れは、車のフロント部分に多くつきます。
なので、フロント部分についてしまった虫汚
れを念入りに落とさなければいけません。

洗車機で洗う場合は、虫汚れをふやかして
ら洗車しましょう。

手洗いする場合は、次の手順で行ないます。

スポンサーリンク

(1)虫汚れをざっと落としておく

虫汚れがついたら、一番大切なのが、付着物
が硬くならないうちに必要な処理をすること
です。
前章で応急的な処置についてお伝えしていま
す。

まずは、便利アイテムを使って、虫汚れを
ざっと落としておきましょう。

そのまま放置してしまったら、こびりついて
汚れが落ちにくくなります。
さらに、車の塗装を傷める原因にもなりかね
ません。

(2)残っている虫汚れをふやかす

応急的に虫汚れを落としても、残ってしまう
こともあります。

残っている虫汚れは、濡れ雑巾や虫取り専用
シートなどを汚れに当てて、ふやかしてから
洗車します。

(3)専用の洗浄剤で洗車する

虫取り専用のシャンプーなどを使って、洗車
します。

このとき、アルカリ性のクリーナーなどを使
う場合は、しっかりと洗い流しましょう。

▼ 頑固な虫の死骸を「ふやかして」簡単に落と
 す強力虫取り剤(洗車用)

特殊な「浸透剤」を使用しているため、ボディ
のコーティング剤を落とすことなく、虫汚れを
除去。(税込価格:1,112円)※送料別


KeePer技研 キーパー技研 インセクトリムーバー 500ml ボディ・ガラス面の強力虫取り剤(洗車用)


また、こびりついた虫汚れを落とすのに便利
なのが、高圧洗浄機に頼る方法です。

高圧洗浄機を使えば、短時間で一気に虫汚れ
を落とすことができます。

ただし、車庫が広いなど、使用する場所が限
られるのがデメリットです。

付着が酷い場合は、費用が高くなりますが、
店舗での高圧洗車をお勧めします。

気に入った愛車なら、できるかぎり長く乗り
たいもの。

この時の費用を惜しんだら、車は傷みますし、
悔いも残ります。

最近は、防汚・付着防止のメンテナンスに適
した補修材がたくさん市販されています。

ですが、難しい箇所は専門家に任せた方がき
れいに、そして安全に仕上がります。

大切な愛車なら、ある程度プロの技術に任せ
た方が安心でしょう。

▼ 車に虫汚れがこびりつく原因を再確認!

『車についた虫の汚れを放置はNG!?虫がつくのはなぜ?虫汚れの防止策』

さいごに

車への虫汚れの付着は、一度や二度で済むも
のではありません。

フロントなど、何度も同じような箇所に虫の
死骸がこびりつくと、侵食されてしまいます。

気がついたら早目に対処することが大切です。

お盆時期などは、普段とは違う場所での洗車
となり、気を遣う事もあるでしょう。

その場合でも、便利なアイテムを準備してお
けば、車への虫汚れのこびりつきを防ぐこと
が出来ます。

すぐに虫汚れを落としておけば、洗車機でも
きれいになりますし、手洗いする場合も簡単
に汚れを落とせますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする