車についた虫の汚れを放置はNG!?虫がつくのはなぜ?虫汚れの防止策

夏になると、高速道路走行後だけでなく、車のボディにたくさんの虫の死骸を見つ

けるようになります。

この虫の死骸、そのまま放置すると、車が傷んでしまうということを知っていますか?

そうならないように、できるだけこまめに掃除したり、汚れ防止を行ったりする必要

があります。

そこで、虫の死骸が車に与えるダメージとその原因をまとめました。

そして、普段からやっておきたい汚れ防止の方法についてもご紹介していきます。

スポンサードリンク

車についた虫の汚れを放置するとどうなる?

車についた虫の死骸をそのまま放置するとどうなるのでしょうか?

虫の死骸の汚れを放置すると、車の塗装部分が錆びてしまいます

では、なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

虫が死ぬと、その体から体液が流れ出てきます。

車の上で虫が死んだ場合、その虫の体液が必然的に車のボディに付着してし

まいます。

これこそが、車を錆びさせてしまう原因なのです!

また、錆びだけでなく、変色にも繋がるので、車には大きなダメージです。
   

さらに、虫の体液の厄介な点は、タンパク質を含んでいるという点です。

タンパク質が含まれた汚れは、非常に落ちにくいのです

そのため、「落ちにくくて面倒だ」と、汚れをそのままにしてしまう人も多い

ようです。

しかし、そのまま放置すると、汚れがどんどん奥に入り込んでしまいます

その結果、塗装部分に穴が開いてしまったり、塗装部分が割れてしまったりし

ます。

ここまで来てしまうと、もうお手上げ状態ですよね。

そのため、できるだけ早く、汚れを落としておく必要があるのです

   

車に汚れがつくのはなぜ?

では、なぜ車に虫の汚れが付きやすいのでしょうか。
   
虫の習性として、ライトや光を反射するものに寄ってきます

ボディーカラーが明るい車体も、虫が寄ってきやすいです。

高速道路を夜間に走行する場合は、スピードが出ているので、ライトに寄ってき

スポンサードリンク

た虫が衝撃でつぶれてしまいます。

このため、虫の体液が車に付いてしまいます。

   
さらに、夏特有の原因がプラスされます。

夏に増える車の虫汚れの原因について見ていきましょう。
   

1つ目は、夏の猛暑によるものです。

夏は、外を飛び回っている虫が、猛暑に耐えきれずに死ぬことがよくあります。

その死骸の落下地点が車の上だった、というケースがとても多いのです。

特にここ何年かは猛暑が続いているので、この現象が増えてきています。

この死骸を放置すると、虫汚れがこびり付いてしまうのです。

   
2つ目は、車のボディの温度です。

実は車の上は、虫にとって、格好の休憩場所です。

しかし、車のボディは、熱くなりやすいですよね。

この熱さで、車の上で休んでいた虫が死に、そのまま死骸が汚れとなって付着

するのです。

   

車に虫の汚れ付着を防止するために

車に虫の汚れが付着しないようにするために、普段から汚れ防止を行っておきま

しょう。

汚れ防止としてオススメの方法は、車のボディのコーティングです。

これを行うことによって、汚れがつきにくくなるのです

使うのは、市販のガラスコーティング用のスプレーです。
   

より高い効果を期待する場合は、プロの業者に依頼するのも良いですね。

コーティングをすると、汚れがついても、水で洗い流すだけでOK!

ただし、汚れが付着したら、その日のうちに必ず水で洗い流してくださいね

放置してしまうと、コーティング剤との化学変化で、シミになる場合があります。

   
▼ 関連記事
『虫の死骸の車へのこびりつきは洗車機で落ちる?簡単に落とす対策は?』

   

さいごに

車についた虫の汚れは、車の塗装を錆びさせてしまう厄介なものです。

放置すればするほど、後が大変なことに・・・!

なので、汚れに気づいたら、できるだけ早く落とすようにしてくださいね。

また、車をコーティングしておくと、汚れがつきにくく落ちやすいボディに

なります。

このような汚れ防止の方法も、ぜひ取り入れてみてください。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする