白菜栽培の害虫対策|アブラムシに要注意!?取り方&防除は?

冬の食卓に欠かせない「白菜」は、家庭菜園でも人気です。
ですが、白菜の栽培は虫が付きやすいのが難点です。
とくに要注意なのが「アブラムシ」です。

白菜栽培でのアブラムシなどの害虫対策はどうすれば良いの
でしょうか?
害虫の予防対策や、アブラムシの取り方&防除について紹介
していきます。

スポンサーリンク

白菜栽培の害虫対策と予防は?

冬に美味しい野菜である「白菜」は、キャベツや大根と同じ ” アブラナ科 ”
です。

これら ” アブラナ科 ”の野菜は、害虫が発生しやすく、栽培には手がかかります。
害虫対策は大変ですが、手をかけた分、収穫した白菜は、とても美味しいですよね。
なんといっても、葉が柔らかくて味がいいので、いくらでも食べられます。

   

では、白菜の栽培において害虫に気を付ける時期から見ていきましょう。
   
白菜の場合、葉が出てきて、葉が巻き始めるころ(結球)から、
寒くなるまでの間が、特に害虫に注意が必要な時です。

白菜につく害虫としては、コナガやヨトウムシの幼虫アブラムシハクサイダニなど
がいます。

これらの害虫は、葉を食害したり、葉の汁を吸ったりします。
その結果、最悪の場合は、株全体が枯れてしまうこともあります。

   

害虫による被害を防ぐには、「予防」が大切です。

「予防」するための対策としては、

● 植え付け時の土づくり
● 種まき時の薬剤使用
● 防虫ネットの使用

などが効果があります。
   

アブラムシなど害虫は、弱い株に発生しやすくなります
なので、力強く成長するように土づくりをしてあげると、虫がつきにくくなります。
そして、防虫ネットで、虫の侵入を防ぐと効果的です。
ですが、防虫ネットを過信してはいけません
ネットがしっかりと張れていないと、隙間から害虫が侵入してしまうのです。

   
このように予防対策をしていても、どうしても100%害虫を防ぐことは出来ません。
害虫が発生した場合は、どうすればよいのでしょうか?
今からでも行える対策があるのでしょうか・・・
   
今からでもできる対策としては、

発見した虫を取り除く
● 被害にあった葉を処分する
薬剤などを使う

といった方法などになります。

   

白菜栽培でのアブラムシの取り方&防除は?

「白菜」は、虫がつきやすい野菜です。
中でも、アブラムシは、白菜の葉につく困った害虫です。

「白菜」以外の野菜や花などにも発生するどこにでもいる虫です。
しかも、1年中発生します。
特に注意が必要な時期は、9~11月の繁殖期となります。
   

アブラムシは、葉につくと、どんどん増えていきます。
繁殖力が強く、集団で葉に付きます。
アブラムシがびっしりとついている光景は見たくないものです。
   

アブラムシによる被害としては、葉の汁を吸ったり、天敵を遠ざけるだけでなく、
蟻を寄せ付けたりします。
しかも、ウイルスを媒介することもあり、厄介なのです。
この「ウイルスを媒介する」というのは、他の作物がかかったウイルス病を
アブラムシが運んできてしまうのです。
モザイク病などがそうです。
これは、放ってはおけません。

   

ということで、葉の裏にアブラムシを発見したら、すぐに対策をしましょう!

白菜の場合、葉の裏にアブラムシの集団を発見したら、その葉は処分します。
そして、次のような方法で退治していきます。

   
★無農薬にこだわるなら・・・

薬剤をあまり使用したくないなら、「牛乳スプレー」がおすすめです。
牛乳が乾くときにできる膜でアブラムシを閉じ込め、退治してくれます。

方法はとても簡単です!

1.スプレーボトルに牛乳を入れます。

2.天気の良い日に、アブラムシのいる白菜全体に噴射します。

スポンサーリンク

3.乾いたら、水で洗い流します。

※牛乳スプレー使用前の水やりは控えてください。
 乾燥後に水で洗い流すので、水の与えすぎになります。


「牛乳スプレー」は薬剤ではないので、安心・安全といったメリットがありますが、
臭いが気になるといったデメリットもあります。
周辺の状況に合わせてご使用ください。

また、乾燥後は、放置せずに水で洗い流しましょう
長時間放置してしまうと、牛乳の膜を洗い流すのが大変になります。

   

★手間ひまかけるなら・・・

手間ひまかけて大切に育てるなら、アブラムシがいないかこまめにチェックし、
発見したら手で取り除きます。

この時に使うと便利なアイテムが2つあります。
   

刷毛(はけ)

発見したアブラムシを「刷毛」でかき落とします。

その際、シートを敷くなどして「白菜」の側に落ちないよう気を付けましょう。
   
クラフトテープ

紙素材のテープです。
これで、アブラムシをくっつけて取り除きます。

   

★薬剤を使うなら・・・


お手軽にできる対策方法ですが、農薬なので使用方法には注意が必要です。

アブラムシに効果があり、収穫日前日または3日前まで使用出来る薬剤には、
次のようなものがあります。

・『ウララDF』・・・「収穫前日」まで使用できます

・『アグロスリン水和剤』・・・「収穫前日」まで

・『スタークル顆粒水溶剤』・・・「収穫3日前」まで

・『コルト顆粒水和剤』・・・「収穫3日前」まで

使用する際は、その薬剤の注意書きをよく読んで、安全に使用してください。
   

▼ 食品成分の殺虫殺菌剤『ベニカマイルドスプレー』もおすすめです。

オーガニック栽培で使用できる食品成分で作られています。
収穫の前日まで使用でき、回数制限もありません。
3本セット[税抜価格:2,012円] ※送料別

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー 1000ml×3本 アブラムシ類 コナジラミ類 ハダニ類駆除 うどんこ病対策 ベニカ マイルドスプレー

   

上記のような方法で、アブラムシを少ないうちに駆除できたら、もう寄せ付け
たくないですよね。

そんな場合は、つぎのような方法を試してみてはいかがでしょうか。
   

★シルバーのマルチシートを敷く

アブラムシは、キラキラと光を反射するものを嫌います
なので、シルバーのマルチシートを敷くと、寄せ付けにくくします。

   
   

▼ 白菜の栽培で注意するべき害虫はアブラムシだけではありません。
 涼しくなる季節にも注意が必要なのが、「ヨトウムシ」です!
「ヨトウムシ」の対策に関しては、こちらの記事でご紹介しています。

『白菜にヨトウムシを見つけたら害虫駆除を!害虫対策はどうする?』

さいごに

上手に育てた「白菜」は、葉が柔らかくて本当に美味しいです。

「白菜」は、さまざまな料理に使えるので、家庭で栽培して収穫出来ると、
家計の助けにもなります。

ただ、「白菜」は、虫がつきやすく、特にアブラムシには注意が必要です。
アブラムシの対策としては、いくつかあります。
栽培方法や環境に合わせて方法をお選びください。

アブラムシなどの害虫から守り、美味しい「白菜」を収穫してくださいね。

   

▼ ところで、「白菜」って、栄養あるのでしょうか?
 お鍋に入れると、たくさん食べられるけど・・・・
 そんな「白菜」の栄養についての記事は、こちらです ↓↓↓

『白菜は栄養あるの?健康効果と栄養を効果的に摂るレシピをご紹介!』

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする