カメムシが大量発生すると雪が多い?発生時期と活動する気温は?

「カメムシが多いと大雪が降る」
そんな噂を聞いたことはありませんか?

でも、この噂の根拠や信ぴょう性はどうなのでしょうか。
ちょっと気になりますよね。

そこで、カメムシの大量発生と雪との関係について調べてみました。
また、カメムシの発生時期や活動時期、活発に動き出す気温などについても
触れていきます。

スポンサードリンク

  

カメムシが大量発生すると雪が多い?

実は、昔から、「カメムシが大量発生すると大雪が降る」という言い伝えが
あったようです。
特に西日本でよく言われていたそうです。

実際、「カメムシが大量発生した年に雪が多かった」という記録も残ってい
るそうです。

   

しかしながら、これはただの言い伝えで、科学的根拠はないとされてい
ます。
そのため、今のところ、「偶然が重なっただけ」という説が有力であるよう
です。

   

でも最近は、「異常気象によって、カメムシが人間の住処に大量発生した」
という報告もあります。

異常気象によって、カメムシが元の住処を追われ、人間が暮らすエリアに
進出してきてしまったのですね。

異常気象の現象の中には、極端な大雪も含まれます

異常気象でカメムシが大量発生し、その異常気象の一環で大雪となること
はありえるということです。

そのため、「カメムシと大雪は全く関係がない」とは言い切れない部分も
あるようです。
   
ただ、「カメムシが原因で大雪が降った」という因果関係はありません。

   

カメムシの発生時期は?

では次に、カメムシはいつ発生するのか、その時期についてお話していき
ます。

   

カメムシは、1年に2回発生時期があり、4月と9月に発生します
   
それぞれの時期の前には、産卵期や繁殖期がありますが、寒い場所では
繁殖できません。
そのため、カメムシは産卵前、温かい場所を求めて大移動するようです。

スポンサードリンク

   

では、カメムシが活発に活動する時期は、具体的にはいつ頃なのでしょうか。
   

カメムシの活動時期は、4~8月頃と、10~11月頃となります。

4~8月に活動するものは、主に、その年の前年に生まれたカメムシです。

そして、10~11月に活動するものは、その年に生まれたカメムシらし
いです。

カメムシは年に2回も発生するので、活動時期も頻繁に巡ってくるのですね。

   

さて、先ほど、「カメムシは寒い場所が苦手で、暖かい場所を好む」とお話
しました。
   

では、カメムシが活発に活動する気温は、どのくらいなのでしょうか?
   
カメムシは、気温が15℃以上になると活動を始めます。
そして、20℃を超えると大量発生し、さらに活発化するようです。

この気温から、春先からはすでに、活動を活発化することが分かります。

また、夏になると、カメムシが好む気温となるため、夏は特にカメムシに
用心した方が良さそうです。

個人的には、猛暑が落ち着いた頃に多く見かける印象があります。
とはいえ、寒い時以外は見かける可能性があるということですね。

   

さいごに

「カメムシが大量発生すると大雪が降る」という話には、科学的根拠は
ありませんでした。

ただし、異常気象によってカメムシが大量発生し、さらに、異常気象の一環で、
その年に大雪が降ることはあります。

そんなカメムシは、4月と9月の年2回発生時期があります。
そして、4~8月・10~11月に活発に活動し始める傾向があるようです。

また、カメムシは暖かい気候を好み、15度を超えると大量発生し、活動も
活発になります。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする