白菜にヨトウムシを見つけたら害虫駆除を!害虫対策はどうする?

最近、家庭菜園でも人気の『白菜』ですが、ちゃんと
結球してくれるかどうか

ドキドキの時期となりましたね。

立派な『白菜』に育ってくれることを期待しながら、
お世話されていることでしょう。

そんな時に害虫を見つけたら、どうしますか?

「他の葉にもいないか?」
「このまま白菜がダメになってしまうのでは・・・」

などなど不安でいっぱいになってしまいますよね。

今回は、『白菜』の害虫である「ヨトウムシ」の駆除
と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

  

白菜にヨトウムシを見つけたら害虫駆除を!

『白菜』には、蛾の幼虫などの害虫がつきやすいです。

とくに、「ヨトウムシ」は、夏の暑さが落ち着いた頃からが
発生しやすい時期となります。

なので、白菜の結球前は、「ヨトウムシ」に要注意です。
   

白菜の葉に「ヨトウムシ」がつくと、葉を食べつくされて
しまうことがあります。

白菜の苗を植え付け後、すぐに防虫トンネルをかけておくと、
ある程度は「ヨトウムシ」を防ぐことができます。

しかし、これも完璧に防御できるわけではありません。

ちょっとした隙間から侵入したり、土の中にいる場合もある
からです。
   

また、防虫トンネルをかけていないという場合もあるでしょう。

   
「ヨトウムシ」から『白菜』を守るにはどうすればよいので
しょうか?

   
まずは、毎日、葉をよくチェックすることです。

「ヨトウムシ」の成虫は、葉の裏に産卵します。

そして、「ヨトウムシ」の卵を見つけたら、葉ごと処分しま
しょう。

この段階では、畑に「ヨトウムシ」の卵を残さないことが
重要です。

葉ごとゴミに出すなどして、確実に処分するようにしてください。

もし、「ヨトウムシ」の幼虫を見つけたら、ピンセットなどで
取り除いて駆除しましょう。

虫食いの葉がないか、よく観察して、虫食いを見つけたら、
徹底的に捜索して捕まえるようにすると、被害の拡大を防ぐ
ことができます。

葉のチェックには、時間と手間がかかりますが、美味しい『白菜』
を収穫するためには大切な作業となります。

   

白菜につくヨトウムシなどの害虫対策は?

『白菜』の葉に「ヨトウムシ」がついていなかったり、早めに
駆除できたら、ひとまずは安心です。

スポンサーリンク

ですが、しばらくは「ヨトウムシ」には注意が必要です。

   
今からでもできる「ヨトウムシ」などの害虫対策ってあるので
しょうか?

   
★忌避効果がある植物を植える


『白菜』の側に忌避効果がある植物を植えると、害虫を遠ざける
ことができます。

忌避効果がある植物で、おすすめなのが「パセリ」です。

「パセリ」は、『白菜』との相性がよいとされており、スペース
もあまり取らないので、『白菜』の側に植えるのに適しています。

その他では、「シュンギク」や「ローズマリー」「ミント」など
です。

ただし、「ローズマリー」と「ミント」は、根が広がりやすいので、
混植は避けましょう。

必ず鉢植えを側に置くようにしてください。

   
★天敵である生き物に退治してもらう


「ヨトウムシ」の天敵は、「クモ」「カエル」「カマキリ」などです。

どこにでも居そうな天敵たちですね。

『白菜』の周りで、このような天敵たちを見かけないなら、呼び寄せ
て、「ヨトウムシ」を退治してもらうという方法もあります。

「クモ」なら、『白菜』の脇に枯れ草などを敷いておくと、「クモ」
の住みやすい環境となります。

また、近くにお花を植えると、「寄生バチ」が寄ってきて、害虫を
退治してくれます。

   
『白菜』を畑で栽培しているのなら、これらの生き物に助けてもらい
やすいでしょう。

この場合は、化学農薬を使いすぎないようにして、天敵たちが住みや
すい環境を作るようにするとよいでしょう。

   
プランターで栽培しているのなら、天敵に頼るのは難しい場合がある
でしょう。

この場合は、忌避効果のある植物に頼るのがよいかもしれません。

   
それと、『白菜』に肥料を与えすぎると、害虫が好む野菜になって
しまいます。

肥料は適量にし、元気な野菜に育てることも、害虫の被害から守る
ためには大切なポイントとなります。

   

さいごに

野菜を育てていると、害虫対策は必ずといっていいほど必要となり
ます。

できるだけ、農薬を使わずに、安心して食べることができる『白菜』
に育てたいですよね。

葉のチェックをこまめに行い、『白菜』と相性のよい生き物や植物に
助けてもらいましょう。

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする