あじさいの鉢植えは花が終わったらどう管理する?植え替え時期と方法

お花が大好きな方にとっては、花が終わってしまうとちょっと寂しい気持ちに

なりますよね。

しかし、そんなお花達は、その後の管理が大切です。

花が終わった後に、しっかりお手入れしてあげれば、また次の年に綺麗なお花を

咲かせてくれるのです。

中でも「あじさい」は、梅雨時期に見事な大輪の花を咲かせます。

そして、比較的お手入れの簡単な植物でもあります。

今回は、そんな「あじさい」の鉢植えでの育て方や、花が終わった後のお手入れ

について、知識を深めていきましょう。

スポンサードリンク

  

あじさいの鉢植えで花が終わったらどう管理する?

まず、「あじさい」は、熱帯アジアが原産の落葉低木です。

5月末頃から8月頃にかけて美しいお花を咲かせます。

とくに、梅雨時期には見事な花を咲かせることで、有名ですよね。

その花の色も、その土の栄養素によって、白、ピンク、赤紫、青、紫、バイカラーなど

様々な色を咲かせることから、「移り気」なんて花言葉が付けられるほどです。

今では、品種も豊富で、ますます人気が高まっています。
   

そんな「あじさい」ですが、花が終わったら一体どのように管理したら良いのでしょうか?

「あじさい」は、花が終わったら剪定をしてあげましょう。

とはいえ、必ずしもやらなければいけないわけではありません。

そのまま放っておいても、今年花が咲かなかった枝に花芽が付いて、翌年花を咲かせ

てくれます。

しかし、「あじさい」の花は、枝の先端につくという性質があります。

なので、この剪定を行わないと、花が木の先端にばかり付くようになってしまいます。

また、「あじさい」は、成長するのがとても早く、大きくなるという特徴もあります。

鉢植えなどの栽培スペースに限りがある場合は、剪定を行わないと株が大きくなりすぎ

てしまいます。
   

剪定方法は、花が終わった後、花の下の葉っぱ2~4枚下の枝で切ってあげます。

そうすれば、翌年も花をつけて、美しく咲いてくれます。

大きくなりすぎたため、わざと花をつけさせない場合には、全体の長さの3分の1くらいまで

カットしてしまいましょう。

   

あじさいの鉢植えを植え替える時期と方法は?

まず、鉢植えの「あじさい」を庭植えにする最適な時期について見ていきましょう。


この場合の適期は、花が終わった後の7月下旬~9月下旬とされています。

というのも、花が咲いている時に植え替えを行うと株が弱ってしまうからなのです。

スポンサードリンク

「あじさい」の植え替えをする際には、必ず花が咲き終わるのを待ってからにしましょう。

   

そして、植え替える場所ですが、「あじさい」は、水はけのよい土壌で、適度に日の当たる場所

を好みます。

梅雨時期に咲くので、日が当たらない方がいいのかと思われるかもしれません。

ですが、適度に日が当たらないと、花が咲かないのです。

明るい日陰や、日の当たる時間があるような日陰がベストですね。

また、「あじさい」の花は、冷たい風に当たると枯れてしまいます

なので、風よけのあるような場所に植えたほうが良いです。

   

では、植え替えの方法です。

「あじさい」を植え替える際には、大きなスコップと完熟の腐葉土を準備しましょう。

「あじさい」を植え替える場所に、スコップで根鉢よりもひと周り大きな穴を掘ります。

ここで掘った土に、掘り上げた分の3割ほど腐葉土を混ぜます。

掘った穴に腐葉土を混ぜた土を少し戻し、植木鉢から抜いた「あじさい」を植えます。

土を地面よりもちょっと低くなるように戻します。

そして、ここで水やりです。

根っこの周りに水が溜まるくらいしっかりと水をあげましょう。

この水が引いたら、残りの土を入れ、地面と同じ高さにします。

その後、足で踏み固めます。

これで植え替えは完了です。

もし、鉢植えのままにしたい場合は、ひと周り大きな鉢に植え替えましょう。

   

植え替え後の管理としては、「あじさい」の根が土にしっかりと根付くまで、

毎日水やりを行いましょう。

枝や葉が出てきたら根付いた証拠なので、もう毎日の水やりは必要ありません。

「あじさい」は、庭植えにすると、そこから必要な分の水分を吸収できるのです。

ですから、基本的に水やりをしなくても良いのです。

なんともお手入れが簡単な植物ですね。

しかし、真夏に葉がしおれているようであれば、水やりをしてあげましょう。

ですが、定期的に水やりをし過ぎると、それに慣れてしまいます。

そのため、水切れに弱くなるので、水のやりすぎには注意しましょうね。

   

さいごに


「あじさい」って意外とお手入れが簡単です。

ちゃんとお手入れしてあげると、毎年花を咲かせてくれます。

お庭に1つあると、とっても華やかになりそうですよね。

もしも、鉢植えの「あじさい」のお花が終わったら、是非とも剪定や植え替えに

チャレンジしてみてくださいね。

そして、来年も美しい「あじさい」のお花を楽しみにしておきましょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする