【アジサイの鉢植え】花が終わった後の管理方法!剪定や植え替えいつ?

梅雨の頃に美しく咲いてくれる「アジサイ(紫陽花)」。
いつまでも咲いていてほしいのですが、お花が咲く時期も終わる時がきます。
「アジサイ」を育てるうえで、花が終わった後の管理は大切です。
花後の管理としては、「剪定」と「植え替え」があります。
そこで、「アジサイ」の鉢植えで花後のお手入れや植え替えについて紹介していきます。

スポンサーリンク

  

アジサイの鉢植えで花が終わったらどう管理する?

「アジサイ(紫陽花)」は、熱帯アジアが原産の落葉低木です。
5月末頃から8月頃にかけて美しいお花を咲かせます。
とくに、梅雨時期には見事な花を咲かせることで、有名ですよね。

その花の色も様々です。
その土の栄養素によって、白、ピンク、赤紫、青、紫、バイカラーなどの花を咲かせます。
このことから、「移り気」なんて花言葉が付けられるほどです。

今では、品種も豊富で、ますます人気が高まっています。
   

そんなアジサイですが、花が終わったら一体どのように管理したら良いのでしょうか?

アジサイは、花が終わったら剪定をしてあげましょう。

とはいえ、必ずしもやらなければいけないわけではありません。
そのまま放っておいたら、翌年花が咲かないかもと思われているかもしれませんね。
剪定しなくても、今年花が咲かなかった枝に花芽が付いて、翌年花を咲かせてくれます。

ですが、鉢植えのアジサイの場合は、剪定するようにしましょう

アジサイの花は、枝の先端につくという性質があります。
この剪定を行わないと、花が木の先端にばかり付くようになってしまいます。

また、アジサイは、成長するのがとても早く、大きくなるという特徴もあります。
鉢植えなどの栽培スペースに限りがある場合は、剪定を行うことで、株を適切な状態で保つことができます。
   

では、【剪定方法】を見ていきましょう。

花が終わった後、花の下の葉っぱ2~4枚下の枝で切ってあげます。
花の終わりは、装飾花の色が褪せてしまったのを目安にしましょう。
アジサイは、9月下旬以降に翌年の花芽をつけます。
なので、ここまでには剪定を終わらせておかないといけません。
剪定が遅くなると、花芽がつく枝の成長が遅れるので、早めに行うのがよいです。
花後~7月末までに剪定を行うようにしましょう。

アジサイは、このように適切に剪定しておば、翌年も花をつけて、美しく咲いてくれます。

   

アジサイの鉢植えを植え替える時期と方法は?

まず、鉢植えのアジサイを庭植えにする最適な時期について見ていきましょう。

スポンサーリンク


植え替えの適期は、花が終わった後の7月下旬~9月下旬とされています。

というのも、花が咲いている時に植え替えを行うと株が弱ってしまうからなのです。
アジサイの植え替えをする際には、必ず花が咲き終わるのを待ってからにしましょう。

   

そして、植え替える場所ですが、アジサイは、
水はけのよい土壌
適度に日の当たる場所
を好みます。

梅雨時期に咲くので、日が当たらない方がいいのかと思われるかもしれません。
ですが、適度に日が当たらないと、花が咲かないのです。
明るい日陰や、日の当たる時間があるような日陰がベストですね。

また、アジサイの花は、冷たい風に当たると枯れてしまいます
なので、風よけのあるような場所に植えたほうが良いです。

   

では、植え替えの方法です。

【アジサイの植え替えの方法】

(1)アジサイを植え替える際には、大きなスコップと完熟の腐葉土を準備しましょう。
植え替える場所に、スコップで根鉢よりもひと周り大きな穴を掘ります。

(2)ここで掘った土に、掘り上げた分の3割ほど腐葉土を混ぜます。

(3)掘った穴に腐葉土を混ぜた土を少し戻し、植木鉢から抜いたアジサイを植えます。
土を地面よりもちょっと低くなるように戻します。

(4)そして、ここで水やりをします。
根っこの周りに水が溜まるくらいしっかりと水をあげましょう。

(5)この水が引いたら、残りの土を入れ、地面と同じ高さにします。
その後、足で踏み固めます。


これで植え替えは完了です。

   

スポンサーリンク

   

鉢植えのままにしたい場合は、ひと周り大きな鉢に植え替えましょう。

   

植え替え後の管理としては、アジサイの根が土にしっかりと根付くまで、毎日水やりを行いましょう。
枝や葉が出てきたら根付いた証拠なので、もう毎日の水やりは必要ありません。

アジサイは、庭植えにすると、そこから必要な分の水分を吸収できます。
ですから、基本的に水やりをしなくても良いのです。
なんともお手入れが簡単な植物ですね。

しかし、真夏に葉がしおれているようであれば、水やりをします。
ただし、定期的に水やりを与え過ぎると、それに慣れてしまいます。
そのため、水切れに弱くなるので、水のやりすぎには注意しましょう。

   

さいごに


アジサイって意外とお手入れが簡単です。
ちゃんとお手入れしてあげると、毎年花を咲かせてくれます。

鉢植えのアジサイを庭に植え替えることで、さらに管理が簡単になります。
お庭にアジサイが咲くと、とっても華やかになりそうですよね。

鉢植えのアジサイのお花が終わったら、是非とも剪定や植え替えにチャレンジしてみてくださいね。

そして、来年も美しいアジサイのお花を楽しみにしておきましょう。

スポンサーリンク

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!