読書感想文の書き方 小学生で3枚も書ける?コツや原稿用紙の書き方

小学生の夏休みの宿題は親にとっても大変です。
なかでも、「読書感想文」は後回しにしがちで
すよね。

というのも、子供が読書感想文の書き方を知ら
ないケースが多いです。
なので、親は最初から最後まで見てやる必要が
あるので、時間を取られてしまいますよね。

しかも、小学生で原稿用紙3枚も書かないとい
けないとなると、時間を確保して取り掛からな
ければならないでしょう。

そこで、さっさと読書感想文の宿題を終わらせ
るための書き方のコツや原稿用紙の書き方をご
紹介していきます。

スポンサーリンク

  

読書感想文の書き方 小学生で3枚も書ける?

小学生の夏休みの宿題で「読書感想文を原稿用
紙3枚」とあると、そんなに書けるのかと心配
になります。

ですが、本の選び方や読み進め方を意識すれば
原稿用紙3枚は書けてしまうものです。
   

では、まずは本の選び方を見ていきましょう。
   

学校によっては、夏休み前に学校図書の本を数
冊借りて帰るのではないでしょうか。

そのなかから、より興味を持って読める本を選
ぶのが手っ取り早いです。
ほかに探すなら、伝記や推薦図書などから面白
そうな内容のものを選ぶとよいでしょう。

   

そして、読み進め方ですが、読み始める前に読
書感想文にどのような事を書けばいいのかを書
き出しておきましょう。
   

読み進める時は、メモを取りながら読むか、も
しくは、書きたい内容や印象に残る箇所に付箋
を付けるようにしていきます。

付箋を使う場合は、感想文のどの部分に書きた
いかが分かるようにすると、スムーズに書き進
めることができるでしょう。

例えば、読書感想文の構成を決めて、番号を付
けます。
その番号を付箋に書いて貼り付けるなどです。
   

このようにして本を読んだら、内容をしっかり
覚えているうちに書いてしまいましょう。
本を読むのに数日かかるかもしれませんが、読
み進める時は、日にちを空けずに最後まで読ま
せるのがおすすめです。
読み始めてから、感想文を書き終わるまでの日
数を最短にするのもさっさと宿題を終わらせる
コツのひとつです。

スポンサーリンク

   

読書感想文 書き方のコツは?

さて、読書感想文にはどのようなことを書けば
よいのでしょうか?
   
構成を見ていきましょう。
   

(1)タイトル

(2)その本を選んだ理由

(3)あらすじ

(4)主人公など登場人物の長所や気持ちなど

(5)気になった内容や疑問など

(6)その本から学んだことや自分の気持ちの
変化など

   
このような構成にして書くと、原稿用紙3枚は
結構簡単に書けるでしょう。
   

ここで、ひとつ注意したいのが、「あらすじ」
の書き方です。
「あらすじ」を子供が書くと、ついつい長くな
ってしまいがちです。
3行以内が理想です。
長くても5行以内に収めるようにしましょう。
なので、ここは、親子で一度話をまとめてみる
と書きやすいでしょう。
   

また、「タイトル」の決め方ですが、最初に決
めてしまわず、書く内容が決まってから決めて
もよいでしょう。

   

読書感想文の書き方 原稿用紙への書き方

読書感想文に書く内容がだいたい決まったら、
原稿用紙に書いていきます。
   

まずは、タイトルを書きますね。
   
これは、原稿用紙の1行目に上3マス空けて
くのが一般的です。
   

そして、そのすぐ隣の行に氏名を書きます。
   

氏名の横は1行空けて本文を書きだします。
その際は、上1マス空けます。
   

その後は、段落が変わるところで上1マス空け
ます。
   

文章が行の一番下のマスで終わり、「。」や
「、」などの句読点が入らない場合があります。
この場合は、マス外に句読点を書きます。
次の行の一番上のマスに句読点を書かないよう
にしましょう。

   

さいごに

いかがだったでしょうか?

読書感想文にどのようなことを書けばよいのか
を知っておくと、読み終わってからスムーズに
書けるでしょう。

読書感想文は、親にとっても大変な宿題です。
ですが、子供の思わぬ成長に気づかされること
もあります。
子供が書き終わった感想文は、一度目を通して
みてくださいね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする