衣替えで臭いがつくのは保管方法が原因? 臭いをつけないコツ!

「衣替え」の際に、それまで収納されていた衣類に嫌な「臭い」がついていたという

経験はありませんか?

何ヶ月も衣類をしまいっぱなしにしていると、どうしても嫌な臭いがつきやすくなります。

では、「衣替え」で衣類に臭いがついてしまうのは、何が原因なのでしょうか?

また、衣類を保管する時、臭いがつかないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

  

衣替えで臭いがつくのは保管方法が原因?

「衣替え」で保管していた衣類につく臭いには、いくつか種類があります。

じめっとした臭い” や ” 薬品のような臭い”、” カビのような臭い” などです。

   
まず、” じめっとした臭い” や ” 薬品のような臭い” は、保管の時の通気性の悪さ

原因です。

通気性が悪いと、どうしても衣類が湿気だらけになってしまいますよね。

これが、” じめっとした臭い” を発生させてしまうのです。

また、通気性が悪いことで、防虫剤の臭いが、衣類を保管している箱や袋にこもって

しまいます。

その結果、” 薬品のような臭い” を充満させてしまうようになるのです。

   
カビのような臭い” がする時は、実際にカビが発生しています。

これも、保管の時の通気性の悪さが原因です。

カビは湿気がある環境を好むので、通気性が悪いとどんどん繁殖してしまいます。

カビを放置すると、臭いだけでなく、衣類が傷んでしまうこともあるので、気をつけて

くださいね。

   
いずれの臭いの場合も、衣類を保管する時の通気性の悪さが大きな原因と言えます。

衣替えで臭いをつけないコツは?

では、「衣替え」の際に「臭い」がつかないようにするには、どのように衣類を保管

スポンサードリンク

したらよいのでしょうか。

   
まず、衣類は、しまう前に全てキレイに洗濯しましょう。

衣類にシミや汚れが残ったまま保管すると、臭いの原因になることがあります。

つぎに、衣類をしまった後は、1~2週間に1度くらいはクローゼットを開けましょう。

こうすることにより、衣類に風が吹き込んで、湿気がこもってしまうのを防ぐことがで

きます。

ただし、梅雨時など湿気の多い時期は、クローゼットを開けるだけでは足りません。

この時期は、除湿器などで除湿を行うようにしてください。

   
そして、衣類を保管する時には、「防虫剤」を使うこともありますね。

これも、嫌な臭いの原因になってしまうことがあります。

そうかといって、防虫剤を使わないのも不安になりますよね。

大切な衣類を虫食いから守るためには、防虫剤も有効です。

なので、防虫剤を使う場合は、できる限り無臭タイプのものを選ぶことをオススメします。

そして、防虫剤を入れる際は、衣類に直接触れないように注意してください。

もし、香りつきの防虫剤を使う場合は、違う香りのものを複数使わないようにしましょう。

気分が悪くなってしまうような臭いが、強く出てしまう場合があります。

さいごに

衣替えの時、衣類を正しく保管しないと、嫌な臭いに悩まされることになります。

特に、「通気性を良くする」ということは、大切なポイントの1つです。

通気性が悪いと、カビが発生したり、じめっとした臭いが出てしまったりします。

また、防虫剤の臭いがこもってしまうと、薬品臭くなってしまうこともあります。

さらに、衣類をしまい込む前の洗濯や、防虫剤の選び方も大切です。

これらの点を押さえて衣類を保管すれば、嫌な臭いに悩まされることが軽減される

でしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする