【秋の花でガーデニング】おすすめのパンジー&ビオラで寄せ植えも!

秋のガーデニングは、落ち着いた色のやや地味なものが多くなります。
ですが、長い期間楽しめる花がたくさんあります。
中でも、「パンジー&ビオラ」は、ガーデニング初心者でも育てやすいです。
そこで、「パンジー&ビオラ」の育て方と寄せ植え方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

秋の花でガーデニングにおすすめなパンジー&ビオラ

秋には、どんなお花があるのでしょうか。

・ウインターコスモス(9月~12月)
・アリッサム(10月~6月)
・ガーデンシクラメン(10月~5月)
・カランコエ(10月~6月)
・キンギョソウ(3月~7月、10月~11月)
・コスモス(4月~11月)
・マーガレット(10月~6月
   
このようなお花がありますが、
ガーデニング初心者の方におすすめなのが「パンジー&ビオラ」です。

「パンジー&ビオラ」は、冬の寒さにも強くてとても丈夫です。
なので、ガーデニング初心者でも育てやすい花です。

「パンジー&ビオラ」は、スミレ科の耐寒性一年草または宿根草です。
秋~初夏にかけて咲き続けます。

開花期の長さと豊富な花色が魅力の「パンジー&ビオラ」で花壇やベランダを華やかにしましょう。
   

★パンジー&ビオラの育て方

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

開花時期:11~6月
苗の購入時期:10~3月
草丈:10~30cm
花色:赤、ピンク、白、オレンジ、黄、青、紫
   

◎購入時のポイント

寒さには強いですが、高温多湿には弱いです。
なので、暖地では10月以降涼しくなってから購入するのがよいです。

(苗を選ぶポイント)
・株元がしっかりしていてわき芽や葉数が多いもの
・蕾がたくさんあるもの
・病害虫がついていないもの
・茎や枝が無駄に伸びていないもの
   

◎育て方

【苗の植え付け】

秋の植付けは、10月~11月までに行います。
この時期の植え付けで、寒くなる前に充分根を張らせておきましょう。
暖かくなってからの生育が良く、花も長く楽しめます。
   

(植え付け方法)
・ 購入したポット苗を水はけと保水力のある肥えた用土に植えつけます。

・ 市販の草花用培養土に、元肥として有機質肥料か緩効性化成肥料を施します。

・根が周囲にびっしり回っている場合は、表面の根土だけを軽くほぐして植え付けます。
   

【水やり】

・過湿を嫌うので、水の与えすぎに気を付けてください。

・鉢植えの場合は、表土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

スポンサーリンク

・花壇の場合は、乾燥しすぎないように、土の状態をみて水やりをしてください。

・冬場は、早朝や夕方の水やりは、土が凍ってしまう原因になります。
 午前中の少し気温が上がったころに、水やりをしましょう。
   

【肥料】

晩秋から春までの間、次々にたくさんの花を咲かせます。
なので、定期的に追肥をしましょう。

元肥として緩効性化成肥料を施した後は、開花中に追肥をします。

追肥は、薄めた液体肥料か、緩効性の化成肥料を、月に2~3回施します。

※冬の間の肥料は控えます。
   

【植え替え】

一年草なので、植え替えの必要はありません。
   

【病虫害】

「アブラムシ」が発生したら、早めに『オルトラン』を散布しましょう。

   

パンジー・ビオラの育て方のポイント

・日当たりが良い場所で育てると花もたくさん咲きます。

・水やりは、過湿を避け、表面が乾いたらたっぷりと与えます。

・種ができると株が弱って花付が悪くなります。
 なので、咲き終わった花がらは早めに摘み取りましょう。
   

秋の花でのガーデニングで寄せ植えにするには?

お店には素敵な寄せ植えがたくさん並んでいますよね。
この秋は、「パンジー&ビオラ」を使った寄せ植えにチャレンジしてみませんか♪

寄せ植えにする際のポイントをご紹介します。
   
★同系寄せ

「 パンジー」+「ビオラ」など、葉や花の大きさや形が似ているものを組み合わせる植え方。

・背丈があまり変わらないので、配色などで組み合わせを決めていきます。

   

★高低組み合わせ

背丈の「高いもの」+「低いもの」の組み合わせで、奥行きや立体感を出す植え方。

(配置の基本)
「高いもの」を中心や後方に置く。
「中くらいのもの」を脇から手前に置く。
「低いもの」を手前側に置く。

植物の種類が多いと、まとめ難くなるので、最初は、少なめの種類で作ると良いでしょう。

   

★ダブルデッカー

ダブルデッカーとは、2階建てという意味です。
主に「球根」+「草花」を組み合わせた植え方。
植え替えをしていないのに、季節により見た目が変わります。

   
秋~春までは、草花だけの観賞になりますが、春以降は、球根植物の花が咲きます。
このため、ボリュームがあって、華やかな寄せ植えになります。
大きめの鉢やプランターで作ると良いでしょう。
   

▼ 関連記事

秋植え球根のチューリップはいつ植える?水やりと寄せ植えについて
   
   

スポンサーリンク

さいごに

気候の良い秋のガーデニングは楽しいですが、気温が下がってくると、作業がしづらくなります。
耐寒性のある植物で、手入れも簡単な「パンジー&ビオラ」なら、チャレンジしやすいでしょう。
   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!