ハマる人続出!?ハーバリウムの作り方は簡単!固定するコツとオイル代用

最近人気の『ハーバリウム』をご存知ですか?

少ない材料で簡単に作れて、インテリアとしてもお洒落に飾れます。

いくつかの『ハーバリウム』を窓辺に置いて眺めていると、本当に癒されます。

今回は、プレゼントとしても喜ばれそうな『ハーバリウム』の作り方と固定する

コツをご紹介します。

オイルの代用についても触れていきます。

『ハーバリウム』を一度作ると、きっとその魅力にハマりますよ!

スポンサードリンク

ハーバリウムの作り方は簡単!

『ハーバリウム』とは、「植物標本」のことです。

ドライフラワーや押し花も『ハーバリウム』になりますが、最近人気なのは、

専用オイルに、プリザーブドフラワーやドライフラワーを浸けたものです。

ガラス瓶に入れるので、お洒落感がアップします!

お花屋さんやインテリアショップでも購入出来ますが、自分でも簡単に作れます。

より自分好みの『ハーバリウム』を作ってみてはいかがでしょうか♪

まずは、材料を揃えましょう。

必要な材料

● 花材(お好みのプリザーブドフラワーやドライフラワー)

● 専用オイル

● ビン(※ 背の低い細長いタイプが作りやすいです)

● ピンセット(背の高いビンを使用する場合は、長いタイプを準備)

● ハサミ


材料はたったのこれだけです。

ただ、オイルは安全性を考慮して、『ハーバリウム』専用のものを使用しま

しょう。

『ハーバリウム』専用オイルは、花材を取り扱っているお店やインターネットなど

で購入できます。

では、作り方をご紹介しましょう。

(1)ビンの中が乾燥していることを確認しましょう。

   水分や湿気があると、カビや腐りの原因となります。

(2)ピンセットを使って、ビンに花材を入れていきます。

   花材は、ハサミで短く切ったり、長さを残したりしながら、ビンのサイズに合

   わせて入れていきます。

   一度ビンに入れた花材は、出しづらくなるので、入れる前に配置を考えてから

   入れましょう。

(3)花材を入れ終えたら、オイルを入れていきます。

   花材にオイルがかかると、その重みで配置が変わることがあります。

   とくに、初めての場合は、花材の固定が上手にされていない場合があります。

   なので、オイルをビンの側面に沿わせるように注いでいくとよいですよ。

   オイルは、ビンの口より少し低いところまで入れましょう。


(4)オイルを入れた後は、花材から気泡が上がってくるので、しばらくそのままに

   します。

(5)ビンのキャップをしっかり締めれば、出来上がりです!

最初は、思うように配置できないかもしれません。

ですが、作っていくうちに上手に入れていけるようになります。

カラーの合わせ方も悩みますが、同系色のお花たちを選ぶと、まとまりやすいです。

初めての場合は、まずは同系色で作ってみるとよいでしょう。

『ハーバリウム』は、ビンの種類もさまざまです。

そして、花材の種類やカラーも豊富なので、きっといろいろ作りたくなりますよ。

ハーバリウムを綺麗に作りたい!上手に固定するコツは?

『ハーバリウム』は、花材をビンに詰めてオイルを注ぐだけで作れるので、簡単

なのですが、綺麗に作るには、知っておきたいコツがあります。

まずは、「空間を意識して作る」です。

たくさん花材を詰め込んでもよいのですが、ある程度「空間」を作ってあげるほうが、

お花たちに光が差し込んで綺麗です。

そして、次のようなことも大切なポイントです。

● 動かないように花材を入れる

● どこから見ても美しく配置する

では、詳しく見ていきましょう。

● 動かないように花材を上手に固定するコツ

ハーバリウムを綺麗に仕上げるには、「空間」も大切だとお話しました。

この「空間」に光が入り、お花たちが引き立ちます。

最初は、「空間」を作りながらも、動かないように花材を固定するのはちょっと

難しいかもしれません。

ですが、花材の選び方で、簡単に上手に固定することができます。

スポンサードリンク

花材の長さを調整しながら、他の花材と絡むように入れると、固定できます。

短くカットしたものを、固定を意識しながら、少し多めに入れてもよいでし、長さ

のあるものに、短いものを絡めていってもよいです。

また、カスミソウなどの枝が広がっている花材を適所に入れていくと動かないよう

にできます。

カスミソウは、「空間」作りにも最適な花材です。

初めて作る方には、おすすめのお花です。

他にも、スケルトンリーフなどでも、「空間」を作りつつ固定することができますよ。

● どこから見ても美しく配置する

正面の美しさが一番大切ですが、どの面も綺麗に見えるように配置しましょう。

花材を入れている段階で、他の面の見え方もチェックしながら入れていきます。

オイルを入れた時に位置が変わってしまうこともありますが、花びらも一枚一枚綺麗に

見えるように入れていってあげるとよいでしょう。

花材の形やカラーの組み合わせ方で、オリジナルな『ハーバリウム』をいくつも作るこ

とができます。

最初は、” 好きなお花” や ” 好きなカラー” で作ってみるとよいでしょう。

また、花材の量は、少なめにしてシンプルに仕上げても素敵ですし、たくさん入れても、

華やかで豪華に仕上がります。

花材をたくさん入れる場合でも、「空間」を少しだけ作ってあげましょう

花材のカラーに関してですが、オイルに浸けると、少し薄くなってしまいます

濃い色は大丈夫ですが、淡い色や薄い色は、白っぽくなってしまいます

「空間」作りに、あえて薄い色のアジサイなどを使っても素敵になります。

配置の際のご参考になさってくださいね。

24690332bb89ce0215902bc4545c7068_s

ハーバリウムオイルの代用は?

『ハーバリウム』のオイルですが、安全性を考えると、専用のオイルを使うのが安心

なのですが、代用できるものもあります。

まずは、『ハーバリウム』専用オイルについて見ていきましょう。

専用のオイルには2種類あります。

どちらも粘度や光の屈折度が計算されているので、美しい『ハーバリウム』を作れます。

● ミネラルオイル(流動パラフィン)

お値段&扱いやすさにおいて、「お手頃」な定番オイルです。

光をたくさん取り込んでくれるので、綺麗に仕上がります。

● シリコンオイル

ちょっと高価ですが、劣化しにくいです。

引火点も高いので、プレゼントや販売用に向いています。

では、代用できるオイルをご紹介します。

● ベビーオイル

ミネラルオイルが使われているので、『ハーバリウム』のオイルとして代用できます。

ただし、添加物が入っているものは使用しないようにしましょう。


● サラダオイル

「サラダオイル」も『ハーバリウム』のオイルとして代用できます。

『ハーバリウム』専用オイルと違い、色が付いています。

薄い黄色の色なので、アンティークっぽく仕上がります。

どのオイルも『火気厳禁』ですので、取扱いには十分にご注意ください。

また、廃棄する場合は、花材を取り出し、オイルは食用油と同様の処分方法で捨てて

ください。

▼ ハーバリウムのオイルを注いだらレイアウトが崩れた~という場合の手直しに
ついてはこちらの記事をお読みください。

『ハーバリウムの直し方は?お花が浮いてきたら?便利なアイテム!』

さいごに

材料を揃えたら、簡単に作れる『ハーバリウム』。

一度作ると、どっぷりとハマってしまうかも・・・

作って癒され、見ても癒される『ハーバリウム』をまだ作ったことがないなら、

是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか♪

上手に作れるようになったら、プレゼントしてもよいでしょう。

きっと喜ばれますよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする