さつまいもが風邪をひく!? 原因は?保存に適した場所や方法!

寒い場所では、人間だけでなく、「さつまいも」も風邪をひくということを
知っていますか?
しかも、さつまいもは、風邪をひきやすい野菜で有名なのだそうです。

では、「さつまいも」が ”風邪をひく”というのは、いったいどういう状態
なのでしょうか。

また、「さつまいも」が風邪をひかない、理想的な保存場所はどのような場所
なのでしょうか。

スポンサードリンク

  

さつまいもが風邪をひく!? 原因は?

まずは、「さつまいも」が ”風邪をひく” とは、どのような状態なのかについ
てお話します。
   
『さつまいもが風邪をひく』とは、「さつまいもが傷みやすくなってしまうこと
です。

   

では、「さつまいも」が風邪をひいてしまう原因とは、何なのでしょうか?
   
さつまいもは、元々、暖かい場所で栽培されているため、寒さに弱いのです。
そのため、あまりにも低すぎる温度の場所においてしまうと、低温障害を起こし
てしまうのです。
この低温障害こそが、さつまいもが風邪をひいてしまう原因です。

ちなみに、さつまいもの風邪の原因は、あくまで保存環境による低温障害です。
人間の風邪のように、ウイルス感染が原因で起きる物ではありません。
なので、「さつまいもが風邪をひいた」と言っても、菌が入り込んで食べられな
くなってしまうということではありません。

   

さつまいもの保存に適した場所と方法は?

では、さつまいもの適した保存場所と方法について見てみましょう。

さつまいもが風邪をひかないようにするためには、保存環境を整える必要があり
ます。
そのために配慮しなければならないのが、保存環境の「温度」です。

スポンサードリンク

さつまいもを保存する場合は、13~16℃くらいの温度の場所に保存しましょう。
10℃を下回ってしまうと、低温障害を起こし始め、さつまいもが黒く変色し始め
ます。
この「黒い変色」こそが、さつまいもが傷み始めてしまったしるしです。
ただ、この段階では、味は落ちてしまうものの、傷んだ部分を取り除けば、食べる
ことはできます

   

では、保存方法について見ていきましょう。
   
さつまいもに風邪をひかせないためには、冷蔵庫ではなく、常温での保存が適して
います。
そして、さつまいもは、1つずつ新聞紙に包み、段ボールなどの中に入れて保存
るようにしてください。
むき出しの状態のまま段ボールに入れて保存するのは、オススメできません。

ちなみに、さつまいもは低温に弱い野菜ですが、高温すぎる環境も適切ではありま
せん。
18℃を超えた環境に保存してしまうと、さつまいもから芽が出始めてしまいます
そのため、やはり13~16℃くらいの適温の環境に保存する必要があります。

   

さいごに

『さつまいもが風邪をひく』とは、低温障害によって、傷みやすくなることを言い
ます。
かと言って、高温の環境に保存すると、さつまいもから芽が出てきてしまいます。
そのため、さつまいもは、13~16℃という適温の環境で保存してください。
新聞紙で1つずつ包み、その状態で段ボールなどに入れておけば、風邪をひくこと
はありません。
ちなみに、風邪をひいたさつまいもは、傷んだ部分だけを取り除けば、食べても大
丈夫です。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする