車のウォッシャーが凍ると危険!原因は?窓が凍るのを防ぐ対策

車通勤をされている方にとって、冬の朝は危険がいっぱい。
路面凍結もそうですが、フロントガラスが凍ることも危険につながります。

乗る時は普段通りだと、いつも通りに運転を始めますよね。
でも、フロントガラスをキレイにしようと、ウォッシャー液を出したら
恐ろしいことに!?

そんな経験ありませんか?

今回は、車のウォッシャーが凍る原因と窓の凍結防止対策について
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

車のウォッシャーが凍ると危険!原因は?

気温の低い冬の朝。
路面凍結はなく、いつも通りに車で通勤しようと運転を始めます。
でも、フロントガラスが曇ってて、前が見えづらい。
そこで、ウォッシャー液を出したら、フロントガラスが真っ白になって、
前が見えない!?

   
なんて、経験をされたことはありませんか?

すでに運転を始めていて、こんな状況に遭遇すると本当に怖いですよね。

   

「ウォッシャー液を出したら、フロントガラスが真っ白になる」というのは、
ウォッシャー液がフロントガラスで凍るからです。
   

万が一、このようにウォッシャー液でフロントガラスが真っ白になったら
どうすれば良いのでしょう
   
まずは、停めれられそうなら、車を停車させます。
追突等の事故を引き起こさないよう、周囲には十分に注意してくださいね。
そして、デフロスター(扇形マーク)を作動させて、フロントガラスを温めます。
すると、真っ白になったフロントガラスがクリアになってきます。

   

では、どんな時に「ウォッシャー液がフロントガラスで凍る」現象が起きる
のでしょうか?

   
冬の朝は、雪が降っていなくても、外気温が非常に低くなることがあります。
すると、車のフロントガラス表面も冷え切った状態となり、0度以下になります
そこに水分がつくと、一気に凍結してしまいます。
   

また、ウォッシャー液自体にも問題がある場合もあります。

普段からウォッシャー液を薄めて使っていたり、ただの水を使っていると、
冬の対策ができていません。
   
冬には、冬用のウォッシャー液を使用しなければいけません

冬用のウォッシャー液というのは、「寒冷地対応」のもので、低温でも
凍らないタイプとなっています。

寒冷地対応ウォッシャー液は、「-30℃」でも凍らないように作られて
いるのです。
一般的なのが「-30℃」のタイプですが、「-45℃」や「-50℃」など
もあります。
お住まいの地域や、お出掛け先に合わせて選ばれるとよいでしょう。

スポンサーリンク

   

くれぐれも、夏のウォッシャー液のまま、冬を迎えないようにしてくださいね。
フロントガラスで凍るまえに、ウォッシャー液自体が凍ってしまうこともあり
ます。
使用したくても、ウォッシャー液が出てこないというのも困りますよね。

対策を忘れていて、夏のウォッシャー液のまま超低温の朝を迎えた場合は、
運転を始める前に暖房で車内をしっかり暖めておくといいでしょう。

   

車の窓が凍るのを防ぐ対策

朝の通勤時は、とにかく忙しいです。
そんな時に車の窓が凍結していると、焦ってしまいます。
先程のように、運転を始めてフロントガラスが凍るのもやめてほしいですよね。

   

では、車の窓が凍るのを防ぐ対策はあるのでしょうか?
   
これには、便利がアイテムが役立ちます!

車の窓が凍る原因は、「低温で冷え切った窓ガラスに水分がつく」ことです。

なので、窓ガラスに水分がつくのを防げばいいのです。

   

窓ガラスに水分がつくのを防いでくれるアイテムが、「凍結防止シート」です。
   
運転後にフロントガラスにこのシートをかぶせておけば、翌朝もスムーズに
出勤できるのです。

窓ガラスの凍結だけでなく、積雪も防止できますね。

寒い朝は、このような簡単で便利なアイテムが大活躍してくれます。

   

▼『車用凍結防止シート』
  【税込価格:981円】 ※ 送料210円(メール便)
    
 フロントガラスにかぶせるだけで凍結&積雪防止!
 簡単にかぶせられ、翌朝はシートをめるくだけの手軽さです。
 サンシェードとしても使えるので、夏も使用可能。
 しかも、収納袋になるサイドミラー用カバー付きです!
   
【車用凍結防止シート】フロントガラス 凍結防止カバー 車窓 雪よけ 霜よけ サンシェード 日除け ほこりよけ カー用品 ●メール便可(1点のみ)●

   

さいごに

冬の朝の車通勤は、何かと気を遣います。
積雪や路面凍結だけが危険ではありません。
車の窓ガラスの凍結も危険につながります。

怖い経験をしないよう、冬の対策をしましょうね。

そして、安全に車通勤してくださいね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする