枝豆の栽培でのカメムシ対策は?発生したら駆除を!防除方法

家庭菜園で野菜を栽培していると、どんな野菜にも害虫が付きます。

夏野菜で被害が多いのが、「カメムシ」です。

特に、「枝豆」の栽培では、「カメムシ」に気を付けないといけません。

そこで、「枝豆」の栽培での「カメムシ」の対策と駆除方法をご紹介して

いきます。

スポンサードリンク

  

枝豆の栽培でカメムシの対策は?

日本では、数多くの「カメムシ」が生息しており、被害にあう野菜も多いです。

中でも、「枝豆」は、被害が大きくなりがちです。

   

まず、「カメムシ」に注意が必要な時期を見ていきましょう。

「カメムシ」は、暖かくなると活動が活発になります。

4~10月にかけて発生が多くなり、初夏に産卵します。

そのため、7~9月は特に多く発生します。

   

「枝豆」の栽培で、「カメムシ」が発生すると、汁を吸われ、収穫ができなく

なることもあります。

   

「カメムシ」の発生を防ぐ対策としては、次のような方法があります。

   

★ マルチをする

植え付け時にマルチをしておきます。

これで、土の中に潜んでいる「カメムシ」の被害を防ぎます。

   

★ 除草する

雑草が生えていると、「カメムシ」が発生しやすく、「枝豆」にも付きやすく

なります。

なので、こまめに除草することが大切です。

落ち葉などもきれいに取り除きましょう。

   

★ 防虫ネットをかける

防虫ネットをかけて、「カメムシ」が「枝豆」に付くのを防ぎます。 

   

★ コンパニオンプランツを植える

スポンサードリンク

防虫効果の期待できる植物を一緒に植えるという方法です。

「カメムシ」には、唐辛子やミントなどが効果があるとさせています。 

また、マリーゴールドにも、防虫効果があります。

ですが、これらのコンパニオンプランツは、離れすぎると効果がありません。

「枝豆」の株の近くに植えないといけません。

そうなると、植物によっては場所を取ってしまいます。

家庭菜園においては、「枝豆」の株数が少ない場合に有効な方法でしょう。

 
   

枝豆の栽培でカメムシ発生したら駆除を!防除方法

「枝豆」の栽培で、「カメムシ」を対策で防げずに発生してしまったら、どうすれ

ば良いのでしょうか?

   

まずは、普段から、葉っぱの裏側など、「カメムシ」の卵が産みつけられていないか

をチェックしましょう。

「カメムシ」の卵を発見したら、その葉ごと切り取って処分します。

   

「カメムシ」の成虫を発見した場合は、捕まえて駆除します。

ですが、手で捕まえるとクサい臭いが付いてしまいます。

なので、バケツやペットボトルに振り落として処分すると良いでしょう。

また、草木を燃やした灰を水に溶いたものを「枝豆」の株に散布するという方法も

あります。

作り方は、バケツに水を半分くらい入れ、ひとつかみの灰を加えて混ぜます。

この上澄み液を、「枝豆」の株にかけます。

このようにすると、臭いを嫌って、「カメムシ」が寄ってこなくなります。

   

さいごに

「枝豆」を栽培していると、「カメムシ」の被害に要注意です。

発生前に防げれば良いのですが、発生してしまったら、駆除しましょう。

そして、美味しい「枝豆」をたくさん収穫できるといいですね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする