登山靴の泥などの汚れを防ぐには?汚れの落とし方とお手入れ!

幅広い年代で人気の「登山」。

登山するには、道具も大切です。

なかでも、「登山靴」は、「登山」には欠かせないアイテムですよね。

お気に入りの「登山靴」を、長く履くにはどうすればよいのでしょうか?

「登山靴」の汚れの落とし方やメンテナンスは?

今回は、登山前と登山後の「登山靴」のお手入れについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

登山靴の泥などの汚れを防ぐには?

お気に入りの「登山靴」は、いつまででも使っていきたいですよね。

新しくてきれいな靴は出来るだけ汚したくないものです。

そのためには、事前のお手入れが大切です。

   

まずは、『登山前』にしておくことを見ていきましょう。
   

購入したばかりの「登山靴」や、汚れを落としてある「登山靴」は、

登山する3日前までに防水・撥水スプレーをしておきましょう。

使用する防水・撥水スプレーは、素材によって違います。

素材を確認して、合うものを使ってください。


その後、優しくブラッシングします。

これにより、泥汚れなどを防止し、履きやすくすることもできるのです。

   

登山靴の汚れの落とし方とお手入れ!

では、『登山後』はどうすればよいのでしょうか?

   

登山したあとの靴は、どうしても汚れています。

靴の中の湿気も気になりますよね。
   

「登山靴」を使用した後にすることを見ていきましょう。

(1)まずは、中敷きを取り外します。

  汚れがひどい場合は、中性洗剤で洗って、干しておきます。

スポンサードリンク

  汚れが軽い場合は、水拭きして、乾燥させます。

(2)靴ヒモの汚れがひどい場合も、中敷きと同様にします。

(3)靴自体の汚れを落としていきます。

  泥や砂ぼこりなどの汚れは、ブラシで落とします。

  ひどい汚れは、素材に合わせて汚れを落とします。

  表革のものは、水で濡らした雑巾で汚れを拭き取ります。

  ヌバックなど裏革のものは、泥などを乾燥させてから、ブラシで

  落とします。

  靴底は、泥や石が挟まっていたら、割り箸などで取り除きます。

  その後、雑巾で水拭きします。


(4)汚れが落ちたら、日陰の風通しのよい場所でしっかり乾燥させます。

  この際に、直射日光に当てないようにしましょう。

  直射日光が当たると、靴の劣化につながります。

(5)乾燥させたら、防水スプレーをまんべんなくかけます。

  保革クリームを使用する場合は、保革成分により、登山靴が柔らかくなり過ぎる

  ことがあるので、注意しましょう。


(6)お手入れの終わった「登山靴」は、湿気の少ない場所で保管します。

   

このように、適切なお手入れをしておけば、お気に入りの「登山靴」を長く履く

ことができますよ。

   

さいごに

お気に入りに「登山靴」は、登山する時の相棒ですよね。

汚れは、出来るだけその日のうちに落とすようにしましょう。

そして、「登山靴」の適切なお手入れで、長く履いてくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする