柿の葉っぱが落ちる原因は?落葉病などの柿の病気の対策は?

「柿」を栽培していると、果実の落果に悩まされることが多いですよね。

でも、葉っぱの落葉にも気を付けなければなりません。

その落葉は、病気が原因かもしれません。

対処が遅れると、収穫にも影響します。

今回は、「柿」の葉っぱが落ちる原因と病気について見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

柿の葉っぱが落ちる原因は?

ご家庭で「柿」を栽培されていると、やはり病害虫には敏感になりますよね。

梅雨時から晩夏にかけては、「柿」の病気に気を付けなければなりません。

   

「柿」の葉っぱが落ちていたら、じっくり観察しましょう。

   

★ 「柿」の葉っぱの裏に白っぽいカビのようなものはついていませんか

もし、このような葉を見つけたら、「うどんこ病」が発生してる可能性が

あります。

   
「うどんこ病」は、葉っぱの裏がうどん粉上の菌糸で覆われます

葉裏に、白いカビが発生していたら、この病気を疑いましょう。

「うどんこ病」を発症すると、葉の機能が衰え、早い時期に落葉します。

果実も大きくなりません。

また、柿の木も弱ってしまうため、翌年の収穫にも影響します。

5月と9月頃が発生しやすい時期となります。

   

★ 「柿」の葉っぱに褐色の斑点はありませんか

葉っぱに褐色の斑点を見つけたら、「落葉病」かもしれません。

軽度なら見逃してしまいがちですが、ひどくなると、葉っぱがすべて落ちて

しまうので注意が必要です。

   
「落葉病」は、菌に感染すると、葉っぱに縁が緑色の褐色の斑点ができます。

ひどい場合は、葉っぱがすべて落ちるだけでなく、収穫前の果実も落果します。

スポンサードリンク

感染から発症までの期間が長いのが特徴で、予防的な対処が重要となります。

「落葉病」は、秋に発生しやすい病気です。

   

柿の葉っぱが落ちる病気の対策は?

では、「柿」の葉っぱが落ちる病気である「うどんこ病」と「落葉病」の対策に

ついて見ていきましょう。

   

★「うどんこ病」

発生のひどい葉っぱは、取り除きます。

落ち葉も取り除いて処分しましょう。

< 防除方法 >

5~9月に薬剤を散布します

 ( 散布時期:開花前、8月下旬、9月 )


◎ 薬剤は、殺菌剤の有機銅水和剤が有効です。

(有機銅水和剤)

・キノンドー水和剤
・ベンレート水和剤
・トップジンM水和剤
・オキシンドー水和剤 など


◎発生後では、ベニカマイルドスプレーなどが有効です。

   

★「落葉病」

発病した場合は、落ち葉をこまめに集めて、処分しましょう。

出来るだけ菌を取り除き、残さないようにするのが大切です。

翌年の発生にもつながるので、しっかり処分してください。

< 防除方法 >

6~7月に薬剤を散布します

( 散布時期:6月上旬&下旬、7月中旬 )

◎ 薬剤は、有機銅水和剤が有効です。

(有機銅水和剤)

・キノンドー水和剤
・ベンレート水和剤
・トップジンM水和剤
・オキシンドー水和剤 など

   

さいごに

「柿」の収穫までの数か月間は、葉っぱが落ちる病気に気を付けないと

いけません。

日頃からよく観察をして、早めに対処するようにしましょう。

「落葉病」は、予防的な防除が大切です。

適期には、薬剤を散布して防除しましょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする