そら豆の冬越し方法と虫対策は?栽培ではアブラムシに要注意!?

成長し始めた頃のそら豆は、寒さにとても強いと言われています。
なので、この時期のそら豆を、冬の風に当てて冬越しさせると、
美味しく育ちますよ!

ここでは、そら豆を上手に冬越しさせる方法をお話していきます。

また、冬越し後のそら豆を、虫の被害から守るための方法につい
ても触れていきます。

スポンサーリンク

  

そら豆を冬越しさせる方法は?

そら豆を上手に冬越しさせるには、秋の終わり頃に種まきをするの
がベストだと言われています。
   

具体的な時期としては、10月末~11月中旬くらいが向いています。
ただし、南の方の温かい地域の場合は、10月中旬~11月末くらいの
時期に種まきをしてもOKですよ。
   

そして、苗の草丈が7~8cmくらいで、本葉が5~6枚になったら、
植え替えを行ってください。
11月中旬~12月初旬くらいに植え替えを行うと良いでしょう。

   

そら豆を上手に冬越しさせるには、この植え替えのタイミングが大切
なのです。
   

冬越し中に、そら豆の苗の草丈が15~20cmくらいになっているの
が理想です。
   

なぜかというと、苗がこのくらいのサイズになった時が、最も寒さに
強いからです。
これよりも大きく育っている場合は、寒さにやられやすいのです。

   

そら豆の栽培はアブラムシに要注意!? 冬越し後の虫対策

そら豆を冬越しさせる間は、害虫対策をして、虫に食べられない
ようにしなければなりません。
   

土や苗がジメジメしていたり、清潔感がなくなったりすると、虫が
寄り付きやすくなります。
   

スポンサーリンク

プランターで栽培している場合は、風通しの良い場所に置き、湿気
を予防しておきましょう。
さらに、枯れた葉やしおれてしまった葉を取り除いておくことも、
虫対策として有効です。
そして、仕上げに、プランターに敷き藁や不織布をかぶせて、虫が
入ってこないようにしましょう。
   

露地栽培の場合も、防虫ネットや不織布をかぶせておくと虫対策に
有効です。

   

さて、そら豆につきやすい虫の中でも「大敵」と言われているのが、
「アブラムシ」です。
   

アブラムシは、冬越しの時期ではなく、花が咲く春先にやって来ます。
この時期のそら豆の茎の先には、アブラムシが好む葉の汁がたっぷり
あるためです。
葉の汁をアブラムシに吸われてしまうと、ウイルスが広がり、そら豆
が枯れてしまいます。
   

アブラムシが付かないようにするためには、家庭で作れるスプレーが
効果的です。
オススメなのが、50倍くらいに薄めた米酢のスプレーです。
濃すぎると逆効果になりますが、適切な濃さのものを週1回スプレー
すると効果が期待できます。
また、せっけん水を薄めに作ったものをスプレーしても、高い効果が
期待できます。

   

さいごに

そら豆をすくすくと元気に成長させるためには、適切なタイミングで
種まき・植え替えをする必要があります。
   

寒さに強いそら豆ではありますが、風通しの良い清潔な環境で、冬越
しさせてくださいね。
   

また、冬を越した後の春先には、そら豆の天敵・アブラムシが付きや
すくなります。
なので、週に1回手作りの米酢スプレーを散布して、アブラムシ対策
も行ってください。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする