ネギ坊主は食べられるのか?ネギ坊主の処理方法!種と植え付け時期は?

春になると、ネギの上にポンと咲く「ネギ坊主」。

ネギは家庭菜園でも育てやすいので、「ネギ坊主」がたくさん咲いたりしますよね。

この「ネギ坊主」って食べられるのでしょうか?

その味や食べ方はどうなのでしょうか?

というわけで、今回は、そんな気になる「ネギ坊主」についてのお話です。

早速、「ネギ坊主」の謎を一緒に探って行きましょう。

スポンサードリンク

  

ネギ坊主は食べられるのか?


さて、果たして「ネギ坊主」は食べられるのでしょうか?
   

実は、意外と知られていないのですが、この「ネギ坊主」って食べられるのです。

その食感は、通常のネギよりもパンチのある歯ごたえです。

   

では、はどうなのでしょうか?

美味しいのでしょうか?
   

「ネギ坊主」は、風味が強く、ほろ苦い甘さが絶妙なのです。

「ちょっと癖があるけど、それがたまらない!」なんて声も耳にします。

いわゆる大人の味ってやつですね。

   

とはいえ、あまりスーパーなどで見かけないですよね。

   
そもそも「ネギ坊主」とは、一体何なんでしょうか?

「ネギ坊主」とは、春になると緑色の部分の先端にぽんと出てくる小さ球形に

集まって咲く「ネギの花」です。

家庭菜園などの「ネギ坊主」には、あまり観賞価値はありません。

ですが、観賞用に栽培され、生け花やフラワーアレンジメントなどに利用されて

いるものもあるのです。

通常のものの花は白いですが、観賞用のものは紫色っぽい花を咲かせます。

   

そんな「ネギ坊主」なのですが、” 食べられる” とお伝えしました。

そして、大人の味ですが、食べるととっても美味しいのです。

   
では、食べ頃や食べ方を見ていきましょう。

食べ頃は、ずばりつぼみの時期です。

このつぼみが開き、花になる前に全部引き抜いて、食べるのがベストなんです。

花が咲いてしまった後だと、芯の部分がかたくなり、美味しくなくなってしまうのです。

花の部分を包んだ皮が開く前に、引き抜いてしまいましょう。

スポンサードリンク


食べ方としては、下の部分のネギのように生では食べません。

てんぷらや炒め物、お浸しなど一度火を通してからいただきます。

中でもてんぷらは絶品で、ふきのとうのてんぷらをちょっと甘くしたような味です。

そんな春の訪れを感じさせるような美味しさなんですよ。

   

ネギ坊主の処理方法!種と植え付け時期は?


なかなか市場に出回らない「ネギ坊主」。

ご家庭でネギを育てられているからこその「ネギ坊主」との出会いですよね。

まず、ネギの苗などを購入して家で育てていると、春ごろにとう立ちして、「ネギ坊主」が

出てきます。

これをそのまま放置すると、白色からどんどん黒っぽくなっていきます。

黒くなったら、を採ることができます。

1つの花の中に、実に250~400もの小さな花が入っているんだそうですよ。

すごいですよね。

この種は、冷蔵庫などの日の当らない涼しい所で保管しておきましょう。

   

また、「ネギ坊主」をそのままにして置くと、成長が止まったり、下のネギ部分が美味しくなく

なってしまいます。

なので、「ネギ坊主」がついたら、種を採る分だけ残し、花(蕾)の部分を指先で、すぐに取り

除いてしまいましょう。

   

そして、採れたネギの種は、春なら2~4月ごろに種をまき、11月頃に収穫となります。

秋であれば、9~10月頃に種まきするのがベストで、翌年の7月頃が収穫になります。

ネギはとても丈夫な野菜です。

比較的お世話が楽チンなのも、魅力の1つではないでしょうか。

   

さいごに


いかがでしたか?

なかなか市場に出回ることのない「ネギ坊主」。

ちょっと食べてみたくなったのではないでしょうか。

あのほんのりと苦くて、でも癖になるあの美味しさは、大人の舌を病みつきにしてくれますよ。

是非、ご家庭で育てているネギに「ネギ坊主」が出来たら食べてみてはいかがでしょうか。

ネギの栽培をしていないなら、「ネギ坊主」のためにネギ栽培をしてみるのもよいでしょう。

きっとあなたも病みつきになっちゃうはずです。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする