バーベキューの食材はどこまで下ごしらえする?保存方法は?

どんどん気温も上がり、アウトドアでのレジャーに最適な気候になりましたね。

そんな季節にもってこいなのが、そう「バーベキュー」です。

「バーベキュー」といえば、最近はインスタ映えする食材が人気ですよね。

見ためが可愛い装飾や、色鮮やかでなおかつ美味しい食材などがそうです。

ですが、そのまえに「バーベキュー」の基本中の基本である「食材の下ごしらえ」について

知っておきたいですよね。

一体どの程度までやっていけばいいのでしょうか?

また、保存方法などはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、そんな「バーベキュー」における食材の準備や管理方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

バーベキューの食材はどこまで下ごしらえする?

「バーベキュー」に最適な季節。

どうせなら楽しくお手軽に楽しみたいですよね。

そんな時には、前日や当日の朝の下ごしらえが大事になってきます。

というわけで、まずは材料別に「下ごしらえ」の基本を見ていきましょう。

   

★ 根菜類

人参や大根、ジャガイモやサツマイモなどの根菜類は、まずは皮をむきます。

そして、食べやすい大きさにカットして持って行きましょう。

ここまでしておくと、当日の手間がかなり省けますし、ゴミも少なくて済むので

おススメです。

また、根菜類は火が通りにくいので、ちょっとひと手間。

レンジでチンしてあげたり、軽く茹でてからしっかり水気を切ります。

これを、ジップロックなどに入れて持っていくと、当日の調理時間を短縮することができます。

トウモロコシなんかも同じように、食べやすい大きさにカットしてから、レンジでチンして

持って行くといいですよ。

   

★ 色の変わる野菜&キノコ類

レタスやキャベツの葉っぱものや、なすやズッキーニなどのアクが出て、色の変わる食材も、

自宅でカットして持っていくことができます。

ですが、切った部分から変色してきてしまうので注意が必要です。


レタスやキャベツなどの葉っぱ類は、食べやすい大きさにカットした後、塩水にさらします。

そして、水気を切って、湿らしたキッチンペーパーなどに優しく包んでから、ジップロック

などに入れるようにします。

こうすることで、かなり鮮度が保たれますよ。


なすやズッキーニなども切った後は、塩水に1時間ほどさらしておきましょう。

そのあと、湿らせたキッチンペーパーに包んで、ジップロックなどに入れて持っていきます。


キノコ類も、カットして湿らせたキッチンペーパーに包んで持っていくと、鮮度を保てます。

スポンサードリンク

   

バーベキュー用食材の保存方法は?

下ごしらえしたお野菜は、持って行くまで冷蔵庫で保存しておきましょう。

   
お野菜もいいですが、「バーベキュー」の主役といえば、、何といっても「お肉」ですよね。

家ではなかなか焼けないような大きなお肉の塊がどーんと出てくると盛り上がりますよね。

これぞ「バーベキュー」の醍醐味ではないでしょうか。

   
では、つづいてお肉の種類別に下ごしらえを見ていきましょう。

   

★ 牛肉&豚肉

塊の場合は、硬い筋が通っていることが多いので、筋を切っておきましょう。

キッチンハサミなどで、筋や脂肪と肉の間に軽く切れ込みを入れます。

これだけでずいぶんと食感が変わり、柔らかくなります。

   

★ 鶏肉

はみ出した皮や、黄色い脂肪をハサミや包丁で取り除きましょう。

また、筋の部分に軽く切れ込みを入れてあげると、より美味しく召し上がれます。

   

また、ジップロックなどにお肉とたれを入れて、下味をつけてから持っていくのも、おススメ

です。

さらに、この漬け込む際に、すりおろした玉ねぎやワインなどを一緒に入れると、お肉がより

柔らかくなって、美味しくなりますよ。

塩麹をまぶして持って行くのもいいですよ。

塩味がお肉に浸み込むし、焼いても柔らかいです。

   

番外編で、エビの処理についてもご紹介しておきます。

★ エビ

エビは、どうしても臭みがあるので、片栗粉と塩で軽くもんでから、水で洗います。

背ワタは竹くしなどを背中に軽く刺して、背ワタを持ちあげると簡単に取れますよ。

   

お肉もエビも鮮度が命。

クーラーボックスに入れて行くのがよいです。

クーラーボックスがない場合には、大きめの発砲スチロールのボックスを活用するといいですよ。

これに、氷や保冷剤を入れて持っていくようにしましょう。

   

さいごに

これから梅雨に入るまでの季節は、あっという間でもありますが、レジャーを本気で

楽しめる時期です。

そんな時に最適なのが「バーベキュー」です。

せっかくの「バーベキュー」なので、どうせなら全力で楽しみたいですよね。

前日や当日の朝に下ごしらえをして行くだけで、現地での「バーベキュー」の手間が驚くほど

省けます。

準備は大変ですが、家族の喜ぶ顔が待っています♪

ぜひ上手に下ごしらえをして、楽しくてお手軽な「バーベキュー」を楽しんでくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする