洗濯物の干し方で色あせ!?原因はなに?色あせを防ぐコツは?

寒い冬が終わり、これからの季節はどんどん気温が上がります。

そうなると、洗濯物が乾きやすくなります。

特に、お子さんがいるご家庭にとっては、嬉しい時期になりますね。

しかし、洗濯物といっても、その洗濯物には色々な種類があります。

パパのワイシャツや、お子さんの洋服、靴下など、一緒に洗っていますが、それぞれ

素材も色も違うもの。

そんな洗濯物を外に干して、取り込んでいるときに「あれ?」と思うことがありませんか?

そうです、「色あせ」です。

今回は、洗濯物が「色あせ」する原因と防ぐコツをご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

洗濯物の干し方で色あせ!?原因はなに?


洗濯物をどれも同じように外に干して、お出掛け♪

そして、夕方に取り込んだりしますよね。

そんな洗濯物を見てみると、しっかり乾いているのですが、「なんか色が・・・」なんて

経験ありませんか?

特に、夏の暑い時期は、長時間外に出しっぱなしにして置くと、簡単に「色あせ」してしまう

のです。

まだ淡い色ならそんなに目立たないのですが、紺や黒などの濃い色は色あせが目立ってしま

うんですよね。
   

そもそも、どうして洗濯して外に干しただけで、衣類は「色あせ」してしまうのでしょうか?
   

その理由は、「紫外線」「汗」にあります。

実は、「紫外線」は、色の分子を分解し、色の構成を破壊する力を持っています。

私たちのお肌が、「紫外線」により赤くなったり黒くなったりするのはこのためです。

さらに、私たちの体から発生する「汗」の成分にも、色の分子を分解する成分が含まれてい

ます。

なので、この2つがしっかりと揃う夏場には、特に洋服の「色あせ」が起こりやすくなって

しまうのです。

汗をかきやすい「えり」や「脇」「背中」などが、「色あせ」しやすいのは、このためです。
   

ちなみに、「黒」や「紺」って、「色あせ」すると” 赤っぽく” なりますよね。

その理由は、どの色も、色の三原色である「青・黄色・赤」を組み合わせて作られているため

なのです。

スポンサードリンク

この三原色の中で「青」が一番退色しやすく「赤」は退色しにくいという特徴があります。

「黒色」の中にも、「赤」と「青」「黄色」が含まれています。

ですから、「色あせ=元の色が薄くなっていく」のではなく、「退色しにくい赤が残っていく」

のです。

   

洗濯物の干し方で色あせを防ぐコツは?


そんな恰好悪い「色あせ」。

なんとかしたいですよね。

でも、洗濯して干さないとまた着られないし、一体どうしたらいいのでしょうか?
   

まず、干す前のひと工夫。
   

洗濯洗剤などには、蛍光増白剤を含まない「中性の洗剤」をチョイスしましょう。

その理由は、アルカリには色を分解する力があるからなんです。

” アルカリ性” は洗浄力は強いのですが、その分色も落としてしまうんですね。

よくドラッグストアやスーパーなどで売られている洗剤は、この”アルカリ性”のものが

多いです。

購入する際は、よく注意して選んでみてくださいね。
   
洗う時にも、ひと手間かけましょう。

「色あせ」を防ぎたい大切な洋服などは「手洗い」をしましょう。

洗濯機で洗う場合は、洋服を裏返し、ネットにたたんで入れると効果的です。

また、洗濯機で長時間回さないようにすることも大切です。

洗濯が終わったら、出来るだけ早く干すようにしましょう。

   
そして、いちばん重要な干す作業です。

洗濯物は、紫外線に直接あたることを防ぐため、” 裏返した状態で” 干しましょう。

また、直射日光の当たらない、風通しのよい日陰に干すのもいいですね。

そして、乾いたら、出来るだけ早く取り込みましょう。

こうのようにすると、「色あせ」を防ぐのに効果的です。

   

さいごに


いかがでしたか?

洋服の「色あせ」って、「紫外線」や体から出る「汗」が原因だったのです。

だからといって、この2つを完全にシャットアウトすることはとても難しい・・・。

特に、夏場は、「紫外線」も「汗」も絶対防ぎきれません。

ですので、お洗濯の際には、ご紹介してきたポイントをしっかり守ってみてください。

そして、お気に入りの洋服を「色あせ」から守ってあげましょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする