ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

高カカオのチョコレートってなに?こんな場合におすすめです!

   

最近は、健康志向の方が増え、「高カカオのチョコレート」が人気です。

「チョコレート」と言うと、「甘い」「太る」というイメージですよね。

でも、「高カカオのチョコレート」は、むしろ健康に大きく役立つのです!

そこで、「高カカオチョコレート」ってどんなチョコレートなのか?

また、期待される効能や、どんなものを選んだら良いかということについてお話して

いきます。

スポンサードリンク

  

高カカオのチョコレートってなに?

そもそも、「高カカオのチョコレート」とはどのようなものなのでしょうか?

   
「高カカオのチョコレート」とは、「カカオの量が70%以上のチョコレート」を指します。

最近流行の「カカオ72%」とか「カカオ95%」などといったチョコレートがそうです!

逆に、「ミルクチョコレート」は、カカオの量がそれほど多くはありません。

なので、「高カカオのチョコレート」には分類できないのです。

   
では、「高カカオのチョコレート」なら、どんなものでも良いのでしょうか?

実は、「高カカオのチョコレート」の中で1番おすすめなのは、「72%」のものだと言われ

ています。

「え!?カカオの量が多い方が体にいいんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

カカオには、体に良い成分だけではなく、油分も含まれています。

カカオの量が多くなると、それに比例して、カカオ油の量も多くなってしまいます!

その結果、脂分を摂り過ぎてしまい、高カロリーになってしまうのです。

これでは健康に良いどころか、逆効果になってしまいますよね。

それに、カカオが「90%」などになると、苦みのかたまりで、あまり美味しいとは言えません。

なので、「高カカオのチョコレート」は、「72%」前後のものを選ぶと良いでしょう。

高カカオのチョコレートはこんな場合におすすめ!

では、「高カカオのチョコレート」には、具体的にどのような効能があるのでしょうか。
   

スポンサードリンク

まず期待される効能は、動脈硬化などの生活習慣病の予防です。

カカオには豊富な『ポリフェノール』が含まれています。

その『ポリフェノール』の1つである『プロシアニジン』は、体内の悪玉活性酸素を抑制する

働きを持っています。

その結果、血流を促進させることができ、高血圧や高血糖、肥満の予防に役立ちます。

このことが、生活習慣病のリスクを下げることにつながるのです。

また、悪玉活性酸素は、がんの原因の1つでもあります。

そのため、「高カカオチョコレート」で悪玉活性酸素を抑制することで、がん予防にも効果が

期待できます。

   
つぎに挙げられるのが、腸の働きを整える効果です。

「高カカオチョコレート」には、『カカオプロテイン』と呼ばれる成分も豊富に含まれています。

『カカオプロテイン』は、腸内の善玉菌のエサになると言われています。

その結果、腸内の「短鎖脂肪酸」と呼ばれる物質が増え、腸のぜん動運動が活発になります。

そして、腸内環境が正常な状態に導かれていくのです。

なので、便秘で悩んでいる方は、「高カカオのチョコレート」と試してみることをおすすめします。

さいごに

「高カカオのチョコレート」とは、カカオ量が「70%以上」のチョコレートのことです。

しかし、カカオ量が多ければ良いというわけではなく、「72%」程度が適量だと言われています。

カカオ量がそれ以上になると、かえってカロリーが高くなるので気をつけてくださいね。

「高カカオのチョコレート」は、毎日食べると、生活習慣病やがんの予防に役立つとされています。

また、腸の働きを正常にし、便秘を改善する効果も期待できます。

まさに、現代人が抱える不調を改善するのに役立つチョコレートだと言えます。

ただし、食べすぎないように気を付けましょう!

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,