副業で300万円が雑所得となるのはいつから?20万以上は確定申告

会社員をしながら副業をしている人も多い時代。
この副業に影響する「所得税基本通達に関する改正案」のパブリックコメントが公示されました。
この改正案が適用されるのはいつからなのでしょうか?
そして、副業で300万円以下の場合の確定申告についてまとまています。

スポンサーリンク

  

副業で300万円が雑所得となるのはいつから?

2022年8月1日、「所得税基本通達に関する改正案」のパブリックコメント(意見募集)が公示されました。

この改正案では、本業での収入の他に、副収入が300万円以下の場合は「雑所得」とするというものです。

このまま改正されたら、300万円以下の副収入は、「副業」には当たらず、「雑所得」となります。
そして、この改正は、令和4年1月から適用されます。
なので、今年(2022年)分からということになります。

これまでは、「事業所得」と「雑所得」の金額による線引きが曖昧でした。
これが、今回の改正では、「300万円」とはっきりと明示されることになります。

「事業所得」は、事業として得た所得です。
「事業所得」のメリットとして、「給与所得と損益通算できる」「青色申告特別控除」「3年間の赤字繰り越し」などがあります。

一方、「雑所得」は、給与所得・事業所得などの9種類の所得以外の所得です。
「雑所得」となると、「事業所得」のメリットが受けられなくなります。

スポンサーリンク

ただ、300万円以下なら副業とならないので、副業禁止の会社でも、副収入を得ていくことができるという考え方もできます。
副収入の金額がはっきりしたので、就業規則に違反していないと判断できますね。
   

副業で300万円が雑所得でも20万以上は確定申告

副収入が「雑所得」であっても、利益が20万円以上になる場合は、これまで同様に確定申告が必要です。
副収入の多くを経費にできるなら、利益を20万円以下に抑えることが可能かもしれません。

利益が20万円以上になる場合は、プライベートカンパニーを設立して節税することができます。
この場合は、副収入の300万円以下も「雑所得」にならないので、貯蓄したい方には大きなメリットとなります。

   

▼〈これから副収入を得たい方は要チェック!〉
需要拡大中の「動画編集」が人気です。
24時間対応可能なマンツーマンスクールです。
仕事案件受注までのサポートがついています。

   

さいごに

「所得税基本通達に関する改正案」の内容が話題となっています。
副収入を得ている方も、これから副収入を得ていきたい方にとっても重要な改正となります。
2022年9月には、多数の品目での値上げが行われます。
そして、老後への不安も大きくなるばかりです。
貯蓄を増やすための副収入なので、適正な内容での法改正をお願いしたいですね。

スポンサーリンク

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!