車のガソリン価格が値上がりする!?値上がりいつまで?ガソリン節約術

車のガソリン価格が依然高いですが、近々値上がりするかもしれません。
ガソリン価格が値上がりしたら、いつまで続くのでしょう?
また、ガソリンの節約術も併せて紹介していきます。

スポンサーリンク

  

車のガソリン価格が値上がりする!?値上がりいつまで?

2022年5月末までは7週連続でガソリン価格が値下がりしています。
これは、国の補助金で世界情勢での変動分が補われているためです。

ですが、今後ガソリンが値上がりするかもしれません。
値上がりが予想されるということで、ガソリンスタンドから通知がきました。
値上がりするのは、2022年6月6日(月)から。
ガソリン価格が大幅に値上がりするかもしれないという内容でした。
予測での情報なので、値上がりが決定しているとは言い切れません。
地域よっても違うので、利用されているガソリンスタンドでお確かめください。
   
現在のガソリン価格は、次の通りです。
   

全国のガソリン平均価格(2022/6/3時点)

レギュラー 163.9円
ハイオク 174.7円
軽油 142.8円 
灯油 1,917.0円

   
このガソリン価格は、今後どうなっていくのでしょうか?

ガソリン代は、ガソリン本体価格55%+税金45%となっています。
ガソリン本体価格とは、ガソリンの原料となる価格のことです。
この「原油価格」は、世界情勢の影響を大きく受けます。
日本は、サウジアラビアなどから輸入しています。
原油の生産国や多く輸入している国の情勢により、原油価格が変動します。
原油価格が変動すると、日本での一ヶ月後にガソリン価格に反映されます。
これは、日本では、輸入後にガソリンに精油されます。
その後、ガソリンとしてガソリンスタンドなどに届けられます。
輸入してからガソリンとして入荷するのに、約1ヶ月かかるからです。

スポンサーリンク

なので、今後世界情勢によって原油価格が変動すれば、その1ヶ月後にガソリン価格も変動することになります。
5月30日に、露産の原油輸入が部分的に禁止することで合意されました。
このため、原油価格が上昇しています。
ということは、この先値上がりが続く可能があります。
   
【追記】2022.6.18
(ガソリン価格値上がりの背景)
・中国・上海の新型コロナ対策としてのロックダウン解除に伴い、景気回復が期待される
・急激な円安

スポンサーリンク

   

車のガソリン価格が値上がり!?ガソリン節約術

車を運転する限り、ガソリンは必要です。
なので、値上がりしても、車のガソリンがなくなれば給油しなければいけません。
ならば、出来る限りガソリン代を節約したいと考えるものです。

ガソリン代を節約する方法を紹介していきます。
   
◆ ゆっくり発進
車は発進時に一番ガソリンを使います。
急発進だと、ガソリン消費が大きくなるので、ゆっくりと発進しましょう。
時速20キロになるのに5秒かかるくらいがgoodです。
   

◆ 減速時は早めにアクセルから離す
エンジンブレーキを使うことで、約2%燃費がよくなります。
なので、早めにアクセルから足を離しましょう。
   

◆ タイヤ空気圧を適正値にしておく
タイヤの空気圧が規定値よりも低いと、タイヤの回転に悪影響が出ます。
そのため、燃費が悪くなります。
タイヤの空気圧は、乗り心地にも影響しますよね。
定期的にチェックすることをおすすめします。
   

このほかには、車体の重量を軽くすることも意識しておくと良いでしょう。
つまりは、余計な荷物を乗せっぱなしにしないってことです。
ただし、スペアタイヤや緊急時のアイテムは乗せておきましょう。
   

さいごに

車によく乗る人にとっては、ガソリンは必要です。
今後原油価格の上昇に伴い、ガソリン代が値上がりするかもしれません。
普段から燃費良くなる車の乗り方で、ガソリン代を節約していきましょう。

スポンサーリンク

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!