地震でテレビが倒れるとどうなる? 転倒を防ぐ固定方法と便利アイテム

最近は地震が多くなっているため、家具類を固定するという人も多い
ですよね。
ここで盲点になりがちなのが、「薄型液晶テレビの固定」です。
薄型液晶テレビは地震で倒れやすいため、固定しておかないと危険です。
お子さんがおられるご家庭では特に要注意です。

ここでは、薄型液晶テレビの転倒の危険性や、固定方法についてお話し
ていきます。

スポンサードリンク

  

地震でテレビが倒れるとどうなる?

薄型液晶テレビは倒れやすいと言われていますが、なぜ倒れやすいの
でしょうか。

薄型液晶テレビの土台部分をよく見てみると、実は、安定性が良くない
ことがわかります。
テレビの液晶画面の大きさに比べて、土台が少し頼りないですよね。

また、テレビとテレビ台が密着している製品が少ないことも、転倒しや
すい理由です。
テレビとテレビ台が密着していないので、揺れが起きた時、滑りやすい
のです。

   

では、薄型液晶テレビが転倒すると、どんな危険があるのでしょうか。

転倒したテレビの近くに人がいると、大けがをする可能性があります
薄型液晶テレビは、標準サイズでも5kg以上、大きいものは35kg以上
の重量があると言われています
これが倒れたり滑って飛んできた場合、大けがをする危険がかなり高い
と言えます。

さらに、テレビが転倒すると、液晶画面が割れてしまいその破片で
ケガをする可能性も高くなります

   

地震でテレビの転倒を防ぐ固定の方法は? 便利アイテム

いざ、地震が起きたときに、テレビを守りますか?
お子さんがいる場合は、まずはお子さんを守らなければいけません。
突然の地震でお子さんもパニックになりやすいです。
そんなお子さんを守るので精一杯でしょう。
とてもテレビを守る余裕はないはずです。
   

でも、テレビの転倒は防ぎたいですよね。
転倒を防止するにはどうしたらよいのでしょうか?
   

地震でテレビが転倒しないようにするためには、紐やワイヤーで固定
ることが必要です。
テレビには、紐やワイヤーを通して固定するための穴があるので、そこ
に結びつけます。
そして、壁の中の縦木・横木、壁、もしくはテレビ台に固定します。

ただし、テレビ台ごと飛んでくる場合もあるので、テレビ台を床に固定
する必要もあります。
なので、テレビとテレビ台の両方を固定しなければならないということ
ですね。

   

さて、最近はテレビの転倒を防ぐための、便利な固定アイテムも出てい
ます。
   

まず紹介したいのは、粘着テープ型のアイテムで、薄型液晶テレビ専用
のものが出ています。

スポンサードリンク

薄型液晶テレビに特化しており、震度7の揺れにも対応しているという
点が魅力です。
粘着テープではありますが、剥がす時はきれいに剥がせるものが多いで
すよ。

   
▼『不二ラテックス 家具・家電転倒防止用品 不動王』
 <薄型テレビ用 耐震シート> 【価格:1,527円】
簡単貼るだけで、薄型テレビの転倒を防止!42型まで対応。


不二ラテックス 家具・家電転倒防止用品 不動王 薄型テレビ用 耐震シート FFT-002

   
   

次に紹介したいのは、ベルトタイプになっている固定アイテムです。
テレビによっては、足の部分の面積が小さく、粘着テープが張れない場
合があります。
このようなテレビの場合は、ベルトタイプの固定アイテムが便利です。
テレビの後ろ側に付けるので、目立たず、設置の仕方も簡単なことが特
徴です。

   
▼『Pro-7 テレビ用転倒防止ベルトストッパー』 
 【価格:3,956円】※送料無料
テレビを持ち上げずにラクラク設置できる!
耐震マットが貼れないスタンド形状に最適です。
41~65V型まで対応。


Pro-7 テレビ用転倒防止ベルトストッパー 41 65V型 BST-N1052B

   

さいごに

薄型液晶テレビは、薄くて軽そうに感じられますが、地震で転倒すると
とても危険です。
小さいサイズであっても、重量はかなりしっかりしているので安心でき
ません。
なので、地震の時にテレビの近くにいると、大けがをする可能性がある
ので気をつけてください。
その前に、転倒防止対策をしておきましょう。
薄型液晶テレビは、紐やワイヤーを穴に通して、しっかり固定しましょう。
最近は、粘着テープ型・ベルト型などのアイテムもたくさん出ているので、
それらを使うのもオススメですよ!

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする