瀬戸内芸術祭2019の期間と見どころは?チケットの料金と購入方法

2019年は、3年に1度のアートの祭典・瀬戸内芸術祭が
開催される年です。

きっと、今から瀬戸内芸術祭の当日を楽しみにしている人も
多いことでしょう。

ここでは、2019年の瀬戸内芸術祭の期間や見どころなど、
詳しい情報をまとめました。

また、瀬戸内芸術祭のチケットの料金や、その購入方法など
についても触れていきます。

スポンサーリンク

  

瀬戸内芸術祭2019の期間と見どころは?

「瀬戸内芸術祭」とは、瀬戸内海の海をアートで美しく盛り上げ
るためのイベントです。
   

2019年に開催される瀬戸内芸術祭は、3会期となっています。
   

春会期:4月26日(金)~5月26日(日)

夏会期:7月19日(金)~8月25日(日)

秋会期:9月28日(土)~11月4日(月)

   
それぞれの会期によってテーマが違い、さらに、行く島によって
もテーマが違います。

それぞれの会期のテーマは、次の通りです。

◎ 春会期・・・ふれあう春

◎ 夏会期・・・あつまる夏

◎ 秋会期・・・ひろがる秋

   
そして、会場となる島は、12島+2港です。
このなかには、春会期のみ、秋会期のみの島もあります。
   
なので、いつの時期に行くか、どの島に行くかで、どんな作品が
見られるかが変わるのです。

   

そんな「瀬戸内芸術祭」は、少子・高齢化が進む瀬戸内海エリア
の島々を、アートで活性化できないか・・・そんな思いから生まれ
たそうですよ。
   

そのため、アート作品は、美術館だけに展示することを、あえて
避けているようです。
海辺のエリアの屋外に作品を展示し、アート作品と海の景色の
両方を楽しむ形になっています。
   

天気が良い日などは、自由な発想のアート作品を、青空の下で
鑑賞できて最高ですよ!
吹き抜ける風と、アーティストの感性がコラボした、素敵な空間
を感じることができます。

   

瀬戸内芸術祭のチケットの料金と購入方法は?

瀬戸内芸術祭のチケットは、公式サイトなどから購入することが
できます。
   

公式サイト以外で購入できるところは以下の通りです。
   

(コンビニ)

■ セブンチケット
■ ファミリーマート
■ ローソンチケット
   

スポンサーリンク

(プレイガイド)

■ イープラス
■ チケットぴあ
   

(その他)

■ 近畿日本ツーリスト各店舗
■ JTB各店舗
■ 日本旅行各店舗
■ 東武トップツアーズ各店舗
■ 名鉄観光サービス各店舗
■ JR西日本・四国・九州の主な駅のみどりの窓口
■ 四国の交通会社や会場となる施設など

   

   

チケットは、3会期全て行くことができる「3シーズンパスポート」
と、1シーズンごとの「会期限定パスポート」があります。
   
どちらのパスポートも、行きたいと思っている島に行き放題で、
お得ですよ!
   
大人3シーズンパスポート4,800円ですが、
前売りで買うと3,800円になります
   
ちなみに、前売り4月25日販売終了するので、
早めに手に入れておきたいですね。
   

そして、会期限定パスポートは4000円で、前売り割引はなく
4月26日から販売開始です。
Webから購入でき、コンビニ決済・ペイパルのオンライン決済を
選ぶことができます。
   

1シーズン目・2シーズン目は、GWや夏休みが挟まるので、
早く売り切れることが予想されます。
なので、特にこれらのシーズンに行く予定の人は、できるだけ早く
買っておきましょう。
   

そして、15歳以下は鑑賞無料です。
16~18歳は、身分証を提示すると、お得な料金で鑑賞できます。
3シーズンパスポートの場合は3,000円、会期限定パスポート
の場合は2,500円になります。
こちらに関しては当日現地販売のみで、前売りはありません。

   

さいごに

瀬戸内芸術祭は、美術館の中だけでなく、海辺でもアート作品を
楽しめる素敵なイベントです。
   
瀬戸内海エリアの美しい光景と、自由な感性のアート作品を思う
存分味わってください。
   
このイベントで、このエリアも活気を取り戻し、明るい雰囲気に
なったそうですよ。
   
お得な前売りチケットは4月25日に販売終了なので、早めに
手に入れておきたいものです。

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする