潮干狩りでの潮の見方|潮がいいとは?おすすめポイントで貝を採る!

潮干狩りは、大人も子供も楽しめますが、いつでも出来るわけではありません。
潮干狩りには、適した日が存在します。
それが、「潮がいい」といわれる日です。

潮干狩りでの「潮がいい」ってどんな日のことなのでしょうか?

潮干狩りでの潮の見方や、貝を掘るおすすめポイントについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

潮干狩りでの潮の見方|潮がいいとは?

「潮干狩り」は、干潮時に楽しめるレジャーです。
   
そこで、潮干狩りに出かける際は、干潮時間を調べなければいけません。
   
干潮時間を調べるには、潮汐表を使います。
   
なので、この潮汐表の見方が分からないとどうにもなりません。

   

潮汐表の見方ですが、
まずは、潮干狩りに行く場所の潮を見ます
   

場所ごとに潮が違うので、行きたい場所の潮を見てくださいね。
   
そして、行きたい日の干潮時間をチェックします。
   
満潮時間も載っているので、見間違えないでくださいね。

   

干潮時間を見たら、潮干狩りが出来そうな時間かどうかチェックします。
   
潮干狩りは、干潮時間の前後1時間から1時間半の間楽しめます。
   
なので、朝から夕方までの時間帯なら潮干狩りができますね。

   

さらに、その潮位を確認します。
この潮位が高いと、潮干狩りには適さないこともあります。
   
潮干狩りに適した潮位の目安は、
「50cm以下」です。

   

スポンサーリンク

潮干狩りで「潮がいい」というのは、この潮位が「50cm以下」の潮のことをいいます。
潮位が低いほど、潮干狩りには適しています
   
なので、干潮時間が昼間でも、潮位が高いと潮干狩りには向いていない日となります。

   

◆ 潮干狩りでの潮の見方

(1)行きたい場所の潮を調べる

(2)干潮時間を見る

(3)潮位をチェック
  「50cm以下」かどうかを確認する

   

潮干狩りに適した潮でのおすすめポイント

さて、潮干狩りに行く際に、潮をチェックして「潮のいい」日だったら、GO!ですね。
   
でも、潮干狩りって、適当に掘っても、なかなか貝が採れないことが多々あります。

   
では、どこを掘れば貝が採れるのでしょうか?
   

おすすめとなるポイントは、
「海水が引いた直後の場所」です。
   

ここなら、まだほかの人が掘っていません。
なので、狙い目なのです。
   
海水が引いた直後は、足元が悪いので、十分に注意して掘ってくださいね。

   
そして、あさりなどは、かたまっていることも多いので、ひとつ見つけたら、その周辺をくまなく探しましょう。
   
これで、ざくざくと貝が採れるハズです。
   

ただし、夢中になりすぎないように注意しましょう。
   
周りに注意しながら、潮が満ちてきたら、速やかに退去しましょう。

   

お子さんが一緒の場合は、お子さんから離れないように気を付けてくださいね。

   

さいごに

潮干狩りは、干潮時の潮位が低い時が適しています。
   
潮位が低い「潮がいい」日なら、潮干狩りにGOです!
   
貝がざくざく採れる狙い目ポイントは、海水が引いた直後の場所です。
   
足元や周囲に気を付けて、貝掘りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!