車の窓ガラスの雪をすばやく溶かすには?対策には便利グッズを活用!

寒くなってくると心配になるのが「雪」です。

車で通勤しているなら、車の窓ガラスの雪には困りますよね。
ただでさえ忙しいのに、雪で車をすぐに出せないなんて・・・。
簡単な対策はないのでしょうか?

そこで、今回は、車の窓ガラスの『雪対策』についてご紹介します。

スポンサーリンク

車の窓ガラスの雪をすばやく溶かすには?

女性にとって、朝の出勤前はバタバタする忙しい時間帯です。
そんな時に車の窓ガラスに雪が積もっていたら、焦るどころではありません。

しかし、少しでも速く、より簡単に雪や凍結を溶かす方法を知っていれば安心です。

では、早速、その方法を見ていきましょう。

(1)まずは、窓ガラスに積もっている雪を降ろします。

スノーブラシがあれば、それを使って降ろします。
無ければ、つぶした段ボール箱で、車にキズが付かないように
気を付けて雪を降ろします。

(2)つづいて、固まった雪や凍結を溶かします。

市販の解氷スプレーをかけます。
解氷スプレーがなければ、2リットルのペットボトルに ”水””ぬるま湯”
入れて窓ガラスにかけましょう。

▼ 備えていれば便利な解氷スプレーです。(税込 1,500円+送料)
車の解氷スプレー 古河薬品 KYK【一部地域送料0円】 解氷スプレートリガー 500ml 2本(凍結 撥水 ガラス 雪 霜 )

(3)さいごに、溶けた雪や水滴をワイパーで除きます。

窓ガラスに ”お湯” をかける方もいらっしゃるでしょうが、窓ガラスに気付かないうちに
キズが出来ていることもあります。
この場合、温度差により窓ガラスが割れてしまう恐れがあるので熱湯はかけない
ようにしましょう。

▼ 冬は車のウォッシャーが凍るという事態になることもあります。
ウォッシャーが凍るとどうなるのか?原因と対策とは?
『車のウォッシャーが凍ると危険!原因は?窓が凍るのを防ぐ対策』

雪の車への対策には便利グッズを活用!

朝慌てないためには、事前の対策が有効です。
雪の心配がある場合は、前日に対策を行っておくことで、出勤前のバタバタを減らせます。

その対策に便利なグッズをご紹介します。

スポンサーリンク

車用凍結防止シート

前日にこのシートを取り付けておけば、雪が積もっても、シートを取り除くだけOKです。
そして、凍結を防止出来るので、窓ガラスの凍結を溶かす必要がなくなります

雪の他にも、黄砂や日よけにも使えるので、一年を通して役立ちます。
取り付けも簡単なので、これなら女性でも大丈夫です。

不要になった毛布を代用するといった場合、積もった雪の重みや、凍ってしまった毛布自体
の重さで、毛布を取り除くのが大変になります。

女性には、簡単に取り除けるシートがおすすめです。

スノーブラシ(伸縮タイプ)

冷たい雪を手で除くのは避けたいので、スノーブラシがあると便利です。
伸縮タイプのものを車に常備しておけば、外出先で雪が積もった場合にも役立ちます

解氷スプレー

凍結防止シートで車の窓ガラスへの積雪や凍結を防げるので、不要になるかもしれません。
しかし、1本あれば、いざという時に役立つので、念のために準備しておくと安心です。

また、事前に窓ガラスに吹きかけておくと凍結防止になります。
「カーポートがあるから、積雪の心配はないけど、凍結はするかも・・・」といった場合
には、とても便利なアイテムです。

▼ 便利なアイススクレーバーもあります。(税込 2,980円+送料)

車窓専用雪解け器 『溶かしたろう 』( 解凍 氷結 雪溶かし 氷 ) アイススクレーバー 熱 車専用 簡単解氷 LED付【暮らしの幸便 カタログ掲載】 05P03Sep16

▼ 関連記事
● 大雪時のタイヤチェーン装着が義務化されました。
『年末注意!?タイヤチェーン義務化はいつから?大雪時の規制13区間』

さいごに

雪が降ると、車で通勤している方にとっては心配事がたくさんあります。
窓ガラスの雪や凍結を防いで、少しでも余裕を持って出かけてください。
かなり渋滞することもあるでしょうから、焦らず、安全運転で行きましょう。

▼ 関連記事
● スタッドレスタイヤの保管方法をご存じですか?
『スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換はいつごろ?保管は?』

● 雪道は歩きにくいですよね。しかも、危ない!
『雪道や凍結時の歩き方で気を付けることは?靴や便利なアイテムは?』

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする