うっ!足のむくみで靴入らない!?なぜ?解消法は自宅で簡単に!

「足のむくみ」って嫌ですよね。

デスクワークをされている方にとっては、つらい悩みのひとつでしょう。

仕事が終わる頃には、足がパンパン・・・。

そして、朝は大丈夫だったのに、帰宅時は靴がきつくなっていたりしますよね。

こんな困った「足のむくみ」。

一体どうしてむくんでしまうのでしょうか?

そして、そんな厄介な「むくみ」を解消する方法とは?

今回は、「足のむくみ」について、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

うっ!足のむくみで靴入らない!?なぜ?


私は、仕事柄毎日パソコンに向かうのですが、夕方になると、足に異変が・・・。

どうしても、足がどんより重くて、パンパンになってくるんですよね。

休憩中にマッサージしたり、足を高くしたりしてみるんですが、なかなか解消され

ないものです。

以前、どうしても欲しいブーツがあって、仕事帰りむくんでいることが分かってい

ても、靴を買いに行ってしまったことがあります。

当然、試着で靴が入らない・・・。

こんな恥ずかしい経験をしたことがあるのです。

サイズは合っているのに、ふくらはぎのチャックがしまらなかったんですよね。

このような経験をされたことがある方が、他にもいらっしゃるのではないでしょうか。

   

そもそも「足のむくみ」とは、何が原因で起こるのでしょうか?

ちょっと謎ですよね。
   

実は、この「むくみ」は、血液の流れが悪くなったり、体の水分がたまりやすい

起こります。

体のどの部分にも起こりうる現象なんです。

中でも、特にむくみやすいのが、「足」です。

その理由は、血液を循環させている心臓から足が遠い位置にあるからなんです。

心臓から遠い位置にあるため、血液の流れが悪くなりやすく、重力の関係で水分が

たまりやすいのです。

   
「足のむくみ」と聞くと、何となく立ち仕事のイメージが強いですよね。

でも、実は、デスクワークの人にも多く見られる症状なんです。

立ち仕事は ” 立ちっぱなし” だし、デスクワークは ” 座りっぱなし” です。

どちらも同じ姿勢を長時間続けていますよね。

そのせいで、足の組織液である血液やリンパ液などの循環が悪くなります。

そして、足の細胞のすき間に水分が停滞してしまうのです。

   
また、同じ姿勢を続けた時以外にも、疲れがたまっている時や、睡眠不足が続いた時

なども足がむくみやすくなります。

その理由は、血液を送り出す心臓の働きが低下してしまうからなんです。

   
さらに、年齢を重ねた体はむくみが起きやすくなります。

年齢を重ねると、私たちの体は筋力が低下し、血液などの循環が悪くなります。

それで、むくみが起きやすくなってしまうのです。

「足」の中でも、特に「ふくらはぎ」は、体の血液を心臓に押し戻すポンプの役割を

しています。

この「ふくらはぎ」の筋力が低下してしまうと、血液がうまく回らなくなります。

そのため、体の水分が足の方に溜まってしまうのです。

   
このような「足のむくみ」の多くは、一過性のものです。

なので、ひと晩寝ると治まるものが多いのが特徴です。

しかし、ひと晩寝ても治らなかったり、また次の日の夕方になると足がパンパンにな

ってしまうなどの場合は、むくみが慢性化している可能性があります。

こうなってしまうと、足のセルフケアが必要になってきます。

   

足のむくみ解消法を自宅で簡単に行なう方法は?


「足のむくみ」がひどくて夜も寝むれない・・・なんてこともありますよね。

そんな時には、寝る前のホームケアを行ってみましょう。

「むくみ」自体は病気ではありませんが、そのまま放っておくと、足の疲れがとれない

まま溜まってしまいます。

そして、免疫力の低下を引き起こすこともあります。

スポンサードリンク

たかが「むくみ」と侮っていては、危険な場合もあるのです。

「むくみ」が慢性化している場合は、特に、足のケアをしっかりと行っていきましょう。

   
「足のむくみ」には、何といっても ” マッサージ ” が1番です。

マッサージって、指でぐいぐい揉むようなイメージがありますよね。

でも、「足のむくみ」の場合は、揉むのではなく、優しくなでるようにマッサージするの

が効果的なんです。

こうすることによって、リンパ液の流れが良くなり、「むくみ」が解消されていきます。

また、リンパ液には、溜まった老廃物を運搬する働きがあるので、足の疲れをとる効果も

期待できます。

   
では、「足のむくみ」解消に役立つマッサージの方法をご紹介していきましょう。

① 膝から足の付け根にあるリンパ節に向かって、手のひらを使って太ももを優しくなで上

  げます。

  足の外側と内側の両方とも行うとさらに効果的です。


② 次に、足首に両手をあてて、膝に向かってなで上げます。


③ そして、1番大事なふくらはぎのケアです。

  ふくらはぎを、膝裏に向かってなで上げます。


④ 最後に、足首から脚の付け根に向けて、足全体をなで上げます。

  足の表側と裏側の両方ともに行うと良いでしょう。


このマッサージのポイントは、「心臓から遠い部分 → 心臓」に向かって行うことです。

こうすることによって、より血液の循環が滞りやすい足先から、しっかりと血液が動き出し

てくれるのです。

   
また、座って行うとマッサージしやすいですよ。

入浴後などの体が温まり、血行が良くなっている状態で行うと、さらに良いです。

力を入れすぎずに優しく行うのも忘れないでくださいね。

   
とはいえ、むくみケアのフットマッサージを毎日行うのは大変、という方もいらっしゃいま

すよね。

そんな方は、日頃から出来る「むくみ対策」を行ってみてはいかがでしょうか。

いくつかご紹介していきますので、自分に出来そうなことからチャレンジしてみてくださいね。
   
★ 適度な運動

何といっても、むくみが起こりやすい足の筋力をつけておくのが大事です。

ふくらはぎや太いももの筋肉が落ちてしまうと、血液などの流れが悪くなり、むくみが起こ

りやすくなります。

ウォーキングや散歩など、ちょっとした運動を取り入れてみましょう。

   
★ 階段を使う

「移動には必ずエレベーターやエスカレーターを使っている」という方は、知らず知らずの

うちに足の筋力が衰えているかもしれません。
 
そんな方には、「階段の上り下り」がおすすめです。

この「階段の上り下り」は、足の筋肉をよく使うので、血行などの改善に効果テキメンなの

です。

しかし、「階段の上り下り」は、膝に大きな負担がかかります。

特に、「階段の下り」は要注意です。

膝痛や腰痛がある場合は、無理をしないようにしましょう。

   
★ つま先を意識的に動かす

つま先を動かすと、ふくらはぎの筋肉も一緒に動きます。

これにより、血液などの流れが良くなるとされています。

デスクワークで座っている時など、かかとを上げ下げしたり、かかとを床につけてつま先を

上げたり伸ばしたりすると、むくみ予防になります。

   

さいごに


いかがでしたか?

つらい「足のむくみ」は、体の水分が重力に逆らえず、体の下のほうである足に溜まってしまう

ことで起こる症状です。

特に女性は、男性に比べて筋力が少ないので、「むくみ」が起こりやすくなります。

そんな時には、ホームケアで足をしっかりメンテナンスし、「むくみ」が起こりにくい体作りを

していきましょう。

また、むくみケアのグッズや、マッサージ機器なんかも発売されています。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする