布団を干すときは裏表どっち?カバーはしたまま?ひっくり返す?

布団を干すときは、何となく干していますが、正しい干し方ってあるのでしょうか?

実は、布団の干し方には、ポイントが色々あります。

そのポイントを押さえて干すことで、布団をよりしっかりと乾燥させることができます。

そうすれば、いつでも気持ち良い状態で寝ることができますよ!

ここでは、布団を干す時に知っておきたい「干し方の大切なポイント」を見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

布団を干すときは裏表どっちにする?


まず布団は、表と裏のどちらを上向きにして干したら良いのでしょうか?

実は、布団を干す際は、表も裏も ” 両方干す ” のが理想だといわれています。

布団の内側には、目に見えないダニやカビ・雑菌などが生息しています。

これらは、布団を干すことで除去することができます。

でも、片面しか干さないと、これらをしっかりと取り除くことができません。

なので、衛生のためにも、表面も裏面も2~3時間くらいずつ干してくださいね。

ちなみに、干す時は、どちらの面から先に干しても大丈夫です。

また、湿気が多く、暑くなり始める6~8月は、ダニやカビが急激に繁殖します。

なので、表面・裏面共に、いつも以上にこまめに干すようにしてください。

   

布団を干すときはカバーはしたまま?


では、布団を干す時は、カバーはしたままの状態で良いのでしょうか?

それとも、布団カバーを外した状態で干した方が良いのでしょうか?

布団を干すときは、” カバーをしたまま ” 干した方が良いとされています。

敷布団の場合も、シーツをしたまま干した方が良いです。

「カバーをしたままでは、きちんと乾燥しないのでは?」と思われる方もいらっ

しゃるでしょう。

カバーを付けたままが良いのには、2つの理由があります。

まずは、「直射日光から布団を守るため」というものです。

スポンサードリンク

布団は思った以上にデリケートなので、直射日光に当てると劣化しやすくなります。

でも、カバーを付けていれば、太陽の光が直接当たることがなくなりますよね。

そして、「外的な汚物や有害物質から布団を守るため」という理由です。

布団を外に干していると、ホコリや鳥の糞が付着して、布団が汚れる可能性があります。

また、最近は、花粉や排気ガスなどの有害物質も、空気中に漂っています。

布団をむき出しの状態で干してしまうと、それらが付着するリスクが高くなります。

なので、健康や衛生のためにも、カバーやシーツを付けたまま干すほうが良いのです。

   

布団を干すときはひっくり返す?


布団を干す時は、片面だけを干すという形ではなく、両面を干すようにしましょう。

掛布団・敷布団共に、両面しっかり干してください。

先程お話したように、布団の内部には、カビやダニなど、体に有害なものが入り込んでいます。

片面しか干さないと、もう片方の側に入り込んだカビやダニを除去できませんね。

なので、片面を干したら必ずひっくり返し、もう片方の面も干すようにしてください。

「表面を2時間干したら、ひっくり返して2時間」というように、同じ時間だけ干しましょう。

忙しくて時間がない場合は、片面だけでも良いでしょう。

その場合は、表面を上にして干しましょう。

そして、時間のある時は、両面を干すようにすると良いでしょう。

   

さいごに


布団を干す時は、健康と衛星のために、「表面・裏面の両方を干す」必要があります。

そのため、最初はどちらが上向きになっても良いので、片面を干したら必ずひっくり返しましょう。

そして、もう片方の面も、忘れずにしっかりと干すようにしてくださいね。

また、布団を干す時は、カバーやシーツを付けたまま干すことをオススメします。

そうすることで、直射日光や、汚物・有害物質から、布団を守ることができるのです。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする