雪道や凍結時の歩き方で気を付けることは?靴や便利なアイテムは?

天気予報で「雪が降る」と聞くと、嬉しくてわくわくしていた子供時代。

しかし、これが大人になると、嬉しさよりも不安の方が多いに勝りますよね。

「どのぐらい降るんだろう」とか、「電車動くかな」とか、「雪かきしなきゃ」とか、

「滑って転ばないようにしないと」・・・などなど。

今回は、雪道での転ばない歩き方や、靴の選び方などを一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

雪道や凍結時の歩き方!気を付けることは?

雪が降った次の日。

最も怖いのは道路の凍結です。

特に日蔭や人通りが少ない道路は、夜に気温が下がり、あっという間に凍ってしまいます。

そんな凍結した道路を歩く際に、気を付けないといけないのが「転倒」です。

いつも通り歩いていては、すぐに転んでしまいます。

   
では、このように道路が雪により凍ってしまった場合、一体どのように歩いたらいいの

でしょうか?

   
歩く時は、小さな歩幅で

 歩幅が大きいと自然と足を高く上げてしまいます。

 そうすると、重心移動が大きくなり、より転倒しやすくなります。

 地面が凍っている時は、小さな歩幅であるきましょう。

   
靴の裏全体を地面につけて歩く

 凍った道を歩く際には、重心を前の方におき、できるだけ足の裏全体を路面につける

 くらいの気持ちで歩きましょう。

 小さな歩幅で、足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方をするだけで、

 転ぶ可能性はかなり低くなります。

   
横断歩道などの白線や、マンホールなどに注意

 実は、横断歩道の白いペンキの上は、かなり注意が必要です。

 ペンキが水をはじいてしまい、水や氷で滑りやすくなってしまうことがあるのです。

 さらに、横断歩道などに入る道の端は、雪や氷が溶けずに残ったままのことが多いので、

 こちらも注意が必要です。

 また、マンホール橋の上も、地熱が無い為に凍りやすく、

 滑りやすいのが特徴です。

 雪が積もってしまうと分かりにくいかもしれませんが、歩く際には十分に注意が必要な

 ポイントです。

雪道で転倒を防ぐ歩き方には靴が重要!便利なアイテムは?

雪道や、凍った道での歩き方は、お分かりいただけましたね。

スポンサードリンク

今度は、そんな滑って危ない道をより安全に歩くための、靴や便利アイテムのご紹介です。

   
靴の選びかた

 まず、雪の日の外出時に気をつけたいのが「靴の種類」です。

 雪道を歩くのに1番適しているのは、「深い溝があって柔らかいゴムで作られた靴底の靴」です。

 さらに、雪が積もった時のことも考えて、ブーツのようにある程度長さのある靴を選ぶように

 しましょう。

 雪用の靴があればバッチリですが、ない場合は、靴に取り付けるだけで滑りにくくするアイテム

 (滑り止め器具)があると安心です。


 間違ってもキャンバス生地のスニーカーや、土踏まずのところに通気性のある穴のある靴は選んで

 はいけませんよ。

 滑りやすいし、靴に水が浸水し、足が冷え切ってしまいます。

 また、皮製の靴底や、ゴム製でも溝が無いものも危険ですので、注意しましょう。

 女性に多い、ヒールや高さのある靴なんて、もってのほかです。

   
防寒衣類を着用する

 雪が降るということは、とにかく気温が低くて寒いということです。

 そんな中、通勤で駅まで行って、電車が遅れて駅のホームでいつまでも待たなきゃいけない・・・

 なんてこともありますよね。

 なので、しっかりと防寒対策をして行きましょう。

 手袋やマフラー、収納出来るインナーダウン、ほっかいろなどもあると便利ですね。

   
バッグはリュックをチョイス

 特に女性は、荷物が多くなりがちです。

 しかし、雪の日に両手に荷物を抱えて歩くなんて、危険極まりない行為です。

 滑って転んだ時に、とっさに手が出ず大けがをしてしまう、なんてことにもなりかねません。

 雪の日には、両手をいつでも付けるよう、リュックなどにして両手を空けておきましょう。

さいごに

いかがでしたか?

つい最近も降った雪のせいで、地面が凍っていました。

そんななか、私自身、子供を連れて保育園に行かなくてはいけなくて、本当に大変で

したし、怖かったです。

地面が凍っている時は外出しない方がいいのですが、そうもいかないですよね。

積雪や道路が凍結しているようなら、むやみな外出は控えましょう。

どうしても外出が必要な時は、ご紹介してきた事に気を付け、自分の体をしっかりと守っ

ていきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする