ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換はいつごろ?保管は?

   

春の気配を感じる日があるかと思うと、雪が降ったりと気温の変化が激しい時期ですね。

普段、車に乗る機会が多い方にとっては、タイヤの交換時期が気になり始めるころでも

あるでしょう。

タイヤの交換は大変です。

ですが、スタッドレスタイヤで雪や凍結のない道路を走リ続けるのは、タイヤの寿命に

影響します。

では、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換はいつごろが良いのでしょうか?

また、交換後のタイヤの保管はどうすれば良いのでしょうか?

今回は、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換時期と保管についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換はいつごろ?

春が近づいてくると、暖かい日が増えてきます。

暖かい日が増えてくると、そろそろスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換しても

大丈夫かなと考えてしまいます。

しかし、3月上旬まではまだ雪が降る心配があります。

では、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換時期はいつごろが良いのでしょうか?

● 北海道・東北・北陸・・・4月中旬~5月上旬

● 上記以外の地域・・・3月下旬~4月上旬

交換前には、天気予報で天気や気温を確認しておくと良いでしょう。

その際は、お住まいのところだけでなく、出掛ける可能性がある地域も確認しましょう。

タイヤ交換は、カーディーラーのほか、カー用品店やガソリンスタンドでもできます。

また、スタッドレスタイヤの使用期間は「3シーズンまで」が目安となります。

タイヤの摩耗状態により「スタッドレスとしてはもう終わりかな」ということで、

そのまま夏タイヤにする方もいらっしゃいます。

しかし、スタッドレスタイヤは、雨で濡れた路面には弱いので注意が必要です。

スポンサードリンク

特に、梅雨の時期は危険です。

梅雨までには必ず交換しましょう。

スタッドレスタイヤを交換したら適切な保管を!

では、ノーマルタイヤに交換したあとのスタッドレスタイヤの保管について

ご紹介します。

まずは、『洗浄』についてです。

●『洗浄』

雪道には「凍結防止剤」や「融雪剤」が散布されていることが多いです。

この「凍結防止剤」や「融雪剤」は、成分が、塩化カルシウムや塩化ナトリウムなどで、

塩分を含んでいます。

ですから、これらの成分が付いたままだと、タイヤのゴム劣化やホイールのサビの原因と

なります。

水道水で良いので、しっかり洗い落としましょう。

洗浄後は、風通しの良いところで乾かしてください。

そして、『保管方法』と『保管場所』は、タイヤの劣化を防ぐことに気を配りましょう。

●『保管方法』

しっかり乾燥させたタイヤは、ビニール袋やタイヤ専用カバーに入れて保管しましょう。

これにより、雨や直射日光などによるゴムの劣化を防ぐことが出来ます。

また、ホコリや汚れも防げます。

●『保管場所』

保管に適した場所は、「風通しの良い日陰」です。

直射日光や、夏の暑さは、タイヤ劣化の原因となります。

出来るだけ、雨や直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

カーディーラーやカー用品店などでは、交換後にそのままタイヤを預かってくれるサービス

のあるところもあります。

交換時に運び出す手間が省けてとても便利ですよね。

保管場所にお困りの場合は、カーディーラーなどに聞いてみると良いでしょう。

さいごに

安全に車を運転するためには、「タイヤ」は重要です。

季節に合ったタイヤで安全に走行し、交換後のタイヤは、適切な保管でタイヤの劣化を防ぎま

しょう。

スポンサードリンク

 - 生活 ,