自転車のチェーンが外れた!?直し方と外れやすい原因は?オイル落とし方

お子さんが自転車で通学されていると、安全に走行しているのか心配になりま

すよね。

車などにも注意が必要ですが、自転車自体のトラブルにも気を付けたいところ。

自転車のトラブルで起こりがちなのが、「チェーンが外れる」です。

通学中に自転車のチェーンが外れると、お子さんも焦ってしまいます。

今回は、自転車のチェーンが外れたときの直し方や原因をご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

自転車のチェーンが外れたときの直し方は?

通学用の自転車は、変速機付きのものが多いのではないでしょうか。

この変速機の使い方や調整が悪いと、チェーンが外れてしまうことがあります。
   

今回は、後ろのチェーンが外れた場合の直し方を見ていきましょう。

お子さんでも簡単に直せる方法なので、覚えてもらいましょう。

まずは、方法1を試して、直らなければ、方法2を試してください。

   

★ 方法1

(1)変速機を一番重いところ(外側)に合わせる。

(2)ペダルを前進方向へゆっくり回す。

(3)チェーンが元に戻ればOK!

   

★ 方法2

(1)チェーンの後ろ下側にあるリアディレーラーのテンショナーを押して、

   チェーンを緩める。


(2)チェーンを手でギア(歯車)に戻せば完了!


自転車 チェーン 外れ 外れやすい チェーンオイル 汚れ

▲ ギアの下にある足のような形に部品が、リアディレーラーのテンショナーです。

   

どちらの方法も、手順自体は少ないですが、焦っている時に一人でするとなると、

少々時間がかかるかもしれません。

方法2も、二人なら簡単に出来ます。

ですが、一人だと、最初は手こずるかもしれません。

スポンサードリンク

慣れると一人でも簡単に出来るようになりますので、まずは、直し方を知っておく

ことが大切です。

   

自転車のチェーンが外れやすい原因は?

後ろのチェーンが一度外れると、その後何度も外れる場合があります。
   

チェーンが外れる原因は何なんでしょうか?

原因として考えられるのは、以下の通りです。

● 段差が多い場所での変速

● 変速するタイミングが悪い

● 変速機の調整不良

変速する際に段差が多い場所強く踏み込んだ状態だと、チェーンが外れやすくな

ります。

また、後ろのチェーンがギアの内側に落ちてしまう場合などは、変速機の調整が必要

です。

このような場合、とりあえず外れたチェーンを自分で直しても、またチェーンが外れ

てしまう可能性が高いです。

早めに自転車屋さんに持って行って、調整してもらいましょう。

ひどい状態でなければ、少しの修理代&時間で直してもらえます。


通学中にチェーンが何度も外れると、お子さんが煩わしい思いをします。

それは避けたいですよね。

なので、帰宅途中などに自転車屋さんに寄って、直してもらいましょう。

ついでに、ほかに悪いところがないかチェックしてもらうことも出来ますよ。

   

自転車のチェーンオイルの汚れを落とす方法!

自転車のチェーンが外れて、自分で直すと、チェーンのオイルが手に付いてしまいます。

このチェーンオイルが付くと、手が黒くなって嫌ですよね。

これを落とすには、台所用の食器洗い洗剤が有効です。

オレンジオイル配合のものなら、なお良いでしょう。

ただし、何度も洗剤を使っていると、手が荒れてしまいます。

チェーンが外れやすい状態が続いている場合は、軍手を持って行くようにしましょう。

   

さいごに

通学に欠かせない「自転車」。

安全に気を付けて走行していても、自転車のトラブルに見舞われることもあります。

通学中のトラブルは焦りますよね。

でも、直し方など対処方法を知っておくことで、落ち着いて対応出来るでしょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする