でかい!?新500円玉はいつから?色など旧500円玉との違いは?

2019年4月、紙幣が刷新されるとの発表がありました。
併せて、500円玉も新しくなります。

財務大臣の会見時、大きな新500円玉が披露されました。
「大きすぎて財布入るかな~」などと話題になっていますが、
新500円玉はいつからなのでしょうか?

また、旧500円玉(現500円硬貨)との違いは何なんで
しょう。

スポンサーリンク

でかい!?新500円玉はいつから?

新しい1万円札の紙幣は、2024年頃から刷新となるよう
ですが、新500円玉はいつからなのでしょうか?

新500円玉は、新紙幣より3年早い2021年に発行となる
ようです。

現500円玉は、2000年8月から発行されていますので、
21年ぶりの刷新となります。

再来年には、「令和」と入った新500円玉が発行となるので
すね。
もちろん、新500円玉発行後でも、現在の500円玉は使え
ます。

ちなみに、新しいデザインの500円硬貨は、大阪の造幣局で
製造されます。

新500円玉の色など旧500円玉との違いは?

財務大臣の会見では、大きな新500円玉に目を奪われましたが、
実際に、大きさも変わるのでしょうか?

新しい500円硬貨は、現在の500円玉と同じ大きさです。
ただし、重量は、少しだけ増えるようです。

スポンサーリンク

そして、一番大きな違いが、硬貨の色と材質です。

新500円玉は、「バイカラ―・クラッド貨幣」となります。

真ん中は白っぽく、縁が黄色っぽいという2色のバイカラ―で、
より偽造されにくくするため、複数の素材が使われる3層構造
で製造されます。
現500円玉の素材は、銅・亜鉛・ニッケルです。
新500円玉も、同じ素材ですが、割合が変わるようです。

デザインは、表面の桐や、裏面の竹と橘はそのままですが、
細かな変更がなされます。
表面の上部に「JAPAN」、ヨコに「500YEN」と入ります。
また、より偽造を防ぐため、側面にも変更があります。

見た目がカッコいいと評判のようですが、偽造防止のために
様々な技術が盛り込まれたスゴイ硬貨となるようです。

さいごに

新紙幣に併せて、新500円玉も刷新されます。

新硬貨発行は、2021年からとなるようです。

そして、大きさは変わりませんが、カラーや材質など、
より偽造されにくいようにと変更されます。

海外の硬貨みたいでカッコいいと評判です。
今から楽しみですね。


▼ 新紙幣の人物たちについては、こちらの記事をどうぞ。

『新紙幣の渋沢栄一って誰?津田梅子や新千円札はどんな人物?』

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする